地域の話題

2019年8月14日 (水)

観測史上最高!

気温が40度って、ここは日本か!?


百歩譲って、コンクリートやアスファルトの上で、40度は仕方ないとしても…



Img_5495



2019年8月14日の上越地方は、百葉箱のある涼しい?ところでも、40度超えを記録!!



190814

  (クリックすると、大きく表示されます。)



こんな記録更新は、有り難くないところですね。


酷暑の折、ご自愛くださいませ。



2019年8月 7日 (水)

夏祭り 2019

8月第1週の先週末は、県内あちこちで夏祭り開催がピーク!


こちらは、その週末の夏祭り風景。



Img_5407



今年は、昨年までとは趣向を換え、メイン会場を移しての開催。



Img_5406



主催者サイドは、今年はどうなるのか?

さぞ、心配だったことでしょう。



Img_5400



でも、次代を担う中学生を祭りに巻き込み、稲穂竿灯も中学生の手作り。


中学生の企画で「おばけ屋敷」というイベント等も、あった様子。



Img_5412



会場がコンパクトにまとまったので盛り上がり、結果的には成功だったかと。



遅ればせながら、町内会役員のミッションもこなしました。


 

2019年8月 5日 (月)

出雲崎ストリートジャズ2019

夏真っ盛りの8月最初の日曜日、出雲崎ストリートジャズへ。


会場は、日本海を望む「出雲崎海遊広場」



炎天下の午前10時半スタートし、夕日が日本海に沈む夜19時まで開催。


近年、財政難を理由に文化事業が縮小・休止される中、
独自路線を歩む出雲崎町、素晴らしい!



Img_5422



参加するミュージシャンも、県内のアマチュアから東京・海外のプロまで、実に幅広い。



Img_5421



柏崎うたげ堂で活躍するラテンマニアも、夏の屋外フェスティバルには本領発揮!



Img_5417



日本海の潮風を涼風にジャズを聴きながら、周囲の砂浜を散歩することも出来ます。



Img_5420



釣り糸を垂らす人も多く見られました。



Img_5419



客席として用意されたテント下で鑑賞していましたが、さすがに途中でギブアップ。


最後まで聴けなかったのが、残念です。



入場無料で、協賛募金のみで運営されている出雲崎ストリートジャズ。


今後も微力ながら、応援していきたいと思います。



でも、町のHPや観光協会HPに該当イベント案内が見えません。
イベントが終了したら、削除されてしまうのでしょうか?


たしか昨日までは、掲載されていたはず!


町のPRにも繋がるので、期日が過ぎても掲載されるのが、良いと思います。


 

2019年8月 3日 (土)

ライブ@ひすいの海

週末金曜日の夕刻は仕事帰りに、糸魚川市ひすいの海へライブ鑑賞に。



Img_5387



こちら「ひすいの海」にお邪魔するのは、実に9年ぶり!


この日は、富山県からのコンボ出演で、知人が出演するということでお邪魔しました。



現在は、ライブハウスの営業ばかりではなく、民泊も営業しています。


英語堪能なママさん、インバウンドのお客様接遇も見事です。




Img_5388



ところが…


20時スタートと訊いていましたが、時間間近になってもミュージシャン現れず…



Img_5389



お客様もまばらで、やきもきしましたが…



Img_5390




開演5分前くらいに到着!


あっという間にセッティングをこなし、音出しリハーサルなしに、スタート!!


その手際の良さは、特筆ものでした。



Img_5393



音量バランス等は、スタートしながら手探りだったようですが、

無理のない自然な響きでGood!



後半ステージでは一緒に演奏させて戴き、楽しい時間を過ごすことが出来ました。



Img_5395



こちらのお店、その地理的特性から、新潟県内よりも富山県のプレーヤーに馴染みが多い様子。


県内プレーヤー、とりわけ地元上越の人々は、もっと利用したいライブハウスですね。



 

2019年7月31日 (水)

夏枯れ!?

今年は、梅雨明けが遅かったためか?


暑い毎日を過ごしながらも、今ひとつ「夏」を実感することがない。



Img_5375



でも、周囲の子供たちは夏休みに入り、祇園祭も終わり、
カレンダーを見ると、もう既に7月も最終日。


明日からは、なんと8月です!!


以前ご紹介しました「蔦の壁画」も、暑さで夏枯れ!?


名馬ディープインパクトが亡くなったというニュースもありましたが、
人間は暑さや加齢に負けずに夏を乗り切りたいところです。


 

2019年7月18日 (木)

姫川橋~一般県道姫川港・青海線

糸魚川市の姫川に架かる橋と言えば、国道8号線の「姫川大橋


ふだんは、姫川大橋を利用するのが、一般的ですね。



Img_5047




ところが先日、旧青海町の須沢エリアから糸魚川方面へ行こうとしたところ、ナビに「姫川橋」を案内されました。




Img_5046



一般県道姫川港・青海線というようですが、初めて利用しました。


総重量4トン以上は、渡れません。



Img_5045



そして、すれ違いも不案内だと、心配なくらいの幅ですが、一般県道に指定されています。


姫川河口付近、一番日本海に近い橋です。


機会がありましたら、ぜひどうぞ。


 

2019年7月11日 (木)

のび太パン@うどんの鶴越

このところ、昼の会、夜の会、その他諸々…と、目まぐるしく


曜日の感覚が少々麻痺気味!?


火曜日なので鶴越休業日かと思いきや、本町通のイレブンプラザ前を通ると、営業中!!


そうだ、今日は水曜日だった! (笑)



さっそく定番の、「ぶっかけ冷や大盛り」に「三陸産わかめ」と「ゴボウ天かき揚げ」さらに本日は「愛媛のじゃこ天」もプラス。




Img_5283



「鶴越」といえば「讃岐うどん」、「うどん」と言えば「鶴越」なのですが、


ハンドメイドで、お店のテーブルや椅子、オーディオ機器の接続・調整、さらには頭巾の縫製まで、なんでも一人でこなしてしまう大将。


今度はパンの製造・販売にもチャレンジ!?




Img_5229



茹でてから時間が経過し、商品提供出来なくなった「うどん」を原材料に「のび太パン」の製造です。


以前は店頭に「ご自由にお持ち帰りください」と表示され提供されていましたが、それでも充分に美味しかったのですが。



こちらのショーケースも、もちろん大将のハンドメイド。


昨日のお昼には、残念ながら商品の陳列はありませんでしたが、先週末夜にお邪魔したときにはラッキーなことに「のび太パン」ゲット!




Img_5231



…ですが、その後に立ち寄ったJamSand会場、JazzSwing。


お久しぶりのご挨拶に「のび太パン」をプレゼントしてしまったので、未だ食しておりません…。



Img_5232



お客様の中には、「うどん」を食べずに「パン」だけをお求めに来店される方もありました。


ただの噂ではなく、先週末この目で確認しました。(笑)


うどんの本場である関西方面では、「鶴越が本業を転換??」との噂も交錯しているのだとか!?


見た目は小ぶりな丸いパンですが、食パンで言うと半圻分に相当するのだとか!?


お値段は、たしか150円。


以前には、試作のパンやシフォンケーキを賞味する機会にも恵まれました。


職人のこだわりが詰まった、なかなかレアなパン。


見かけたら、すかさずゲットがお勧めです。


 

2019年7月 8日 (月)

サブリーユでコラボ

今宵は、いつも土曜JAZZでお世話になっています上越市大潟区サブリーユさんへ。


独自のイベント企画にお誘い戴きました。



Img_5263



見事なアイス・カービングがお出迎え!



Img_5264



柿崎区黒岩で烏骨鶏や山羊を飼って、こだわりの農業を営んでいるスペイン人のエミリオさん。


そして、同じく地元柿崎区で和食の民宿・割烹を営んでいる「わすけ」さん。


三者連携してのコラボレーション企画でした。



Img_5267



まずは、お料理のレクチャーを訊きながら…


今宵のメニューは、こちら!



Img_5271



烏骨鶏の卵って、初めて実物を見ましたが、ピンポン玉のように小さい!!


茶色の卵は、普通サイズです。



Img_5269




まずは、「アミューズ」


エミリオさんの烏骨鶏卵の出汁巻き卵、カリフラワーのピュレ、フレッシュな桃のソース。




Img_5268




前菜


エミリオさんの山羊乳と上越産とうもろこしのブランマンジェ、烏骨鶏の出汁のジュレ、パプリカのソルベ




Img_5270



スープ


エミリオさんのきゅうり、ピーマン、コリアンダーを使った緑のガスパチョ、スイカ添え、クミン風味。




Img_5272




魚料理(「わすけ」さん)


サザエの肝和え、エミリオさんのラディッシュ添え




Img_5273



そしてサザエには、やっぱり日本酒でしょ!?



Img_5274




メインディッシュ肉料理も、お出まし!!


くびき和牛のココナッツミルク煮込みスパイス風味、エミリオさんの茄子のペーストとビーツのクーリとともに。




Img_5275



そして、デザート。


エミリオさんの烏骨鶏卵を贅沢に使った山羊乳プリン、山羊乳のソルベ添え。



只者ではない!



Img_5276




オーナーシェフは、緊張で眠れないほどの夜を過ごし、厨房では過呼吸にまで陥ったようですが、お客サイドとしては充分に楽しい企画でした。


短期間で日本語を習得し、地域にも溶け込んでいるエミリオさんにも、今後とも声援を送りたいと思います。


関係者の皆さま、お疲れ様でした。


ご馳走様でした。 


2019年7月 7日 (日)

七夕

本日は7月7日、七夕!


なのですが、1週間前に飾り付けした七夕飾りを、今朝は早朝から片付け作業。



Img_5234



保育園のこどもたちの短冊は、かわいいものばかり。



Img_5238



まとめて積み込み…



Img_5235



いったん、山に返します。


小正月の賽の神まで、お休みください。



Img_5239



本日の町内会ミッション、その1完了です。


曜日の都合とはいえ、七夕の夜を迎える前に片付けられる短冊やお飾り…。


なんとも、風情を欠いていますよねぇ。



 

2019年6月13日 (木)

6月うたげ堂セッション 2019

毎月第2水曜日の夜開催される、うたげ堂セッション。


今月は、遠く長野市や南魚沼市等、近隣のみならず各地から集まり、
賑やかなセッションとなりました。

 

Img_3094



うたげ堂セッションのホストは、MINTメンバーとばかり思っていましたが、
そうではないと直前に知った今回のセッション。


これだけ集まったので、各パート複数名居そうでしたが、ベースはお一人のみ!


休憩なしで、大変そう!!



Img_3095



でも、ジャズばかりではなく、幅広いジャンルの愛好家が集い、
それに対応出来るのは、やはりMINTメンバーが中心に運営しているから!


皆さん安心して、「舟に乗れる」んでしょうね。


ふだん、なかなか聴くことがない、マニアックな選曲もあり、
それに向かう対応や展開も楽しみです。



そう言えば…


アンジーのメンバーにも、うたげ堂セッションでしか会わないのですが、
活動はどうしちゃったんでしょうね?


でもまぁ、欲張ってみても、秋の音市場も予定が重なり、
今年も参加出来そうにないしなぁ…。



平日の夜、だから遭遇出来る人もたくさんいて、貴重な機会です。


ありがとうございました。


より以前の記事一覧