ご案内

2019年6月27日 (木)

雑司が谷@東京メトロ

最近の東京の地下鉄は、新しい路線が増えたり、新駅が出来たりと、もはやスマホのアプリなしには乗車出来ない。


先日初めて、地下鉄「副都心線」を利用したところ、懐かしい「雑司が谷」の駅名が!!



Img_5132



豊島区雑司が谷は、山手線内側にあり、最寄駅はJRで言えば、池袋や目白となりますが、徒歩では約20分くらいはかかるため、ふだんは地下鉄有楽町線護国寺駅を利用していました。


それでも、都心にありながら、鬼子母神や雑司が谷霊園にも近く、下町風情を感じる街でした。


それが今、地下鉄の駅が出来ているんですねぇ!


隔世の感、です。


 

2019年6月21日 (金)

赤坂セッション@Virtuoso

以前からSNSでは、興味深い存在だったライブハウス、東京赤坂のVirtuoso


お仕事のミッションを無事に完了し、懇親会後に向かってみました。



Img_5164



20時半過ぎに到着すると、既にファーストセッションは終了した様子。


セカンド最初にご指名戴き、ドリンクの間もなく、すぐにギター弾くことに! (汗)



Img_5169



こちらのお店の凄いところは、酔客が手ぶらで来店しても、お店備付のギターやアンプを利用出来ること。


おまけに、この日のセッションホストは、若いベースとドラムスのお二人。


プロ・ミュージシャンの卵らしく、流石な演奏、そして伴奏でした。



Img_5173



セッションの途中、オーナーでギタリストでもある矢掘孝一さんが、
Guitar Effectorのオークションを始めたり…

自らギターを手にしたり…と。



Img_5174



セッション終了後には、常連さんがギターDUO!


これまた、美しく素晴らしい演奏で。


さすがはお江戸、東京は都だなぁ、と実感!




Img_5175



新潟からはるばる、という感じもあったのでしょうけれど、
お店スタッフはもちろん、お客様にもとても親切にフレンドリーに対応して戴きました。


楽しい時間をありがとうございました。

都会のジャズ愛好家は、こんな環境で日々切磋琢磨しているんですねぇ!

上手くなるわけ、妙に納得した夜でした。




2019年6月20日 (木)

今年は晴れた八芳園

梅雨時のこの季節、昨年は雨模様だった東京白金台の八芳園



Img_5137



今年は、晴れて蒸し暑いくらいのお天気でした。




Img_5139



園内の緑も、色濃く



Img_5145



Img_5141


都心にいることを忘れそうな…


Img_5144


インバウンドの団体さんも園内を散策していました。


Img_5143



昨年以上に、予期せぬ出来事もありましたが、無事にミッション完了しました。



 

2019年6月 8日 (土)

梅雨入り、妙高高原、ワインの夜

真夏日のような日が続いていたかと思うと…


週末は一転、空は雨雲に覆われて、ついに梅雨入り。



Img_5070



妙高高原いもり池周辺は、夕方には気温15度くらい。


肌寒さを感じるくらいでした。



Img_5071



昨年は訪れる機会がなかった、ペンションムーミンパパ。


地元産の野菜や山菜、魚や肉とともに、友人持参のヴィンテージワイン。



Img_5073


美味しい時間と楽しいひとときを、ありがとうございました。



2019年6月 6日 (木)

有間川フィッシャリーナ

上越市の南西端、有間川漁港に面して、この施設はあります。



Img_5067



外観は、とっても個性的なデザイン。


壁や窓ガラスが、みんな斜めに傾いています。




Img_5061



施設に入って、まず管理人さんに尋ねてみました。


「この施設は、いったい何ですか??」



Img_5060



その回答は…


「休憩施設です。」



Img_5048



以前、六弦文録でも紹介しました「たにはま公園」造成に伴って
切り出された木材を利用して造られた施設とのこと。



Img_5055



太く立派な木材が、ふんだんに利用されていました。


でも、デザイン・造作が独創的なため、日常の管理が非常に行いづらいそうです。




冬期間は午前中のみの開放ですが、現在は日中であれば自由に利用出来ます。


機会がありましたら、ぜひどうぞ。

 

2019年5月28日 (火)

Henriksen The Bud

先月入手したものの、未だ使いこなしているとは言えないギターアンプ、
その名は「Henriksen The Bud



Img_4997



何度かセッションにも連れだした際には、注目のギターアンプでもありました。


持ち主よりも皆さん、良くご存じで!

一目で「おおっ、Henriksenだぁ!!」 (笑)



Img_4609



その一方、ネット上にユーザーレポートはあまり見られず、メーカー情報のみの様子。

ならば、未だ使いこなしてはいないながらも、微力ながらレポートを! (笑)


サイズは、ご覧のようにペットボトルくらいの大きさ!



Img_4611



こちらのThe Budは、独立した2チャンネル。

マイクも使えるので、Vocalさんにも便利。



イコライザーは、なんと5バンド。

Vintage Polytoneの2バンドでも四苦八苦している六弦奏者にとっては、なかなかの強者!



一方、兄弟分で1チャンネルのThe Blueというアンプもあり、こちらは少々軽く設計されています。



Img_4610



小さいながらも大きなアンプに負けない低音の秘密は、
こちらアンプ底面に設計されたバスレフポートにある様子。



Img_4999



出音は、とにかく静かでクリーン。
ワイドレンジですが、雑音はまったく聞こえません。


クリーンでありながらも、温かく豊潤でメロウな音色。

なかなか他にはない特色を持ったアンプとなっています。


機会がありましたら、試奏承ります。



2019年5月25日 (土)

ジャムセッション@SUIMIE 2019

先週末は新潟市で総会、今週末は富山市で総会。

総会後は、恒例の懇親会。

その後、富山市の地元で行われているジャムセッションへ。

ライブハウス&カフェ SUIMIE


Img_4985



こちらのお店は初めてでしたが、

実は2年前に「来夢」というお店でジャムセッションを
行っていたメンバーがセッションホスト。




Img_4980


おかげで数人の顔馴染みもあり、
総会後の懇親会から引き続きセッションを覗いてみようか?
という友人もいて、楽しい時間を過ごすことが出来ました。


ヴォーカルさんが多いのが特色でしょうか?
スタンダードのインストものよりも、唄伴が多かったように思います。


そしてピアニストさんが、セッションデビュー!
初々しい姿が、印象的でした。


参加者の皆さま、ありがとうございました。


Img_4978



この週末、全国的に真夏日を記録しましたが、
北陸地方もとりわけ高温が記録されました。


そして、ホットな話題は、大相撲の平幕朝乃山関、優勝!

富山県出身力士としては、実に103年ぶり!!

堂々とした、実に爽やかな相撲っぷりでした。



Img_4993


暑い日が続きます。

事故のない週末を、お過ごしください。


 

2019年5月24日 (金)

愛宕神社@東京都港区

2週間ほど前になりますが、久しぶりに愛宕神社へ。


今回は、神谷町方面からアクセス。



Img_4953


こちらの急な石段を登ります。


Img_4954



雨上がりだったせいでしょうか?

それとも、お昼休みが終わった時間だったためでしょうか?

人影まばらな愛宕神社。



Img_4952



出世の石段を、上から眺めてみました…



Img_4951



標高26m、自然の山としては東京都23区で一番高い山の上!



Img_4946



緑も多く、ビジネス街のオアシス的存在。



Img_4950



大きな鯉も餌を求めて、口をパクパク。



Img_4948



年に一度は、参拝しましょうか!?


 

2019年5月21日 (火)

藪蕎麦@新潟市古町 2019

新潟市の中心市街地で、「蕎麦」と言えば、こちらかな?



Img_4968



この日、遅いお昼を「藪蕎麦」さんで戴きました。


時々お邪魔していますが、Blog「六弦文録」登場は5年ぶり!?



Img_4967



日替わりメニューも魅力なのですが、この日は純粋に「おろし蕎麦」



Img_4969



辛くない大根おろしはチョット残念ですが、
蕎麦は充分な量と喉ごし爽やか!!


ご馳走様でした。 m(_ _)m

2019年5月15日 (水)

そば工房 叶屋

最近は、蕎麦の話題が多い六弦文録。


この日は、柏崎市郊外にあります「そば工房 叶屋」さんへ。



Img_4915



お店は、市立南中学校近くの幹線道路沿いにありました。



Img_4916



もちろん、駐車場も完備。



Img_4921



選んだのは、珍しい「韃靼蕎麦」



Img_4920



色合いは緑系、独特の苦味あるお蕎麦。

韃靼蕎麦は、ポリフェノールやルチンが豊富で、通常のお蕎麦の50~100倍なのだとか!?


ご馳走様でした。 m(_ _)m


 

より以前の記事一覧