経済・政治・国際

2019年10月12日 (土)

久しぶりの福井駅

巨大な台風19号が襲来するかも知れないという週末、福井市へ。



Img_5997



駅前は、既に北陸新幹線が延伸したかのように、見事に替わっていました。


おまけに、駅前には巨大な恐竜が出現!!



Img_5995



この恐竜、実は首が動いているのです。


しかも、吠えていました。



Img_5999



恐竜ファンの方々には、見応え充分!


勝山市にあります福井県恐竜博物館のHPは、こちらから




Img_6005



11日金曜日には、JR西日本の翌日計画運休も発表され、
気ぜわしい滞在でした。


12日土曜日、こんな時こそ東尋坊などの観光地は空いているだろうから、

チョット立ち寄ろうか?


…などという、よこしまな邪念を振り払い、一路上越を目指しました。



Img_6008



高速道路に乗ると、次第に雨風が強くなってきました。


密かに、「選択は正解だった!」と。



でも、昼前に上越に戻ると意外と静かな光景。


ひとまず、給油をしようとすると、「嵐の前の給油」でしょうか?

車が並んでいました。



そうこうしているうちに、上越地方も次第に風雨が強くなってきました。



安全第一!

事故・災害のないように、祈っています。


2019年10月 9日 (水)

別所温泉

もう一ヶ月ほど、前のことになりました。


信州信濃の別所温泉。



Img_5748




温泉街の狭い道って、なんとも言えない風情がありますね。



こちらは、ホテルから北向観音への近道。

ちょっとした、山岳コース!?



Img_5736



そして、温泉街には必ず?と言って良い、街中を流れる渓流。




Img_5749



こちらは、除雪作業のためでしょうか?


見慣れない道路標識を、パチリ!



Img_5750



あぁ~!

また、温泉に行きたくなった!!


チョット、ゆっくりしたい…



 

2019年10月 8日 (火)

魚祭@糸魚川市

糸魚川市押上の人気店、海鮮傳兵さんの支店「魚祭」(うおさい)が、上刈にオープン。

漁師直営のお店というキャッチフレーズ。


オープンは、7月下旬だったそうです。

以前は、「きときと寿司」があったところですね。



Img_5893



お店に入ると直ぐに、糸魚川市内の蔵元5銘柄がお出迎え!



Img_5902



客席は、4人程度のファミリーやグループ用のボックス席と…



Img_5901



団体や1人でも座れる客席フロアー。


そして、オーダーはタッチパネルから!

毎日替わる「日替わりランチ」780円は、魅力的!!


でも、一番需要が見込める「日替わりランチ」がパネルになく、
オーダーする時には店員さんを呼ぶのが、ご愛敬!!



Img_5894



気になるメニューに「うなぎ刺身」って!?



Img_5898



「さんまの塩焼き」やはり今秋は、立派なお値段ですね。



Img_5899



以前、海鮮傳兵でも驚かされた「海鮮丼」を選びました。
記事は、こちらから


右手上の白い煙を出している器は、装飾用のドライアイス!
(もちろん食べることは出来ません)


Img_5896




こちらの海鮮丼、蟹が剥き身で食べやすい!


そして、駐車場や客席も広いのでファミリーや団体でも、安心して来店出来そうです。

願わくば、もう少し近くに立地していたら、最高なのですが。


とっても満腹・満足、ご馳走様でした。 m(_ _)m



2019年9月28日 (土)

北向観音

厄払いで有名な長野別所温泉、北向観音



Img_5739



参拝者で、混み合っているイメージがありますが…



Img_5741


この日は、夕方だったこともあり?

境内は閑散として、落ち着いた雰囲気。



Img_5742



遠くには、上田市街地も見渡せます。



Img_5743




Img_5744



Img_5745



Img_5747



前回の厄払い以来なので、20年ぶりでしょうか?


さすが、趣のある境内でした。


2019年9月26日 (木)

スマホお試し写真~糸魚川市弁天岩

機種変更したスマホから、初めての投稿。


お試し写真です。


まずは、標準カメラで弁天岩を!




Img_5810



近くの保育園児が、海岸をお散歩していました。


チョット、望遠で!



Img_5808



こちらは、新しい広角レンズ。



Img_5807



こちらは、さらに望遠にしてみました。



Img_5809



けっこう、しっかりと写っている感じですね。



 

2019年9月22日 (日)

ラグビーというスポーツ

本日は、同じリーグでジャパンと対戦する、アイルランド対スコットランド戦。

直前の大会でニュージーランドに勝利し、世界ランキング1位でワールドカップに臨んだアイルランド。

そして、ワールドカップでは、ジャパンと因縁のスコットランド。



Fullsizerender




地球の裏側である日本から見たら、同じイギリスのひとつの地方。


誤解を恐れずに言ってしまえば、北海道と四国が対戦しているようなもの。


でも、それがラグビーのワールドカップの面白さ!


国の代表ではなく、国と地域の代表。

国籍主義を採っていないという特色がありますね。



きっと、ラグビー発祥の地である大英帝国が、世界中に植民地を作った影響があるのでしょう。

だから、ニュージーランドやオーストラリアが、本国以上に実力をつけてしまった!?



それにしても、アイルランドというイギリスのイチ地方。

実は、政治的・宗教的には戦火を交えてしまった、複雑な歴史を持つ地域。



それが、ラグビー代表となると、ひとつにまとまってチームを作れるという、
門外漢からすると「韓国と北朝鮮」がひとつのチームでラグビーをしているような感じ!?


ジャパンがベスト8に進むには、このどちらかのチームに勝つことが必要となります。


高く、堅い壁ですが、頑張れジャパン!


2019年9月19日 (木)

安楽寺@別所温泉

常楽寺に続いて、こちらは安楽寺へ。


駐車場へ辿り着くためには、勇気を出して「黒門」を車でくぐり抜けなければいけません。


観光案内所で訪ねなかったら、断念していたと思います。



Img_5724



見事な木立をくぐり抜け、急な石階段を昇ると…巨大な本堂!




Img_5728



そして、見事に剪定された庭木がお出迎え!



Img_5726



こちらは、鐘撞き堂でしょうか?



Img_5727



国宝の八角三重塔は、拝観料300円を支払い、
少し境内の坂を昇ったところに…



Img_5733



国宝の八角三重塔です。



Img_5732


日本最古の禅宗建築とのことです。


2019年9月17日 (火)

常楽寺@別所温泉

上田市の別所温泉といえば、北向観音堂が有名ですが、
周囲にはたくさんの歴史的観光スポットがあります。


そのうちのひとつ、こちらは常楽寺
北向観音の本坊だそうです。



Img_5714


茅葺きの屋根が印象的!


そして、こちらの松が見事です。



Img_5715



杉並木の向こうには、石造多宝塔。



Img_5718



中央が、重要文化財の石造多宝塔


その右手は、市指定石造多重塔。



Img_5719



そして、ふたたび庭の松へ。


こちらの松は、「御船の松」と呼ばれ、少し離れて見ると「宝船」に見えるのだとか!?



Img_5722



いかがでしょう?
宝船に見えますか?


でも、どこから見てもフォトジェニック!!



Img_5723



とても、見事な松でした。


Img_5721



これで入場料・協力金100円は、申し訳ないくらいです。


 

別所温泉駅@長野県上田市

長野県の上田市を走る上田電鉄別所線の最終駅、別所温泉駅。



Img_5710



単線の鉄道で、なかなか趣のある駅です。



Img_5711



ひょっとしたら、廃線されてしまっている!?


…なんて、失礼極まりない印象も持ってしまいそうな、レトロな駅舎です。



Img_5712



残念ながら、電車で訪れたわけではありませんが…。




Img_5709



別所温泉の観光案内所が、併設されていました。



2019年9月16日 (月)

三和区の喫茶去メニュー

上越市三和区にあります喫茶去さん、続編です。


午後1時半過ぎの昼食には遅い時間、
おなかが空いて来て、山の中。


さて、どうしようか?と思った時の、遭遇でした。



Img_5660



「ランチ、出来ますか?」


「もちろんです、どうぞ!」



Img_5661



…っていうことで、入店してメニューを戴きました。


カレーとオムライスを中心にして、豊富なメニュー!


そして、ドリンクメニューも色とりどり!



Img_5662



さらには、デザートメニューも豊富です。



Img_5663




こちらのメニューに「男性一番人気」とあります「オムレツカレー」をチョイス!



Img_5665



チャンと客を誘導してくれるメニュー、優れものです。



Img_5664




ボリューム満点のランチ、ご馳走様でした。 m(_ _)m



市街地からは少々離れていますが、機会がありましたら、是非どうぞ!

 

より以前の記事一覧