文化・芸術

2018年7月12日 (木)

ボーヒュスレーン・ビッグバンド

「北欧の至宝」BBBが、日本ツアー!

今秋10月に、北欧スウェーデンから来日。


その来日初演が、越後十日町市にて!



181013a



ボーヒュスレーン・ビッグバンドは、その共演者から敬意を持って
「A World Class Jazz Orchestra」(世界レベルのジャズ・オーケストラ)
と呼ばれています。


今回は、TRIO' でも活躍されているベース森泰人 さんが率いての来日。


ピアノ木住野佳子さん、フリューゲルホーンTOKUさんとも共演。


日本とスウェーデンとの国交樹立150周年記念ということで、
スウェーデン大使館の後援もあります。



181013b



10月のコンサートというと、まだまだ時間が…とお考えかも
知れませんが、今週末からプレイガイドにてチケット販売開始 されます。


全席指定」です。


これだけのメンバーと内容盛り沢山で、全席指定が前売り4,000円!

良い席をお早めに、どうぞ!



2018年10月13日(Sat)

Open : 18:00

Start : 18:30

MC : 4000Yen (当日5000Yen)

 

十日町 越後津有文化ホール「段十ろう

十日町市本町1丁目上508-2

TEL025-757-5011

2018年7月10日 (火)

高田郵便局

市内大手町から、現在の西城町交差点にに移転した高田郵便局

平成13年というので、かれこれ17年ほど経過したんですね。


建物は重厚な構え、高田の新しい歴史的建造物を目指したのかも知れません。



高田郵便局


建物に隣接して、「公園」?のような

「構築物」?のような


高田郵便局



なんとも、不思議な空間が存在することは周知のところです。



高田郵便局



「公園」と呼ぶには、今まで市民が集っていたところを見たことはないし…



高田郵便局



「構築物」と呼ぶには、その目的が今ひとつハッキリしないし…



高田郵便局



ある意味、これらのモニュメント?は「デザイン」として
存在するのかも知れません。



高田郵便局



高田郵便局を時々利用するのですが、駐車場がけっこう狭い。

市街地中心部にあるにも関わらず、来客者はけっこう車を利用する。


おまけに、郵便局を利用する人は、お仕事・業務で立ち寄る方のほか
けっこう年配者やお年寄りが多い。


車の出入に手間がかかり、駐車場はいつも混雑しています。

駐車場から溢れて、市道上に駐車する車も時々見受けられます。



高田郵便局



この交差点角の「デザイン」箇所が、駐車場だったらと思う
利用者はけっこう多いのではないでしょうか?



高田郵便局



モニュメント?デザイン脇では、「カラス」が我が物顔に佇んでいました。

2018年6月23日 (土)

雨の八芳園

白金台の八芳園 へ行くのは、やはり4年ぶり



雨の



こちらは、かつて大久保彦左衛門の屋敷跡 だとか!?



雨の



都心にいるとは思えない、水と緑に出逢えます。



雨の



庭園のお隣は、都ホテル。



雨の




そして、こちらの会場で…



180620_2



高いひな壇の上に、座らされたり…


その後は、会場を移動して、レク等々もあり…



雨の



今週の一番大きなミッションを、なんとか無事に終了。


やっぱり、記録に残しておこうと、Blog更新に。

2018年6月21日 (木)

井上智ソロ・ギター@モンゴメリーランド

20日水曜日、早朝から向かった東京は、終日雨模様。


午前・午後とランチタイムも満足にとれないほど、
やっかいなミッションを仰せつかり、ようやく解放された夜。


向かった先は、池袋駅近くのモンゴメリーランド



井上智



この日のライブは、井上智 さんのソロ・ギター。


個人的には、4年ぶりになります


井上智



井上さんご自身、年に一度やるかどうかというソロ・ギターのライブ。


息を呑み、聴き入りました。(酒を呑み…?)


チャレンジングな演奏の緊張感、プレイする側も相当なものでしょう!



井上智



雨模様の平日夜、お客さんも少ないであろうという予想でしたが、

なんとなんと!


新潟からはるばる来場したという自慢をしようかと思ったところ、

なんとなんと!


国内では名古屋から、そして国外からは香港、さらにはタイのバンコクから!

とっても国際的なグローバルなお客様!



井上智


こちらのヴァイオリン奏者は、香港から。


日本でジャズを演奏するヴァイオリン奏者はあまり存じ上げませんが、
伴奏時にはベースランニング的にコンピングしたり、
パーカッシブな音を出したりと、ユニークな奏者でした。


そしてバンコクからのヴォーカリストは、ご自身のCDを持参していました。
(残念ながら写真はありませんが…とってもキュートなヴォーカリストでした。)



こちらは、ヴァイオリン奏者と同伴の香港からのヴォーカリスト。

そして、急遽指名された智さんのお弟子さんフルート奏者。



井上智


キーの打合せなしで演奏が始まったと思い、
あとで訊いたところ…



やっぱり打合せは無かったそうで、音を聞いてキーを判断。

その場でソロを吹いていました。


フルート奏者としてはプロの方とのことでしたが、流石ですね。


井上さんのソロ・ギターはもちろん、デュオのギターもふんだんに楽しめ、
フルアコの魅力を再認識した夜でした。


昼間のミッションの疲れも、おかげで癒やされました。

ありがとうございました。


2018年6月15日 (金)

今日は、Wesの命日!

1968年6月15日、ジャズギタリストWes Montgomery 氏逝去。


ジャズ ギターの革命児と謳われ、45歳 という若さで亡くなりました。


それから50年の歳月が経ちました。



180615



ピックを使わず、親指による独特なピッキング、
そしてオクターヴ奏法と呼ばれる暖かいトーンを持ち合わせ、
それまでのジャズ ギター とは違う独創的なプレイで人気を博し、
ジャズ界だけではなく、音楽シーンの後続者に多大な影響を与えました。



生前の演奏をリアルタイムで鑑賞する機会は、残念ながらありません。

でも幸い、当時のレコーディングや映像が、現在でもたくさん残っています。



写真や映像を見ると、いつも煙草をくゆらせていたWes。


死因は、心臓発作と言われていますが、
煙草を吸わなければリアルタイムでその感動を味わえたかもしれない。

2018年6月 4日 (月)

音楽うましか@まえじま 2018

県内各地でイベントが目白押しの3日日曜日、
十日町市では「まえじま」さん25周年記念イベントライブ。


その名も「音楽うましか



まえじま



まだ、陽が沈まぬ午後5時過ぎから、各々がセルフにて好みのお酒をつぎあいながら、
その宴は始まりました。


今年の「まえじま」さん特製お弁当は、こちら!



まえじま



見た目はシンプルな外観ですが、一品一品が手の込んだお料理。


美しい盛り付けと繊細な味付け、日本料理を堪能出来ました。



まえじま



そして、集まった「音楽うましか」は、20代から70代まで?

幅広い年齢層、そしてジャズばかりではなく「いまどきの」カッコいい音楽も!




まえじま



昨年も同様な想いでしたが、「音・味・酒・人


この地、十日町でしか出逢うことが出来ないであろう世界に遭遇することが出来ました。


ありがとうございました。



そして、来年は「26周年」記念ライブを是非お願いします。 m(_ _)m

2018年5月20日 (日)

TRIO'@ラソネ菓寮

上越市内では、小学校の運動会や各地でイベントが目白押しの週末。


19日は、ラソネ菓寮さんにてTRIO'ライブ。



ラソネライブ



前日の金曜日には、気温31度を超えた気候が土曜日には一転!

20度近くも下がり薪ストーブのお世話になりました。



ラソネライブ



前日、鳥取市から万座温泉へ650kmの移動を経験した
TRIO'メンバーでしたが、疲れを温泉で癒やし元気に上越入り。


TRIO'としては、初めての上越ライブでした。



ラソネライブ



響きの良いラソネさんのホールで、演奏は安定感抜群の
大人のジャズを聴かせて戴きました。


初めて生のジャズライブを鑑賞したという方にも、とりわけ喜んで戴けたようです。

しかも、「演奏中の三人の目配せ、凄いですね!」という感想まで添えて!


初ライブなのに観察眼、目のつけどころが違うなぁ。

こんなTRIO'のライブを聴いてしまうと、次の機会ハードルがあがりそう…。 (^-^;



ラソネライブ


打ち上げもラソネさんの美味しいお料理に大いに盛り上がり、
まもなく誕生日を迎えるという女将さんのお祝いに福田さんの
「Happy birthday!」演奏も彩りを添えました。


お疲れ様でした。


本日20日は、加茂市の「桐子モダン」さんでのライブ となります。


また、10月にはベースの森さんがスウェーデンからBig Bandを率いて
十日町市「段十ろう」での公演を予定されているほか、


ドラムスの市原さんも同じ10月にルパンティックで十日町市公演予定とのことです。


機会があれば、是非ご参加くださいませ。

2018年5月17日 (木)

ヨーロピアンジャズ@ラソネ菓寮

ポーランドのヴァイオリニストとノルウェーのピアニストのデュオ。

17日木曜日夕刻、上越市春日山町にありますラソネ菓寮さんにて。



ラソネさんでのヨーロピアンジャズを鑑賞するのは、昨年1月 以来。


でも、来月も予定されているようですし、企画される方が一生懸命
かなり精力的に開催されているようです。



ラソネライブ



ヴァイオリンという楽器の奥深さを、あらためて再認識させられました。


弓で弦を擦る、あるいは指で弦を弾く…。


ある時には、優しく繊細に…


ある時には、荒々しく豪快に…


そして、そのヴァイオリンの音色に、ピアノが見事に対峙し調和する。



ラソネライブ



ヴァイオリンは4本弦、ギターは6弦。


弦長もギターに対して、ヴァイオリンは約半分ほど。


それにも関わらず、あんなに多彩な感情表現が出来るとは!?


いにしえの昔から音楽界の主人公であり続けている楽器!

その秘密を垣間見た本日のライブでした。



さて、明後日はこのラソネさんで、いよいよTRIO’のライブ

ライブならではの感動を、再び期待します!!

2018年5月15日 (火)

5月の第3週…

先週末は土曜JAZZ 参加のため、町内行事に参加出来ませんでしたが、
翌日の日曜日は、朝から町内の公園施設を掃除しました。



今週は…



ミッション完了後、午後からは上越文化会館へ。


落語好きの役者さんによる「ごらく亭ピアニシモ 」観覧。



今週は…



本職ではないとはいえ、さすが役者さん!

見事な「二足のわらじ」でした。



その「ごらく亭」も、時間の都合で最後まで楽しむことが出来ず、
今度は雨の中新幹線で東京へ。


日曜日は、氷雨が降り続け、時折酷い雨脚でしたが…


明けて翌日月曜日は、ご覧のような青空が広がり、気温は夏日。



今週は…



帰路の新幹線からは、綺麗な夕焼けも見られました。



今週は…



連休明けの5月は、総会や会議が一斉に開催され、
今週は東京、新潟へ。

そして、ライブ鑑賞 が2本!


楽しみな1週間が始まりました。


2018年5月 8日 (火)

福田・布川ライブ@うたげ堂2018

GW最後の日曜日、6日は柏崎市うたげ堂にてピアノの福田重男さん、
ギター布川俊樹さんのDuo Live。

お二人のDuo Liveは、昨年9月 以来。

熟成したデュオ演奏を聴かせて戴きました。



ライブ@うたげ堂



サプライズは、誕生日を迎える福田さんのお祝い。


福田さんのお弟子さんである地元ピアニスト水口さんが伴奏し、
布川さんと共演CDもあるヴォーカリストの吉田さんが「Happy birthday!」


こちらの演奏は休憩時間に急遽決まったらしいのですが、なんともカッコ良かった!



ライブ@うたげ堂



贈られたケーキとワインを片手に、ご満悦の福田師匠。



ライブ@うたげ堂



来週末19日には、福田師匠はTRIO’のメンバーとして上越でライブ です。



180519aa



こちらも、楽しみなライブです。

より以前の記事一覧