スポーツ

2019年1月14日 (月)

優勝 明治大学!!

先週末土曜日の大学ラグビー選手権決勝。

明治大学が22年ぶりに日本一に!

見事な勝利でした。


明治大学


春、夏と、天理大学には練習試合で苦杯をなめ、
直前の準決勝でも早稲田に辛勝し決勝進出の明治。


一方の天理は、9連覇中の帝京を圧倒的にねじ伏せての決勝戦。



明治大学


事前予想としては、天理大学の有利は動きませんでした。


ゲーム開始早々の明治ミスからの、天理トライもその象徴かと…

思いきや、その後の修正は本当に見事でした。



こちらは、今年就任した田中監督と伊藤HC。

彼らがスクラムハーフとスタンドオフを組んだ大学3年生以来の優勝とのこと。



明治大学



秩父宮ラグビー場を埋めた明治ファンの喜びも爆発していました。



明治大学



テレビカメラは、記者席の吉田前監督の姿も映し出していました。



明治大学



22年前と言えば明治大学の黄金時代。

ずっと黄金時代が続くかとも思われた時期です。


しかし、その後春口監督率いる関東学院大学が台頭し、
清宮監督率いる早稲田大学との雌雄を決するという時代へ。


さらには、その後岩出監督率いる帝京大学の黄金時代へと続きました。
帝京大学の大学選手権9連覇は、もう筆舌に尽くしがたい大金字塔。


そして、今年その帝京大学を破った関西の覇者、天理大学。
(今年フランカーからフッカーに転向したという島根キャプテン、名前覚えておきましょう!)


さらには、その天理大学をねじ伏せた明治大学。


今年ラグビーのワールドカップが日本で開催されますが、
4年後の大会時には、きっと現在の大学生が主役となっているはず。


これからの選手の成長が楽しみです。


対抗戦で今年の明治は、帝京に勝利したものの、早稲田、慶応と連敗。
その結果、対抗戦4位の位置からの大学選手権でした。


一戦、一戦成長した、伸びしろのある躍動が印象的でした。

明治大学、優勝おめでとうございます。

2019年1月 7日 (月)

高校ラグビー@花園 2019

7日に行われた高校ラグビー決勝戦、東の桐蔭学園対西の大阪桐蔭戦。


決勝戦らしい逆転に次ぐ逆転、息をのむ60分。


昨年の決勝戦 で東海大仰星に逆転され、涙をのんだ大阪桐蔭が優勝しました。


とりわけ、FWの動きが見事でした。

おめでとうございます。



ラグビー



この大会で放送の案内役は、元日本代表の大畑大介さんとモデルの小島瑠璃子さん。


彼女がこの大会に関わったのは、たしか6年ほど前。

ブレークする前だったと思います。



ラグビー



当時は、高校生とほぼ同年代!

ある意味、同級生の立場だったわけですが、現在ではお姉さんの立ち位置。


大会に継続して関わることによって、取材やインタビューを通じて選手との距離も近くなりました。

その結果、選手と感情がシンクロ、負けても勝っても大粒の涙を流しながら生放送、中継している姿が印象的でした。



ラグビー



先日の日本選手権では、神戸製鋼が優勝。
そして、本日の高校生決勝では、大阪桐蔭が優勝。

いずれも関西勢が優勝をしている今年のラグビー界。


残るは、今週末12日の大学決勝です。


ラグビー



対抗戦の雪辱で早稲田を破った明治と、帝京の10連覇 を阻止した天理。


夏の菅平での練習試合では、帝京と早稲田の試合 中、となりのグラウンドで大きな歓声!

なにか?と思ったら、天理が明治に勝利していました。


準決勝戦を見る限りでは、やはり天理が有利と思われますが、さてどうなりますか?

決勝戦は、12日土曜日です。

2018年12月17日 (月)

神戸製鋼優勝!

週末土曜日15日に行われたトップリーグ決勝、そして今年は日本選手権決勝。


トップリーグが開幕した最初の年に優勝した神戸製鋼が、
平成最後の年に15季ぶりの優勝。

日本選手権としては、なんと18季ぶりの優勝。


おめでとうございます。



神戸製鋼



試合は、戦前の予想に反した一方的なゲームとなりました。


サントリーの強みを消して、神鋼FWの見事なショートパス、
ラックでのボール争奪戦、見事でした。


NZ代表で112キャップを誇り、オールブラックスのW杯2連覇に貢献。

世界最優秀選手に3度選ばれた、世界最高の司令塔ダン・カーターばかりが
とかく注目されますが、チーム一丸となって勝ち取った優勝です。


今年は、リーグ戦を通じても負けなしの全勝。
文字通り日本一です。



神戸製鋼



とりわけ感動的だったのは…


学生時代に日本一の夢が叶わなかった主将と副将が、
今年同じチームメイトとなり、ついに日本一を勝ち取ったこと。


ゲーム中盤、フッカー有田のキックチャージからのトライ。

前の試合で頬骨骨折しながらも、この日2トライのフルバック山中。


身体をはったハードワーク、気迫溢れるプレイは、見事でした。



神戸製鋼



2年前に53歳で早世した平尾誠二さんも、きっと喜んでいることでしょう。


今年の神戸製鋼ラグビーは、ボールをどんどんと動かし展開し、
見ていても素直に面白い。

間違いなく来年のWCに向けて、ラグビーの魅力を一段と広げてくれました。









トップリーグと日本選手権は一段落しましたが、高校生や大学生の大会は、
これからが正念場を迎えます。


これからますますの好ゲームを期待しています。

2018年11月29日 (木)

ラグビーテストマッチ 2018

先日24日の土曜日深夜、行われた日本代表対ロシア戦。

ご覧になられた方は、いらっしゃいますでしょうか?


ロシアとは、来年のWCで最初に対戦する相手国。

そのためか?

今までの世界選抜、オールブラックス イングランド戦 とは違った若手のメンバー中心。




ラグビーテストマッチ 2018



この日ジャパンは、体格に勝るロシアに対して思うように試合を運べず、
審判の判定との相性もいまひとつで、ペナルティを繰り返しては失点…。


ドンドン点差をつけられる展開に。


当日は、朝からの諸作業 で疲れていて、前半を観戦しましたが、
録画に任せて休んでしまいました。



ラグビーテストマッチ 2018



しかし翌朝、ネットで結果を確認すると…


なんということでしょう!


見事な逆転勝利!!


前半ペナルティから自分で持ち込んだトライを含めて、後半の逆転トライといい、
キャプテンであるリーチ・マイケルの獅子奮迅の活躍がとりわけ印象的でした。



来年のワールドカップ自国開催を控えて、ようやくマスコミでもラグビー報道が多くなりましたが、他のスポーツと比べて注目度はまだまだ!



初冬の季節、これからが本格的なラグビーシーズン。

トップリーグや学生の熱戦が展開されます。

ラグビーの魅力が広く発信されますよう、期待しています。

2018年11月24日 (土)

ラグビー早慶戦 2018

11月23日勤労感謝の日は、毎年ラグビー早慶戦

ここ2年は、慶應が先行して最後に早稲田が逆転する展開、
でも今年は早稲田が先行して後半慶應が…!?




ラグビー



いかにも学生らしい、キビキビとしたスピードある展開に
息をのみながらのテレビ応援観戦。


今年の対抗戦は、慶應が明治に逆転勝ち、その明治は帝京に勝利して、
帝京に敗れた早稲田を含めて、それぞれ4校ともに優勝の可能性があり、
この日早慶戦を迎えました。


秩父宮ラグビー場は、そのためでしょうか?
ほぼ満席の状態だったようです。


試合は、最後の最後まで勝敗の行方がわからない展開。


でも、こういった緊迫した熱戦を間近に観戦出来るのなら、ぜひ会場に足を運びたくなりますねぇ!


来月の第1日曜日、現地応援を検討しなければいけなくなりました。


問題は、同じく優勝がかかった明治の学生が大挙して秩父のみに押し寄せると、
自由席の確保が出来るのか??


国立競技場でやっていた時にも、早明戦となると、けっこう座席確保が厳しかったので。

2018年11月23日 (金)

東京のホテル事情

先週末は、お仕事関係で東京 でした。

会議後に懇親会等もあり、宿泊することになりました。



東京のホテル事情



ところが、週末土曜日っていうのは、ホテル需要が逼迫する日なんですねぇ。


手頃なお値段のホテルは、みなカプセルばかり!

駅近の一般的なビジネスホテルは、軒並み5桁以上のお値段。



それなりの環境で、施設設備が整っているのであれば、納得出来るのでしょうけど…



同じホテルに翌日、日曜日に泊まろうとすると、
半額どころか、4割のお値段で宿泊可能なんですよ!!


これって、今ひとつ、ふたつ、心情的には納得し難いものですよね。



ここ3~4年、インバウンド需要もあって強気なプライシングが続く東京のホテル。

再来年のオリンピックあたりまでは、続く傾向なんでしょうね。



東京のホテル事情



ところで、先日のイングランド戦。


所用?から帰ってホテルに戻ると、ちょうど生中継が始まりました。


前半は、NZオールブラックス戦から立て直してきたジャパンが、
センター中村やキャプテンリーチ・マイケルのトライで15対10。


ここまでは、理想的な展開だったんですが…


その後は、修正してきたイングランドに反撃を許して、逆転負け。


それでも、トゥイッケナムスタジアムに詰めかけた8万人のラグビーファンを唸らせました。


24日深夜には、遠征最後のロシア戦。

スターティングメンバーも一新、期待して応援しましょう!





2018年11月 6日 (火)

ラグビーテストマッチ NZ戦

かつて、WCで145失点という記録的大敗を喫したオールブラックス、NZ代表戦。


来年は日本でWC開催、今回の味の素スタジアムも会場となります。

そして現在の日本代表HCがNZ出身。



ラグビー



おそらく、そんな繋がりでマッチメークが叶ったのでしょう。


新聞の見出しには、「日本健闘 5トライ」の文字もありますが、
やはり力の差は歴然。



ラグビー



若いオールブラックスが浮き足立つような先制と、
取られたら取り返し離されない展開が欲しかったところですが、


相手陣に入ってはペナルティを取られては押し戻され、
自陣に入られると必ず失点して振り出しに…。


やはり、オールブラックスは格が違う。


それでもネット情報では、この10年間でオールブラックス相手に
5トライ取ったのは今回のジャパンが4チーム目だとか!?


ジャパンも確実に進歩しているんですね。


次戦は、海を渡ってエディーさん率いるイングランド戦。

そしてロシア戦となります。



堀江や松島といった故障者に、早く復帰して欲しいところです。

2018年10月28日 (日)

尾神岳スカイグランプリ

県外にいる甥っ子が、週末に来訪。

久しぶりに、吉川区にある尾神岳へ向かってみました。



尾神岳スカイグランプリ



土曜、日曜と県知事杯尾神岳スカイグランプリという
パラグライダーの競技大会が開かれているということで。


前日土曜日は、あいにくの天候で競技は中止だったようですが、
体育館で県知事や国会議員等の来賓を招いて、
盛大な開会式があった模様。


そのあたりの経緯が、吉川タイムスに詳しく掲載されています。 こちらから



尾神岳スカイグランプリ



平地では、前日ほどには風はないと思いましたが、
山に登ると思いのほか強い風!!



尾神岳スカイグランプリ



テスト飛行はされたようですが、テイクオフ会場には大勢の
アスリートが待機していました。



尾神岳スカイグランプリ


尾神岳スカイグランプリ


尾神岳スカイグランプリ



それでも、会場からの眺望は頸城平野を一望出来て、最高!



尾神岳スカイグランプリ



競技の模様は、残念ながら見ることが出来ずに
お昼を前に山を降りましたが、


素敵な眺望は「一服の清涼剤」…癒やされました。


2018年8月19日 (日)

練習試合とはいえ…

いったい、いつ以来の勝利だろうか!?


何度も目の前で、完膚なきまでに打ちのめされて来た相手。


毎年8月お盆明けには、菅平高原へ「早稲田対帝京」の練習試合を
観戦に向かっていたつもりでしたが、昨年は行かなかったようで2年ぶりでした



練習試合とはいえ



途中、イエローカードで一時退場者を出したり、
FW戦では劣勢だった早稲田ですが…



練習試合とはいえ



前半を早稲田7対帝京14で折り返し、

後半残り10分で、早稲田28対帝京14!



練習試合とはいえ



そして、激しい両校の攻防があり、そのままノーサイド


試合の経過は、こちらのHPに詳しく掲載されています。
(TV中継や解説もない中で、よくこれだけ詳細な試合経過を記述できるものだと、感心!)


今まで公式戦はもとより、練習試合でもこの10年間ほど勝てなかった相手に
一矢を報いたことは、学生に大きな自信になることでしょう!

観客席も大いに沸いていました。



練習試合とはいえ



今回は、隣のグラウンドでは明治対天理の試合があったり、
陸上の大会も同じ日程だったようで、駐車場は満杯!!


しかたなく、遠く離れた臨時駐車場に誘導されました。



練習試合とはいえ



でも、無料シャトルバスが運行していて、大いに助かりました。


こういった運営費用は、どこが負担しているのでしょう??


学校それとも自治体、それとも菅平の地元!?


お世話になりました。  m(_ _)m


秋からの本格シーズンでは、両校ともにひとまわりもふたまわりも
充実した試合を見せてくれることを期待しながら、山を降りました。

2018年6月25日 (月)

ラグビー日本代表テストマッチ

このところ巷では、サッカーWCの話題で持ちきり感がありますが、
来年日本でワールドカップが開催されるラグビーの話題。


録画での観戦となりましたが、世界ランキング11位の日本が
12位のジョージア(旧グルジア)に、28-0と完封勝利



ラグビー



世界最強のFWとも言われるジョージアに対して、
FW戦でもジャパンは一歩も引きませんでした。


さらに、ジョージアといえば、大相撲の栃ノ心関の出身国。


あの大関のような大きな体格の男たちが、グラウンドところ狭しと、
走り回りラグビーをやっている姿をイメージしてください。



ジャパンは、その前に行われたイタリア代表との2連戦を含めて、
戦績は2勝1敗。


来年のWC決勝トーナメントに向けて、着実に力をつけています。



ラグビー



日本の若手の中でも、注目はこの人、FWの姫野和樹選手。


代表デビューとなった今年のテストマッチで、いきなりのトライ。

そして、この日も途中出場直後に、勝利を決定づけるトライ!


なにか「持っている」という印象を強く受けます。


新潟県から唯一のジャパン、稲垣啓太 選手と併せて
今後はFWの核となって行く選手と思われます。


サッカーともども頑張れ!ジャパン!

より以前の記事一覧