経済・政治・国際

2020年1月 6日 (月)

のとじま水族館

なんだか最近、水族館が近くなっている!?


泳ぐ「刺身」!?



Img_6617



Img_6623



こちらは、さかなクンが飼育していたという「イシガキフグ」


どことなく似ている!?



Img_6625



「フグ」が来て、「福」が来る!?



Img_6626



こんなに近くから、イルカに餌をやることも出来ます。



Img_6627



風光明媚な「のとじま水族館」でした。



Img_6632




機会がありましたら、ぜひ「癒やされに」どうぞ。



 

2019年12月29日 (日)

CEDER FIELD(シダーフィールド)

新潟県産の地酒を商うだけではなく、地元の特産品とお酒をマッチングし、
活用した新商品を産み出している上越市直江津の「まいどや」さん。


今回は、柿崎産契約栽培米八反錦を55%精米した純米吟醸を、
国産赤ワインを寝かせた空樽に4ヶ月間貯蔵熟成させました。


その名も、「CEDER FIELD」(シダーフィールド)


Img_6510



ほんのり赤色と、吟醸香と赤ワインの香りが相まって、
日本酒と赤ワインを行き来するような感覚の新しく楽しい仕上がり。




Img_6511




Img_6512



和食ばかりではなく、むしろ洋食にもピッタリ!

 

Img_6513


ところで、「CEDER FIELD」は、文字どおり「杉田」!


そうです、まいどやさんのお名前です。


そうすると、以前生産・販売されていた本格焼酎ブランデー樽貯蔵「杉田」は、
どうなったのかお尋ねしたところ…


ブランデー樽が、なかなか調達出来ない等の事情で、現在は休産中なのだとか!?


CEDER FIELD」は、従来のお酒のイメージを換えてくれる日本酒、かなぁと思います。


お酒を味わう機会の多い年末年始に、是非試してみてください。



2019年12月28日 (土)

牡蠣蕎麦@薮蕎麦

冬の風物詩、代表する食材といえば「牡蠣」!


2月下旬にこの牡蠣を使った蕎麦を食べようとしたところ、
残念なことにシーズンオフとなっていました。



Img_6537



そのため、この冬は早めに始動!


いつもは温かい蕎麦を注文することは、稀ですが…



Img_6539



ぷりっぷりの牡蠣が、たくさん入った牡蠣蕎麦!



Img_6540



新潟市は古町の藪蕎麦さんにて。


ご馳走様でした。



 

2019年12月27日 (金)

古町ルフル@新潟市

新潟市古町の柾谷小路に面した旧大和デパート跡地。


古町周辺の活性化に向けて開発中のビルが姿を現して来ました。



Img_6541



その名も、「古町ルフル


Img_6542



延べ床面積約33,000㎡、商業施設面積約1,268㎡、地上12階建、
低層階に商業施設、中高層階にオフィスが入居する複合ビルとなる予定です。


2020年5月商業施設オープンを目指します。


2019年12月24日 (火)

Merry Xmas!

素敵な、楽しいChristmas Eveを!



Img_6449_20191224180701


 

2019年12月22日 (日)

驚きの Martin 0-18 1946

Folk Guitarを弾く人は、誰もがあまねく目指す音!?

そして、その音を代表するギターといえば、Martin Guiitar。


でも…


とかく楽器って、お値段が高い方が良い?

という一般認識がありそうですが…


いやいや、必ずしもそうとは限りません。


こちらの1946年製のMartin 0-18!

聴いてください。



 

画像を拝見する限りでは、サイズを感じさせない、半端ない響き!!


驚きです。


一般に、Martin Guitarの型式・符番は、

通常サイズのDreadnoteを表す「D」から、
サイズダウンする「000」(トリプルオー)、「00」(ダブルオー)、
そして一番サイズが小さい「0」(シングルオー)となります。


そして、使われる材やオーナメントに従い、
最上級の「45」、「35」、「28」、「18」と符番されています。


ですから、この「0-18」は、ランク的には、最下位に近いということになりますが…


このギターの鳴り、響きを聴く限りでは、上位機種を遙かにしのぐものと思われます。


このあたりが、Vintage Guitarのおもしろいところですね。


2019年12月11日 (水)

雨あがりの銀座

先週の東京、予定していた所用が早めに終わったので、地下鉄を銀座で途中下車。


北陸新幹線って、17時台には下り電車4本ありますが、
長野止まりだったり素通りされたり、いずれも上越妙高駅停車はないんですね…。


東京駅で時間を潰すのも…なので、チョット銀ブラ。



Img_6437



師走に入って、既に「ザギン」はクリスマス商戦。


日中は氷雨が降っていましたが、雨上がりの街に大勢の買い物客が!



Img_6434



たまに、都会の空気を吸うために、チョット寄り道でしたが…


それにしても、最近「新宿」には行く機会がなくなったなぁ…と。


東京駅から山手線の対面に位置するのもありますが、不思議と機会がない。


ただの独り言、でした。

 

2019年12月 2日 (月)

上越妙高駅の駐車場風景 2019

北陸新幹線の上越妙高駅周辺の駐車場については、今までも折に触れてご案内して来ました。

今回久しぶりに利用してみると、いつもの駐車場に24時間200円の案内が!



Img_6429



こちらお隣の未舗装駐車場は、以前から200円でやっていました。


駅西口からチョット離れていますが、200円は破格?ということで、いつも満車近くの稼働。


こちらのお隣は以前は300円、それでも舗装された駐車場なので、それなりに稼働していた様子でしたが…。


Img_6431



それが、300円から200円へと破格の33%値引き!

そんなにディスカウントして、稼働率を増やせるのでしょうか?



あたりを見てみると、駅西口に一番近い駐車場が平日400円になっていました。

開業当時は、たしか500円~600円くらいの料金設定だったはず!

こちらが400円ということであれば、対抗上仕方ないのでしょうか?


新幹線開業当時、駐車場不足で問題化した上越妙高駅ですが、
最近はお客さん呼び込みの競争が、激化しているようです。


でも、一般の駐車場利用者にとっては、好ましいことなのでしょうね。


そんなこんなをキョロキョロしていると、新幹線に乗り遅れそうに…。(汗)


2019年11月30日 (土)

福田重男&布川俊樹@Ken's Cafe

柏崎市に素敵なお店がオープンします。


Ken's Cafe


誰でも利用出来るという、イベント対応カフェ。



Img_6399



ところは、柏崎市役所の北側市道沿い


正式オープンは、12月2日月曜日。



Img_6400



オープンに先駆けて、こけら落としライブが29日夜に行われました。


ライブの主役は、福田重男&布川俊樹のお二人。


お二人のDuoは、昨年5月うたげ堂以来。



Img_6405


今回は、さらにスケールアップ!


ピアノとギターのDuoというフォーマットを忘れてしまうほどの、Groove感とDrive感。


お二人の長年の信頼関係を、具現化したライブとなりました。



Img_6404


開演前のホールの様子。


さりげなくギターが置かれていますが、見ている方は若干ハラハラ、ドキドキ…。



Img_6408



ピアノの卓上には、お祝いのお花。



Img_6409



そして、満席のお客さんのホールには、お祝いの胡蝶蘭が並んでいました。


今後はこちらのホールを中心に、月例セッションやライブが行われるとのことです。


さらなる展開が、期待されます。



2019年11月26日 (火)

愛称が決定!

新築された上越市立上越体操場の愛称が、「ジムリーナ」に決定しました。


上越タウンジャーナルの、記事はこちらから


191125

(画像は、上越タウンジャーナルより借用)


報道によれば、「全国各地から297人591件の応募」があったとのこと。



実は、六弦奏者も応募していて、297人の1人でした。


応募した作品とその想いは、こちらです。



KURURI(くるり)


体操の持つしなやかさや軽やかさを「語感」と「ひらがな」でアピールしながら、国際的にも通用するローマ字表記をベースにします。

漢字の当て字としては「来里」とも表記することが出来て、国内外から訪れるアスリートや観客に、そして市民に「ふるさと」を感じることが出来る施設となります。



いかがでしょう?


選考の際に、考慮されたという以下の点

1.シンプルで分かりやすく言葉の響きが良い


2.呼びやすさや親しみやすさに加え、


3.体操をイメージしやすい



…より相応しいと考えるのは、手前贔屓でしょうかねぇ!?




より以前の記事一覧