グルメ・クッキング

2019年6月21日 (金)

赤坂セッション@Virtuoso

以前からSNSでは、興味深い存在だったライブハウス、東京赤坂のVirtuoso


お仕事のミッションを無事に完了し、懇親会後に向かってみました。



Img_5164



20時半過ぎに到着すると、既にファーストセッションは終了した様子。


セカンド最初にご指名戴き、ドリンクの間もなく、すぐにギター弾くことに! (汗)



Img_5169



こちらのお店の凄いところは、酔客が手ぶらで来店しても、お店備付のギターやアンプを利用出来ること。


おまけに、この日のセッションホストは、若いベースとドラムスのお二人。


プロ・ミュージシャンの卵らしく、流石な演奏、そして伴奏でした。



Img_5173



セッションの途中、オーナーでギタリストでもある矢掘孝一さんが、
Guitar Effectorのオークションを始めたり…

自らギターを手にしたり…と。



Img_5174



セッション終了後には、常連さんがギターDUO!


これまた、美しく素晴らしい演奏で。


さすがはお江戸、東京は都だなぁ、と実感!




Img_5175



新潟からはるばる、という感じもあったのでしょうけれど、
お店スタッフはもちろん、お客様にもとても親切にフレンドリーに対応して戴きました。


楽しい時間をありがとうございました。

都会のジャズ愛好家は、こんな環境で日々切磋琢磨しているんですねぇ!

上手くなるわけ、妙に納得した夜でした。




2019年6月16日 (日)

6月の土曜ジャズ 2019

柏崎市では「えんま市」や上越市では「バル街」、そして県内の各種ライブハウスではセッション等、イベント目白押しの週末。


大潟区のサブリーユでは、6月の土曜JAZZ。


今月は、女性ヴォーカリストをゲストに迎え、いつも以上に華やかに。



Img_5114



事前のリハーサルなしは、毎月のこととは言え、ヴォーカルにあわせて転調した曲や馴染みのないスタンダード曲等々、不安の種は尽きませんでした。


でも、そこはさすが芸達者な出演者の皆さん。


見事にお客様と一緒に、楽しい時間を共有することが出来ました。



Img_5115



女性ヴォーカルさんと、この土曜JAZZでご一緒するのは、一昨年暮れ以来。


やはり、インストメンタルだけでJAZZをお届けするのとは違い、ライブステージがいつも以上に華やかに、そして彩りが格段に、ホント見事です。


願わくば、同じユニットを、さらにもう一度。

また、遠くないうちに、実現出来たら良いなぁと思います。



7月の土曜JAZZは、月末第4土曜日の27日予定です。

どうぞ、よろしくお願いいたします。



 

2019年6月 8日 (土)

梅雨入り、妙高高原、ワインの夜

真夏日のような日が続いていたかと思うと…


週末は一転、空は雨雲に覆われて、ついに梅雨入り。



Img_5070



妙高高原いもり池周辺は、夕方には気温15度くらい。


肌寒さを感じるくらいでした。



Img_5071



昨年は訪れる機会がなかった、ペンションムーミンパパ。


地元産の野菜や山菜、魚や肉とともに、友人持参のヴィンテージワイン。



Img_5073


美味しい時間と楽しいひとときを、ありがとうございました。



2019年5月21日 (火)

藪蕎麦@新潟市古町 2019

新潟市の中心市街地で、「蕎麦」と言えば、こちらかな?



Img_4968



この日、遅いお昼を「藪蕎麦」さんで戴きました。


時々お邪魔していますが、Blog「六弦文録」登場は5年ぶり!?



Img_4967



日替わりメニューも魅力なのですが、この日は純粋に「おろし蕎麦」



Img_4969



辛くない大根おろしはチョット残念ですが、
蕎麦は充分な量と喉ごし爽やか!!


ご馳走様でした。 m(_ _)m

2019年5月15日 (水)

そば工房 叶屋

最近は、蕎麦の話題が多い六弦文録。


この日は、柏崎市郊外にあります「そば工房 叶屋」さんへ。



Img_4915



お店は、市立南中学校近くの幹線道路沿いにありました。



Img_4916



もちろん、駐車場も完備。



Img_4921



選んだのは、珍しい「韃靼蕎麦」



Img_4920



色合いは緑系、独特の苦味あるお蕎麦。

韃靼蕎麦は、ポリフェノールやルチンが豊富で、通常のお蕎麦の50~100倍なのだとか!?


ご馳走様でした。 m(_ _)m


 

2019年5月13日 (月)

食彩工房 そばの華 2019

先日は、浦佐にあります「食彩工房 そばの華」さんへ、

お邪魔するのは、およそ2年ぶり



Img_4892



前回はメニューになかった「魚沼の春セット」が目にとまりました。



Img_4884



まずは、アケビ芽お浸し、ワサビ土佐酢漬け


Img_4885



壁にあった告知ペーパーでしたが…



Img_4887



「山菜の女王シオデ」食べてみて!

…と、サービスして戴きました。



Img_4886


いずれも一人前としては、量もたくさん過ぎるほど!


ようやく、本命のお蕎麦提供のまえに、恒例の?「水そば」


Img_4888


そして、タラの芽とフキノトウ天麩羅。


Img_4890


そして、十割蕎麦が!


Img_4889



食後は、デザートにコーヒー。



Img_4891



満腹と満足一杯で、お店をあとにしたのは、言うまでもありません。


ご馳走様でした。 m(_ _)m



2019年5月 6日 (月)

うおぬま倉友農園~行列の出来るおにぎり屋さん

南魚沼市は旧塩沢町の国道沿いに、そのお店はあります。


セブンイレブン塩沢店のお隣、うおぬま倉友農園。(そうゆうのうえん)



Img_4905



朝、9時開店との情報を得て、9時10分くらいに到着すると…



Img_4903



ナント!

既にご覧の行列!!


きっと、開店前から並んでいたのでしょう!?


県外ナンバーの車が、たくさん駐まっていましたよ。


Img_4904



行列に並んで待つこと、およそ30分!!

(ふだんは、けっしてならばず、けいえんするたちですが…)


ようやく順番が廻ってきた目の前で、「おにぎり30個!」

なんて注文を出すお客さんも!


お味は、ですね…


コンビニのおにぎりのような人工的な美味しさではなく、
魚沼産コシヒカリ自然の旨味、そして甘み。


きっと具材も厳選されているのでしょう、自然な美味しさを感じます。


写真撮り忘れましたが、シンプルな「塩おにぎり」が一番人気だとか!?

思いのほか、他のおにぎりよりも一廻り大きかったような…



とにもかくにも、ご馳走様でした。



2019年4月29日 (月)

そばとジャズの店 滝見屋

松之山温泉街の入口付近にあります「そばとジャズの店 滝見屋」さん。


公営駐車場に車を駐めて、約100m温泉街へ進みます。



Img_4849



さっそく、ホレス・シルバーのBLUE NOTE盤がお出迎え!



Img_4850



玄関先は、一見ふつうのお蕎麦やさん。


ですが、レトロな郵便ポストがお出迎え!



Img_4851




この日は、春先限定の山菜天麩羅蕎麦を!



Img_4852



前日は、雪で一面真っ白になった中、ご苦労されて採取されたという
山菜をたっぷりと戴きました。



Img_4853



店内は、さながらジャズ喫茶の趣き!


この日は、ビル・エバンスがかかっていました。



Img_4854



JBL4344のスピーカーは撮り損ねましたが、雰囲気は伝わるはず。



Img_4856



気さくな女将さんと世間話をしながら、楽しい時間を過ごしました。


ご馳走様でした。




 

2019年4月22日 (月)

博多@中州

熊本へ向かう前に、九州上陸し博多へ。



Img_4754



そして、博多といえば中州でしょうか?


Img_4747



レトロな雰囲気を醸し出している映画館もありました。



Img_4746



通常は、ここで「もつ鍋」や「水炊き」あるいは「焼き鳥」あたりが
定番なのでしょうけれど、今回は魚貝類のおさしみ!


「生鯖」が珍しい新鮮な味でした。



Img_4749



そして、ふだんは決してやらない「〆のラーメン」



Img_4750



驚いたことに、「麺のかたさ」が6種類も!



Img_4752



博多駅前では大きな広告塔つきの工事が行われていました。



Img_4753

 

2019年4月16日 (火)

入船うどん@新潟市

新潟市の本町通を歩いていると、気になる看板が!


のぼり旗に「入船うどん」の文字!


Img_4687



最初は、この扉の向こうで「うどん屋」さんが営業しているとは、
想像出来ませんでした。



Img_4686



入店してみると、決して広いとは言えないスペースにドラムセット!?



Img_4680



お話してみると、店内ライブも行う「うどん屋」さんでした。



Img_4681



さっそく店名を冠した讃岐の「入船うどん」をオーダー。

茹であがりを15分ほど待って、出来上がりました。



Img_4685



冷水で締めながら手打ちする麺とのことで、
強力な嚙みごたえある麺でした。


ご馳走様でした。 m(_ _)m



より以前の記事一覧