旅先

2019年10月12日 (土)

久しぶりの福井駅

巨大な台風19号が襲来するかも知れないという週末、福井市へ。



Img_5997



駅前は、既に北陸新幹線が延伸したかのように、見事に替わっていました。


おまけに、駅前には巨大な恐竜が出現!!



Img_5995



この恐竜、実は首が動いているのです。


しかも、吠えていました。



Img_5999



恐竜ファンの方々には、見応え充分!


勝山市にあります福井県恐竜博物館のHPは、こちらから




Img_6005



11日金曜日には、JR西日本の翌日計画運休も発表され、
気ぜわしい滞在でした。


12日土曜日、こんな時こそ東尋坊などの観光地は空いているだろうから、

チョット立ち寄ろうか?


…などという、よこしまな邪念を振り払い、一路上越を目指しました。



Img_6008



高速道路に乗ると、次第に雨風が強くなってきました。


密かに、「選択は正解だった!」と。



でも、昼前に上越に戻ると意外と静かな光景。


ひとまず、給油をしようとすると、「嵐の前の給油」でしょうか?

車が並んでいました。



そうこうしているうちに、上越地方も次第に風雨が強くなってきました。



安全第一!

事故・災害のないように、祈っています。


2019年10月 9日 (水)

別所温泉

もう一ヶ月ほど、前のことになりました。


信州信濃の別所温泉。



Img_5748




温泉街の狭い道って、なんとも言えない風情がありますね。



こちらは、ホテルから北向観音への近道。

ちょっとした、山岳コース!?



Img_5736



そして、温泉街には必ず?と言って良い、街中を流れる渓流。




Img_5749



こちらは、除雪作業のためでしょうか?


見慣れない道路標識を、パチリ!



Img_5750



あぁ~!

また、温泉に行きたくなった!!


チョット、ゆっくりしたい…



 

2019年9月28日 (土)

北向観音

厄払いで有名な長野別所温泉、北向観音



Img_5739



参拝者で、混み合っているイメージがありますが…



Img_5741


この日は、夕方だったこともあり?

境内は閑散として、落ち着いた雰囲気。



Img_5742



遠くには、上田市街地も見渡せます。



Img_5743




Img_5744



Img_5745



Img_5747



前回の厄払い以来なので、20年ぶりでしょうか?


さすが、趣のある境内でした。


2019年9月19日 (木)

安楽寺@別所温泉

常楽寺に続いて、こちらは安楽寺へ。


駐車場へ辿り着くためには、勇気を出して「黒門」を車でくぐり抜けなければいけません。


観光案内所で訪ねなかったら、断念していたと思います。



Img_5724



見事な木立をくぐり抜け、急な石階段を昇ると…巨大な本堂!




Img_5728



そして、見事に剪定された庭木がお出迎え!



Img_5726



こちらは、鐘撞き堂でしょうか?



Img_5727



国宝の八角三重塔は、拝観料300円を支払い、
少し境内の坂を昇ったところに…



Img_5733



国宝の八角三重塔です。



Img_5732


日本最古の禅宗建築とのことです。


2019年9月17日 (火)

常楽寺@別所温泉

上田市の別所温泉といえば、北向観音堂が有名ですが、
周囲にはたくさんの歴史的観光スポットがあります。


そのうちのひとつ、こちらは常楽寺
北向観音の本坊だそうです。



Img_5714


茅葺きの屋根が印象的!


そして、こちらの松が見事です。



Img_5715



杉並木の向こうには、石造多宝塔。



Img_5718



中央が、重要文化財の石造多宝塔


その右手は、市指定石造多重塔。



Img_5719



そして、ふたたび庭の松へ。


こちらの松は、「御船の松」と呼ばれ、少し離れて見ると「宝船」に見えるのだとか!?



Img_5722



いかがでしょう?
宝船に見えますか?


でも、どこから見てもフォトジェニック!!



Img_5723



とても、見事な松でした。


Img_5721



これで入場料・協力金100円は、申し訳ないくらいです。


 

別所温泉駅@長野県上田市

長野県の上田市を走る上田電鉄別所線の最終駅、別所温泉駅。



Img_5710



単線の鉄道で、なかなか趣のある駅です。



Img_5711



ひょっとしたら、廃線されてしまっている!?


…なんて、失礼極まりない印象も持ってしまいそうな、レトロな駅舎です。



Img_5712



残念ながら、電車で訪れたわけではありませんが…。




Img_5709



別所温泉の観光案内所が、併設されていました。



2019年9月12日 (木)

へぎそば@長岡小嶋屋

この日は、久しぶりに長岡駅近くの長岡小嶋屋さんへ。


小嶋屋さんと言えば、
旧川西町の小嶋屋総本店、十日町市の十日町小嶋屋
そしてこちらの長岡小嶋屋さん。



Img_5622



同じようにへぎそば中心ですが、それぞれ微妙に違うようです。


この日は、へぎそばにミニ天丼をプラス。


つゆも天丼の出汁も、どちらかというとチョット甘めでしょうか?



Img_5621



ずいぶん前に店舗を改装されましたが、新店舗になってからは初めての来店。



Img_5619



角地に立地することから、以前は双方向から車で進入出来ましたが、
現在は一方向のみとなり、チョット不便かな!?



Img_5623



駅に近い場所柄からか、大きな荷物を持ったお客さんが多い印象でした。


ご馳走様でした。 m(_ _)m

 





2019年8月20日 (火)

打ち水システム

酷暑の夏も、お盆が過ぎると着実に秋の足音が聞こえるようになってきます。

本日の予想最高気温は、久しぶりに20度台!


Blogアップのタイミング、少々遅れてしまいましたが…


こちらは、来年行われるオリンピックを想定して、でしょうか?

先日行った東京駅前の広場に、「打ち水システム」がありました。



Img_5475



たしかに、都会のまっただ中に、「涼」をよびます。


子供たちが、裸足で遊んで楽しそう!!



Img_5474



そして、都心の緑も心癒やしてくれます。



Img_5478




さらに、丸の内のビル街には「ミストシャワー」の設備も!



Img_5479



見た目は涼やかですが、さて実際は??



 

2019年8月12日 (月)

チームラボプラネッツ~豊洲

お盆休みを迎えて、都会の人は田舎へ里帰り、田舎の人間は東京へ向かう!?



昨年末、お台場のチームラボへ行きましたが、今回は新豊洲のチームラボプラネッツへ。




Img_5442



当日券もありますが、予約システムは前回同様で、スマホのQR CODEを器械にかざして入場します。


今回は、入場時間の予約が出来て、しかも変更も簡単!


並んで待つことなく、スムーズに入場出来ました。



入口で概略の説明を受けて、靴を脱いで裸足で入ると、間もなく…





Img_5443



水が流れる坂道を昇ります。




Img_5450




幻想的な通路を経由して、次のアトラクション!?



ふかふか、ゆるゆるの不思議な床の空間!!



 
190810-1 



ソファーのような床に寝転がって、皆さんアトラクションを楽しんでいます。



中には暗闇に乗じて、隣で戯れるカップルも!?




190810-2 




暗闇から、まばゆいほどのイルミネーションの世界も!



Img_5452




ひとつのアトラクションから移動するたびに、気分を換えるオブジェも見られます。




Img_5466




大きなボール?


風船?と戯れるアトラクションもあります。




Img_5467




チームラボプラネッツの写真で良く見かけるショット。


再び裸足になり、プールのような大きなホールに入ります。



Img_5463



水の中を錦鯉や金魚が泳ぐようなプールから、
最後に幻想的な光の世界に。



Img_5473





お台場のチームラボが人工的な視覚の世界とすれば、
新豊洲のチームラボプラネッツは体験型の世界でしょうか?



機会がありましたら、ぜひどうぞ。


 

2019年8月 5日 (月)

出雲崎ストリートジャズ2019

夏真っ盛りの8月最初の日曜日、出雲崎ストリートジャズへ。


会場は、日本海を望む「出雲崎海遊広場」



炎天下の午前10時半スタートし、夕日が日本海に沈む夜19時まで開催。


近年、財政難を理由に文化事業が縮小・休止される中、
独自路線を歩む出雲崎町、素晴らしい!



Img_5422



参加するミュージシャンも、県内のアマチュアから東京・海外のプロまで、実に幅広い。



Img_5421



柏崎うたげ堂で活躍するラテンマニアも、夏の屋外フェスティバルには本領発揮!



Img_5417



日本海の潮風を涼風にジャズを聴きながら、周囲の砂浜を散歩することも出来ます。



Img_5420



釣り糸を垂らす人も多く見られました。



Img_5419



客席として用意されたテント下で鑑賞していましたが、さすがに途中でギブアップ。


最後まで聴けなかったのが、残念です。



入場無料で、協賛募金のみで運営されている出雲崎ストリートジャズ。


今後も微力ながら、応援していきたいと思います。



でも、町のHPや観光協会HPに該当イベント案内が見えません。
イベントが終了したら、削除されてしまうのでしょうか?


たしか昨日までは、掲載されていたはず!


町のPRにも繋がるので、期日が過ぎても掲載されるのが、良いと思います。


 

より以前の記事一覧