音楽

2020年4月24日 (金)

土曜JAZZ@サブリーユ

今月の土曜JAZZは、先週末の予定でした。


でも、このコロナ騒動の影響で、残念ながら開催出来ませんでした。



160130_20200421130301 



来月以降も、今のところ未定です。


各地で伝統的インベントや催し物が、相次いで中止されています。


隣国のコロナ発症や欧米でのコロナ拡散、それを横目で見ながら、
対策の時間が十分にあったはずなのに、対応が後手後手、右往左往の日本。


なぜ?後手後手の対応になるのか?


国民の生活や安全よりも、オリンピック開催が優先された結果!?

そう感じざるを得ない、今日この頃です。



PCR検査を極端に制限し、感染者把握を遅らせ、感染者数を控えめにして、

医療崩壊懸念を前面に訴えながら、肝心の患者救護をないがしろにする。



4月1日に突然発表された「布マスク2枚」配布。

当初の200億円予算にも驚きましたが、実際は466億円にさらに驚かされました。

そんなにお金をかけるのなら、医療体制の補完・充実に利用して欲しいとの批判も多く寄せられていました。



ところが、実際に配布が開始されると…

なんと!

配布された布マスクに、虫や髪の毛、あげくにはカビが発生!!

検品体制も充分ではない、不良品が続出。


さらには、4社に委託発注されたということでしたが、うち3社は公表されたものの、残りの1社は不明…


そのあげくには突然、466億円が90億円で収まることになったのだとか!?


なんと言うことでしょう!?

予算の2割で収まった??


残りの1社は、どこに行った??

また、ひょっとして「おともだち」??


そして、多額の税金でまかなわれる「布マスク」ですが、閣僚の誰1人も使用していない現実。



世の中、不思議なことが多すぎます。


早くいつも通りの日常生活に戻りたいですね。



2020年3月28日 (土)

3月の土曜ジャズ 2020

昨年12月以来、3ヶ月ぶりの土曜JAZZ。


巷では、新型コロナウイルスの影響が日に日に強まる中、
今回が現在のサブリーユ新店舗になってから50回目の土曜JAZZとなりました。


Img_6887



今月は、土曜JAZZ発足当初の原型、ピアノとギターのDuo。


諸般の事情で、今年は人前での演奏は2ヶ月ぶり


さらには、お仕事の関係でリハなし本番のこの日、
チョットどきどきの土曜JAZZでした。


それにも関わらず、ご贔屓いただいているお客様にも恵まれ、
楽しい時間を過ごすことが出来ました。

ありがとうございました。



そして演奏終了後、サブリーユ生みの親、
旧ローゼのマスターご夫妻との会話ですが…


現在のサブリーユの店舗が出来て5年、
その前の店舗での営業は4年くらい…


そして、さらに旧ローゼの時代には、

ギタートリオから始まって、他府県バンドでの演奏がありました。


そうすると、かれこれ20年近い歴史と、100回以上の演奏履歴があるようです。


忘れかけていた記憶を呼び戻して戴きました。


あらためまして、大変お世話になっています。

ありがとうございます。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。



2020年3月14日 (土)

3月土曜JAZZご案内 2020

巷ではコロナウイルス騒動が収束をみせず、営業自粛や外出自粛が続いています。


その影響は、我々の想定を上回る状況になっているようです。


それぞれの環境によって、その受け止め方や防疫体制は様々ですが、


ウイルス本体の危険性よりも、やみくもにウイルスの危険性を懸念する
「怖さ」が社会の成り立ちを危うくしそうな気配を感じます。


…が、しかし


…いや、であるから


土曜JAZZは、再来週の28日予定どおり開催します。




Img_5621_20200311103501

 (写真は、5年前の開店祝賀パーティのもの)



会場となりますレストランサブリーユは開店5周年を迎え、
土曜JAZZも50回目のライブとなります。


先月のアニバーサリーにご予約戴いたにも関わらず、
延期させて戴いた想いも含めて演奏させて戴きます。


当初はカルテットを予定しましたが、今回はスタート時の原点に立ち返り
ピアノとギターのレギュラーデュオ演奏となります。



古民家を移築し、天井吹抜けの広い空間。


そしてなにより、地元の新鮮な素材を活かし、オーナーシェフが腕を奮う滋味溢れるフレンチメニュー。


お出掛けいかがでしょう?



お待ちしています。



 

2020年2月15日 (土)

2月の土曜JAZZ 2020

今月の土曜JAZZは、第3土曜日15日開催予定でしたが、
六弦奏者の都合によりまして中止とさせて戴きます。


ご予定されておられましたお客様、関係者の皆様、
申し訳ありません。



Doyo_jazz_image


会場となります「サブリーユ」は、2月で開店5周年を迎えました。


そして、土曜JAZZも数えること、50回目のライブとなります。


その記念すべき日の土曜JAZZに、喪中の身である六弦奏者が
参加することはいかがなものか!?


お店では「気にしないので是非!」と言って戴きましたが、
気になる方がいらっしゃったらご迷惑かと…。


そこで今月は見送り、来月28日土曜日に心機一転、
お祝いライブを行いたいと思います。


ピアノ、ベース、ギターのレギュラートリオに加えて、
アルトサックスが入ったカルテットでお贈りします。


よろしくお願いいたします。



2020年1月30日 (木)

音市場リハーサル@ケンズカフェ

来月2月9日に行われる「音市場」のリハーサルで、柏崎市ケンズカフェへ。


アンジーのメンバーと一緒に音出しするのは、いつ以来だろうか?


秋の音市場を都合により欠席したので、おそらくは半年以上前!?



Img_6709_20200130230401



今回は、新規オープンしたケンズカフェで、初めてのリハーサルでした。


お客さんがいなくて、この広いスペースだと、響き過ぎるくらいの残響音が!!


でも、前回の「こけら落としライブ」とはまた違った印象の、
とってもオシャレなユーティリティ・スペースです。


さて、演目もようやく決まったので、足を引っ張らないように練習しなくちゃ!?

 

2020年1月19日 (日)

1月のJamSand 2020

新年明けてから、初めての音出し!


1月18日のJamSand、実に1年ぶり!?



Img_6691



18日土曜日は、新潟市においてJazzStreet開催。


そのため、日頃の常連演奏者はじめ、リスナーの方々も遠征が想定されました。


それでも、このところ1月JamSandは、けっこう賑やかになっていたのですが、
今年は違いました。


20時前に、Swing到着してみると、がらーん!!

その後、代行待ちのお客様が一時来店されるものの、その後はがらーん!!



Img_6693



その後、やっと新潟JazzStreet演奏帰りのS君が来店!


久しぶりにGuitarとBassのDuo、たっぷりとセッション?お試し?練習?
出来ました。


Img_6694



今年最初のJamSand、きっと想い出に残る夜でしょう。


2020年もよろしくお願いいたします。



2019年12月20日 (金)

家族の時間@岩見Family

これは、なかなか素敵なアルバムです。


ジャズギタリスト岩見淳三さんとそのご家族が、「家族の時間」というアルバムをリリースされました。


アルバムの帯には、

「父のギターに、母と娘達が響き合うハーモニー」
「家族のアコースティックユニット。」
「岩見Familyデビューアルバム」

とあります。



Img_6504



もちろん以前、ご紹介したあの曲も収められています。






「家族の時間」が、羨ましい!

憎らしいほど、
とっても素敵なCDです。


とりわけ、オリジナル曲が素晴らしい。

娘さん達も、子供から大人になり、妻となり、母となり…

あらためて、母Yayoiさんの存在に「ありがとう」の感謝を込めた曲があったり…


母と子のコミカルな情景を、唄にした曲があったり、と。


こんな素晴らしいCDを造ることが出来るのは、世の中広しと言えども、岩見さん家族以外にない!

 



Img_6506


そして、家族の歌声に寄り添う岩見さんのギター、ホントに絶妙です。


ホントに憎らしいくらいに、羨ましいアルバムです。


2019年12月15日 (日)

小島のり子&岩見淳三@Bar Penta

このところ酸欠気味の状態だったところ、急に思い立ち、週末の東京へ。


小島のり子さん(Fl)と岩見淳三さん(Gt)のDuoを、世田谷区経堂のライブハウスで。



Img_6465


世田谷区経堂と言えば、学生時代の友人が住む街。


20代に親しく交流しましたが、一身上の都合?で35年くらい音信不通だった友人。


それが2年ほど前、共通の友人が急逝したことを切っ掛けに、再会しました。


今回は、急な声掛けにも関わらず、快くライブに同行戴きました。



Img_6467


小島さん・岩見さんお二人でのDuoライブは、久しぶりとのことでしたが、
息の合ったアコースティック感満載のステージ!


途中、お客様のヴォーカリストさんも飛び入りで参加したりと…



Img_6473



久しぶりにゆっくりと、ライブを楽しむことが出来ました。


こちらのお店「bar Penta



Img_6461


2年ほど前に開店とのことですが、お店の造りやお酒、おつまみ等々、
なかなかの拘りを感じさせてくれるお店でした。


ギター愛好家のマスターらしく、お宝Gibsonがショーケースに飾られていました。

1963年のES-335!

なんと、Larry Carltonのサイン入り。



Img_6476



ライブが終わったら、岩見さんや小島さんと楽しもうかとオーダーした2本目のワイン。


…でしたが、ライブが終わる前に、急ピッチで空になってしまいました。(汗)



Img_6470


そして、ライブ終了後歓談していると、いつの間にか24時を廻り、
終電が気になる時間。


慌てて経堂駅に向かうと、事故があったようで電車遅延中!!


24時を廻っているのに、駅はこの人混み。

さすが東京、ですね。


Img_6477


遅れましたが、それでも乗換駅でもなんとか最終便には間に合い、
無事に皆さん家路につかれたようでした。


お疲れ様でした。



2019年12月 8日 (日)

12月の土曜ジャズ 2019

師走となり、里に初雪の便りも前日6日に届きました。

第1土曜日7日は、12月の土曜JAZZ。



Img_6445


サブリーユの店内にもクリスマスツリーが飾り付けられ、
季節をあらためて実感します。


師走はやっぱり、いろいろなことが目白押し!


そんな中、大勢のお客様にお越し戴き、ありがとうございました。


来月はお休み、年明けは2月15日が最初の土曜JAZZ予定です。


現在のサブリーユでの、50回目の土曜JAZZとなります。


どうぞ、よろしくお願いいたします。


2019年11月30日 (土)

福田重男&布川俊樹@Ken's Cafe

柏崎市に素敵なお店がオープンします。


Ken's Cafe


誰でも利用出来るという、イベント対応カフェ。



Img_6399



ところは、柏崎市役所の北側市道沿い


正式オープンは、12月2日月曜日。



Img_6400



オープンに先駆けて、こけら落としライブが29日夜に行われました。


ライブの主役は、福田重男&布川俊樹のお二人。


お二人のDuoは、昨年5月うたげ堂以来。



Img_6405


今回は、さらにスケールアップ!


ピアノとギターのDuoというフォーマットを忘れてしまうほどの、Groove感とDrive感。


お二人の長年の信頼関係を、具現化したライブとなりました。



Img_6404


開演前のホールの様子。


さりげなくギターが置かれていますが、見ている方は若干ハラハラ、ドキドキ…。



Img_6408



ピアノの卓上には、お祝いのお花。



Img_6409



そして、満席のお客さんのホールには、お祝いの胡蝶蘭が並んでいました。


今後はこちらのホールを中心に、月例セッションやライブが行われるとのことです。


さらなる展開が、期待されます。



より以前の記事一覧