文化・芸術

2019年8月18日 (日)

8月の土曜ジャズ 2019

令和初の気温40度超えを経験し、夜間の最低気温も30度などという、
記録的な猛暑の8月!


今月の土曜JAZZは、お盆明けの17日開催。



Img_5521



今月のピアノは十日町市からMさん、そして南魚沼市からベースのSさん。


たくさんのお客様にも、夏らしく賑々しく、盛り上げて戴きました。



Img_5522

 (地元の夏野菜、茄子の三種盛り?)



リハーサル時間は限られましたが、その分本番ではたっぷりと楽しませて戴きました。


来月は第1土曜日、9月7日開催予定です。


なお、10月は特別イベント「岩見淳三&YAYOIライブ」を13日開催のため、
土曜JAZZはお休みとなります。


どうぞ、よろしくお願いいたします。



 

2019年8月12日 (月)

チームラボプラネッツ~豊洲

お盆休みを迎えて、都会の人は田舎へ里帰り、田舎の人間は東京へ向かう!?



昨年末、お台場のチームラボへ行きましたが、今回は新豊洲のチームラボプラネッツへ。




Img_5442



当日券もありますが、予約システムは前回同様で、スマホのQR CODEを器械にかざして入場します。


今回は、入場時間の予約が出来て、しかも変更も簡単!


並んで待つことなく、スムーズに入場出来ました。



入口で概略の説明を受けて、靴を脱いで裸足で入ると、間もなく…





Img_5443



水が流れる坂道を昇ります。




Img_5450




幻想的な通路を経由して、次のアトラクション!?



ふかふか、ゆるゆるの不思議な床の空間!!



 
190810-1 



ソファーのような床に寝転がって、皆さんアトラクションを楽しんでいます。



中には暗闇に乗じて、隣で戯れるカップルも!?




190810-2 




暗闇から、まばゆいほどのイルミネーションの世界も!



Img_5452




ひとつのアトラクションから移動するたびに、気分を換えるオブジェも見られます。




Img_5466




大きなボール?


風船?と戯れるアトラクションもあります。




Img_5467




チームラボプラネッツの写真で良く見かけるショット。


再び裸足になり、プールのような大きなホールに入ります。



Img_5463



水の中を錦鯉や金魚が泳ぐようなプールから、
最後に幻想的な光の世界に。



Img_5473





お台場のチームラボが人工的な視覚の世界とすれば、
新豊洲のチームラボプラネッツは体験型の世界でしょうか?



機会がありましたら、ぜひどうぞ。


 

2019年8月10日 (土)

沖縄県大宜味村の歌~岩見淳三さんファミリー

立秋を過ぎたので、暦の上では「残暑お見舞い」のシーズンですが、
毎日猛暑が続きます。


先日、立秋前にジャズギタリストの岩見淳三さんから、
暑中見舞を戴きました。


近況報告の中で、沖縄とのご縁で沖縄県大宜味村の歌を作られたそうです。

 

 

 



曲目タイトル  「ありがとうの奇跡~かふうあらしみそーれ」


※ (
かふうあらしみそーれ)は貴方が幸せで有りますように、と言う意味だそうです。



作詞 : 岩見ファミリー
作曲 : 岩見淳三
歌  : HanahSpring (岩見淳三さん・YAYOIさんご夫妻の娘さん)



なんだか夏休み気分を感じる、素敵な歌ですね。


暑さ厳しいおり、ご自愛くださいませ。




2019年7月31日 (水)

夏枯れ!?

今年は、梅雨明けが遅かったためか?


暑い毎日を過ごしながらも、今ひとつ「夏」を実感することがない。



Img_5375



でも、周囲の子供たちは夏休みに入り、祇園祭も終わり、
カレンダーを見ると、もう既に7月も最終日。


明日からは、なんと8月です!!


以前ご紹介しました「蔦の壁画」も、暑さで夏枯れ!?


名馬ディープインパクトが亡くなったというニュースもありましたが、
人間は暑さや加齢に負けずに夏を乗り切りたいところです。


 

2019年7月28日 (日)

7月の土曜ジャズ 2019

台風6号の影響から、この日27日土曜日の気温は急上昇!


全国の最高気温ベスト10に、県内5地点がランクイン。


胎内市中条が37.2度で全国1位、次いで上越市高田が36.2度で第2位、サブリーユのある上越市大潟区が35.5度で第6位でした。




Img_5347



今月は梅雨も明け、夏が本格化ということでBossa novaを3曲ほど選曲。


先日亡くなったBossa novaの父、ジョアン・ジルベルト追悼の意味も込めました。


リハーサルを1時間ほどかけて、入念?に行ったためか?
演奏が進むに連れて次第にガス欠気味に…。



このところ長い時間ギターを弾く機会もなく、練習不足が否めない状況。

でも、久しぶりに楽しい時間を過ごすことが出来ました。




来月は17日の第3土曜日に予定しています。

少しでも環境改善に努めたいと思いますので、お時間都合つきましたらおつきあいください。



2019年7月25日 (木)

中古CDに再会?!

先日手に入れたCDを、iTunesに取り込もうとすると…




Img_5338



「既に同じ曲目がリストにあります!」の警告メッセージが!



「ん!?」



「ひょっとしたら…」




Img_5343




今年春に手放した業者作成のCDリストに、しっかりと記録されていました。



通常下取り価格50円にキャンペーン期間割増10円が加わり、60円で手放したCDを…



700円はお買い得!



…と思って、再びGet!!



また、やってしまった!! (^^;)



ひょっとしたら、自分が手放したCDそのものだったりして…。


笑い話にしかならないなぁ。



 

2019年7月15日 (月)

海の日の鶴越ライブ 2019

巷では、一般的に三連休。


そして、新潟市ではJazzStreetが土日開催され、皆さんの楽しげな様子を横目に、土日月と三連勤…。 (^^;)




Img_5302




そんな三連勤の最終日、お声かけ戴き鶴越ライブへ。




Img_5304



開演前には、鶴越の大将を脱サラさせ「讃岐うどん」の世界へ導いたという、大将の先輩が兵庫から来越!



Img_5305



肝心のライブ、ふだんは別々に活動しているというSachikoさん、イノトモさん。


来越は5回目?というSachikoさんにあわせて、鶴越の噂を聞き付けたイノトモさんがジョイントライブ。



Img_5307




お二人ともに、それぞれ独自の世界を、見事にプレゼントしてくれました。



「4畳半」フォークソングは苦手ですが、こういったテイストは結構好きです。



三連勤の最後に、心洗われる音楽を楽しむことが出来ました。



ありがとうございました。 m(_ _)m




2019年7月14日 (日)

坂本九さん~六八九トリオ

先日、BSで放送された「坂本九」さんの特集番組。


たまたま、知人から案内があり、録画で拝見しました。




Img_5298



番組では、幼い頃からのエピソードや、永六輔さん、中村八大さんとの出逢い、


そして奥様となる柏木由紀子さんとの仲を取り持った勝呂誉さんの知られざるエピソード。


Img_5300



やっぱり、稀有なエンターテイナーだったんですね。


お元気であれば、現在は70代後半。


惜しい方を、不慮の事故で亡くしました。




そして、六輔さん、八大さん、九さん、今では皆さん鬼籍に入られました。


きっと、三人で新しいスタンダードを創作していることでしょう。



あらためて、合掌。


2019年7月 3日 (水)

みんなラーメンが好き!?

呑んだあとの「〆のラーメン」といわれますが、この日は前の日に呑んだので、お昼にラーメン。


とあるお店に入ったのは、午前11時半過ぎでした。


正午近くとはいえ、お客さんは次から次へと「ごらいて~ん!!」


文字どおり、老若男女「ごらいて~ん!!」


皆さん、ラーメンがお好きなんですねぇ!!



Img_5217



この日の選択は、「五目ラーメン」(肉抜き)でした。


…が、盛りだくさんの野菜を囲んだスープに、今ひとつコクがない!


やっぱり、肉抜きのせいでしょうか??


肉が苦手と言っておきながら、ナントまぁ我が儘な話です。



 

2019年6月30日 (日)

Bill Evans ~ Time Rememberd

まさに、My Favourite Jazz Pianist!


Bill Evans(ビル・エヴァンス)の生涯を綴ったドキュメンタリー映画



Img_5197



51歳で亡くなった1980年9月15日、不思議と年月日まで記憶している。


おそらく自分自身にとっても、人生の節目の年だったからかな!?


そして、今回の映画で知ったのは、ずいぶんと若い頃から麻薬に手を染めていたこと。


一説には大学卒業後、好まざる2年間の兵役に招集され、その頃に悪癖が始まったという。




Img_5198



エヴァンスといい、夭逝した天才ベーシスト、スコット・ラファロといい、明けても暮れても「練習」していたらしい。


易きに流されやすいアマチュアミュージシャンには、「耳の痛い話」ではあります。


エヴァンス本人の肉声を交えて、時系列的に美しい情景とともに、リリカルでエレガントなエヴァンスのピアノを聴くことが出来ます。


そして、My Favourit Jazz GuitaristでもあるJim Hall氏の生前のインタビューも聴くことが出来ます。


高田世界館で、7月12日(金)まで。


ジャズに興味がある人はもちろん、関心がチョットでもある方も、ぜひ!!



より以前の記事一覧