映画・テレビ

2019年10月14日 (月)

決勝トーナメント進出@ラグビー日本代表

兎にも角にも、決勝トーナメント進出おめでとうございます。


スコットランドに対しては、いまだ宿澤ジャパンでの1勝のみ、
そしてワールドカップでは、苦杯をなめさせられ続けたスコットランドに対して、
見事勝利で決勝トーナメント進出を決めました。



Img_4040



手に汗握るとは、こんな試合を言うのでしょう!


Img_4036



台風一過の週末は、岩見ジャズライブのため、
ライブ観戦は出来ませんでしたが、
遅ればせながら帰宅後、録画で試合経過を確認しました。


見事な試合運び、そして結果を伴いました。


次は、前回大会で歴史的勝利を成し遂げた南アフリカ戦!


ワールドカップ前のテストマッチでは苦戦しましたが、
現在のジャパンの戦力を持ってすれば、期待が膨らみます。


頑張れジャパン!



2019年10月 5日 (土)

ラグビーワールドカップサモア戦

ようやく今週末、自宅にて落ち着いてワールドカップ観戦!



Img_5925



勝利を信じながらも、4トライのボーナスポイントの行方を気にしながらの応援。



Img_5918


このところ2連勝とはいえ、サモアには戦績は4勝11敗の対戦相手。


さすが、手強い相手でした。



Img_5924



両チームの威信をかけた試合運びに感動!

そんな激しい試合後、ノーサイド直後にお互いの検討を称え合う姿に、再び感動!!



そして日本テレビの解説は、お二人とも明治大学OB。

9番SHの永友洋司さん、FW8番の斉藤裕也さん。


永友さんは現役時代は、甲高い声が印象的で、相手チームからすると、
本当に手強いSHでしたが、解説の音声はとっても穏やか!


加えて、適切な戦術眼からの解説が、とってもナイス!
わかりやすい解説が好印象でしたね。


そして、FW斉藤裕也さんは、競泳200mでオリンピック金メダリスト岩崎恭子さんの元ご主人です。


ジャパンはこの試合、最後の最後まで攻撃の手を緩めず、
4トライというボーナスポイントもゲット!!


来週のスコットランド戦、ワールドカップ因縁の試合に
気持ち良く決着をつけて、決勝トーナメントに進んで欲しいところです。


 

2019年9月29日 (日)

ラグビー日本代表アイルランド戦

応援するからには、期待はしてはいたものの、まさか!?


前回ワールドカップ南アフリカ戦に続き、新しい奇跡を記録してくれました。


いや、「もう、奇跡とは言わせない」!?



Img_5833
 (ネット上から写真拝借)



まさに、歴史的勝利!!



Img_5832



それでも、試合後の選手たちのコメントを訊くと


「ゲームプラン通り、展開しました。」


「長谷川愼コーチのスクラムを組めば、押し負けないと…」


「まだ、リーグ戦の2試合が残っているので、次の試合にフォーカスしたい。」



…等々、勝利の喜びに浸りながらも、既に気持ちを切り換えていました。



そして、とりわけ無得点に抑えた後半のディフェンスが、秀逸でした。


最後は、大会前世界ランク1位のアイルランドに、得点差7点差以内のボーナスポイントを意識させ、ボールをタッチに蹴り出させ、ノーサイド。



Img_5834
 (ネット上から写真拝借)


試合後は、お互いに健闘を称え合う、ノーサイド精神。

アイルランドも立派な闘いでした。



ますます、応援に熱が入ります。

次は、前回大会に続きサモア戦


期待していますよぉ~!!


 

2019年9月20日 (金)

ラグビーワールドカップ開幕

いよいよラグビーワールドカップ日本大会が開幕!!


「4年に一度じゃない、一生に一度だ!」



Img_3628


注目は、主催国として開幕戦を戦うロシア戦。


リーグ戦を勝ち抜くためには、本当に大事な初戦。


4年前のイングランド大会では初戦で、優勝候補の南アフリカを破り、
新しい歴史を作ったジャパン。


今回は、さらに新しい歴史を作ってくれることでしょう。


大いに期待し、応援します。


注目選手は、新潟工業出身の稲垣選手はもちろんのこと、
前回大会注目された15番フルバック五郎丸選手に替わって、
今回初出場となる山中亮平選手。


今大会注目の10番スタンドオフ田村選手と、実は同期同学年。


学生時代は明治と早稲田の同じ10番スタンドオフとして、
ライバル同士でした。


日本代表デビューは、たしか山中選手の方が先だったはず。


それが、今どきの若者!
使用した口ひげの増毛クリームに禁止薬物が入っていたため、
ドーピング違反で2年間出場停止、所属チーム退部処分を受けました。


トップアスリートにとって2年間のブランクは、とても厳しい時間。
その当時彼を救ったのが、神戸製鋼のGM亡くなった平尾誠二さん。


彼を励まし、陰に陽にサポートしたそうです。


10番スタンドオフから、12番センターを努め、そして現在は
経験豊富な15番フルバックとして、初めてのワールドカップに臨む。



冒頭の「4年に一度じゃない、一生に一度だ!」のコピーを考案した
山中選手の同級生、当時スタンドオフの同じポジションでライバルだった
吉谷さんが「たしかに、よしたに」Blogで「山中亮平という人について。」書いています。


頑張れジャパン、頑張れ山中!!


 

2019年8月14日 (水)

観測史上最高!

気温が40度って、ここは日本か!?


百歩譲って、コンクリートやアスファルトの上で、40度は仕方ないとしても…



Img_5495



2019年8月14日の上越地方は、百葉箱のある涼しい?ところでも、40度超えを記録!!



190814

  (クリックすると、大きく表示されます。)



こんな記録更新は、有り難くないところですね。


酷暑の折、ご自愛くださいませ。



2019年7月14日 (日)

坂本九さん~六八九トリオ

先日、BSで放送された「坂本九」さんの特集番組。


たまたま、知人から案内があり、録画で拝見しました。




Img_5298



番組では、幼い頃からのエピソードや、永六輔さん、中村八大さんとの出逢い、


そして奥様となる柏木由紀子さんとの仲を取り持った勝呂誉さんの知られざるエピソード。


Img_5300



やっぱり、稀有なエンターテイナーだったんですね。


お元気であれば、現在は70代後半。


惜しい方を、不慮の事故で亡くしました。




そして、六輔さん、八大さん、九さん、今では皆さん鬼籍に入られました。


きっと、三人で新しいスタンダードを創作していることでしょう。



あらためて、合掌。


2019年6月30日 (日)

Bill Evans ~ Time Rememberd

まさに、My Favourite Jazz Pianist!


Bill Evans(ビル・エヴァンス)の生涯を綴ったドキュメンタリー映画



Img_5197



51歳で亡くなった1980年9月15日、不思議と年月日まで記憶している。


おそらく自分自身にとっても、人生の節目の年だったからかな!?


そして、今回の映画で知ったのは、ずいぶんと若い頃から麻薬に手を染めていたこと。


一説には大学卒業後、好まざる2年間の兵役に招集され、その頃に悪癖が始まったという。




Img_5198



エヴァンスといい、夭逝した天才ベーシスト、スコット・ラファロといい、明けても暮れても「練習」していたらしい。


易きに流されやすいアマチュアミュージシャンには、「耳の痛い話」ではあります。


エヴァンス本人の肉声を交えて、時系列的に美しい情景とともに、リリカルでエレガントなエヴァンスのピアノを聴くことが出来ます。


そして、My Favourit Jazz GuitaristでもあるJim Hall氏の生前のインタビューも聴くことが出来ます。


高田世界館で、7月12日(金)まで。


ジャズに興味がある人はもちろん、関心がチョットでもある方も、ぜひ!!



2019年6月18日 (火)

布袋寅泰さん

先日、たまたま録画してあった番組をプレイバック。


ギタリストの布袋寅泰さんの特集番組だった。



Img_3103



布袋さんと言えば、その筋の方々には、ある意味神格化された存在。


そして、女優でもあり、ヴォーカリストでもある今井美樹さんの配偶者。


彼女の曲やCDでの作曲や伴奏でもお馴染み。



Img_3104


格好いいコード・カッティングやリフ、そして驚異的な身体の柔軟性を活かしたアクロバティックな演奏等、とっても楽しめる番組でした。


それにしても、ギターをこんなに低くぶら下げて、良く弾けるものだなぁ!(驚) 


 

2019年5月17日 (金)

向田邦子さん

図書館で借りた「向田邦子全集」の一冊。


昭和56年8月、台湾旅行中に不慮の飛行機事故で亡くなった向田邦子さん。
享年51歳。


Img_4944



放送作家としては、「時間ですよ」や「寺内貫太郎一家」が有名ですが、
小説や随筆でも素敵な作品が多い。


でも今まで、キチンと触れたことがなかった…



今から40年以上前の書き物ですが、まったく色あせていない。

それどころか、瑞々しい言葉の数々に、唸らされます。



昭和から平成、そして令和の時代になっても、人間は変わらず。

その人間模様、人生の機知について独特な観察眼。



「無口な手紙」というエッセイの中に、こんな表現があった。



簡潔

省略

余韻


この三つに、いま、その人でなければ書けない具体的な情景か言葉が、ひとつは欲しい。




はい、Blogを書くうえでも、心がけたいものです。



2019年4月 8日 (月)

ごらく亭@文化会館

昨年5月に行われた第1回ごらく亭から、およそ1年。


今回は、第2回目の企画です。


Img_4624



高田公園の観桜会は、おそらく大変な人出と思われますが、
上越文化会館脇の桜も綺麗に咲いています。



Img_4626



会場は上越文化会館中ホール。


こういったイベント企画には、役者さんと観客の距離感が、
ほどよいスペースです。



Img_4627


落語の楽しみは、本題に入る前の「まくら」


テレビや大きな会場では、チョット憚られるような
時事風刺を含めてピリッとさせながら、笑わせてくれます。


ラサール石井さんが、新元号「令和」に関連した「まくら」を披露していました。

でも「アベさんとカンさん」と表現していましたが、ホントは「アベさんとスガさん」じゃないかな?


いやいや、それにしても芸達者な役者さんによる見事な落語、そして漫才でした。



山口良一さんが、昭和30年生まれとは、ビックリしましたが。


会場のお客さんも、年配の方々が多かったなぁ…。

還暦を迎えた人間が、平均年齢以下若く思えましたよ。



より以前の記事一覧