« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月24日 (金)

土曜JAZZ@サブリーユ

今月の土曜JAZZは、先週末の予定でした。


でも、このコロナ騒動の影響で、残念ながら開催出来ませんでした。



160130_20200421130301 



来月以降も、今のところ未定です。


各地で伝統的インベントや催し物が、相次いで中止されています。


隣国のコロナ発症や欧米でのコロナ拡散、それを横目で見ながら、
対策の時間が十分にあったはずなのに、対応が後手後手、右往左往の日本。


なぜ?後手後手の対応になるのか?


国民の生活や安全よりも、オリンピック開催が優先された結果!?

そう感じざるを得ない、今日この頃です。



PCR検査を極端に制限し、感染者把握を遅らせ、感染者数を控えめにして、

医療崩壊懸念を前面に訴えながら、肝心の患者救護をないがしろにする。



4月1日に突然発表された「布マスク2枚」配布。

当初の200億円予算にも驚きましたが、実際は466億円にさらに驚かされました。

そんなにお金をかけるのなら、医療体制の補完・充実に利用して欲しいとの批判も多く寄せられていました。



ところが、実際に配布が開始されると…

なんと!

配布された布マスクに、虫や髪の毛、あげくにはカビが発生!!

検品体制も充分ではない、不良品が続出。


さらには、4社に委託発注されたということでしたが、うち3社は公表されたものの、残りの1社は不明…


そのあげくには突然、466億円が90億円で収まることになったのだとか!?


なんと言うことでしょう!?

予算の2割で収まった??


残りの1社は、どこに行った??

また、ひょっとして「おともだち」??


そして、多額の税金でまかなわれる「布マスク」ですが、閣僚の誰1人も使用していない現実。



世の中、不思議なことが多すぎます。


早くいつも通りの日常生活に戻りたいですね。



2020年4月18日 (土)

仁上ほたる公園@上越市大島区

こちらの地名は「仁上」と書いて、「にがみ」と読みます。


上越市は大島区のやまあいにある集落です。



Img_6991



先日、近くに行ったので立ち寄ってみました。


写真の川は、保倉川の上流。


上越市の市街地や平野部を流れる保倉川とは、ずいぶんと印象が異なります。



Img_6993



その保倉川に架かる「ほたる橋」を渡ると、「ほたる公園」があります。



Img_6994



毎年6月頃になると、あたり一面に蛍が飛び交います。



Img_6996



もちろん蛍も魅力的ですが、今の季節も素敵なスポットです。



Img_7001



保倉川の渓流の音を聞きながらあたりを散策すると、

世の中の「コロナの喧噪」を忘れさせてくれます。



Img_6999



蛍や草木、生命の息吹を感じることが出来ます。


Img_6997



不要不急の外出は控えてとのことですが、

密集、密閉、密接とは、まったく無縁な別世界。


お勧めです。


…って、緊急事態宣言下で、お叱りを受けてしまうかな!?

でも、写真を見ているだけでも、深呼吸できそうでしょ?



2020年4月16日 (木)

もっと、シンプルに!

日本人って一般に、まじめで、几帳面、そのためでしょうか?


すべてにおいて完璧に、清く正しく、正確に!っていう性分?


とりわけ、お役所仕事においては、それが顕著なのではないでしょうか?


先日も、お役所への提出届けで「自署の場合には捺印不要」と備考欄に注意書きがあるにも関わらず、窓口で提出しようとしたら、念のためといって捺印を求められました…。




Img_6981



国内の製品や商品を購入すると、細かい文字が羅列された分厚い取扱説明書が付属します。


その点、欧米ではシンプルな体裁が一般的かなぁという印象。


とりわけ、iPhoneやiPadなどは説明書も付属せず、シンプルで視覚的・感覚的に受け入れられているように思います。



コロナ対策での国や官公庁の対応の仕方も、お国柄がそれぞれ!



窓口での接触を避けて、インターネットで手続きすれば、即座に対応する国があるかと思えば、

その一方で手続きしてから早くても2ヶ月、3ヶ月が必要という日本…。



官庁のお仕事って、常に「足し算」です。

念には念を入れて、間違いのないように。

さらに、どんどん屋上屋を重ねるお仕事になりがち。

そのために、手続きは煩雑化、そして時間がかかり、窓口対応は申請者も担当者も双方が疲弊して、良いことはなにもありません。



一度、本来の目的は??


…という原点に立ち返って、必要な手続きを迅速に行うというシンプル化、
「引き算」の発想が必要と強く思います。


いくら書面手続きを厳格化しても、都合が悪くなり、
いざとなると「改竄」や「削除」されてしまうかも知れない文書??


いつからそんな文化になってしまったのでしょうか?


コロナとの共存生活は、残念ながらこれからもしばらく続きそうです。

息を止めずに、深呼吸しながら、覚悟を決めて、日々生活していきたいものですね。




2020年4月14日 (火)

見事に変貌した竹林

毎日まいにち、コロナウイルスの話題や報道ばかりで、意気消沈気味。

チョット気分転換、気晴らしの話題を…



昨年倒木騒ぎがあったり、いろいろとトレブル続きだった雑木林です。


それが、近隣の方のご尽力で見事に甦りました!




Img_6974



行ってみて、ビックリ!!



Img_6975



春先に筍には恵まれるものの、まるでアマゾンのジャングル状態だった(行ったことはありませんが…)

そんな雑木林。



Img_6973



それが、なんと言うことでしょう!?


あたかも、観光地京都あたりの竹林のように、見事なたたずまい!!



Img_6971



とっても、想像がつかないくらいの労力がかけられているのだろうと…



Img_6972



Hさんご夫妻、ありがとうございました。


きっと今春は、見事な筍が気持ち良く生まれて来ることでしょう!!


お・た・の・し・み!!




 

2020年4月11日 (土)

このところ想うこと

このところ、Blogの更新がないねぇ…


そんな問い合わせも、一部ではいただいているところですが。



Img_6962



新年度4月に入って、10日あまり経過しました。


いつもの年であれば、入学式や入社式、人事異動の挨拶等々


心機一転、新しい気持ちの切り替えで忙しい季節のはず。



Img_6963



ところが世の中、新型コロナウイルスのために、あちこちで歯車が軋んでいます。


書きたいこと、今書かなければいけない事、たくさんあるのですが…


どうも、今ひとつ…



そうかと言って、体調がすぐれないわけでもありませんし、
それなりに元気です。



モヤモヤした雰囲気や腹だたしい雰囲気、
そんな中でBlogを更新しても、毒を吐く文章になってしまうようで…




先日、惜しまれながら亡くなった「志村けん」さん

「だいょうぶだぁ〜!」


…っていう声を、聞きたいですね!


早く正常な世の中に戻ることを祈念しつつ、今夜はこれまで。



2020年4月 6日 (月)

妻有ビール@十日町市

昨年の十日町雪祭りの際に出逢ってから、気になっていた妻有ビール


ようやく、再会が叶いました!



Img_6956



SNSにて「本日は夕方まで松代の工場にいます」の発信。


ふだんは予約発注にて受け取りのシステムと承知していましたので、

「予約なく、タンブラーも手元にありませんが、手ぶらでお邪魔出来ますか?」

…と、お尋ねしたところ。


「Welcome!」



Img_6955



そこで、さっそくお訪ねしました。



Img_6947



今回は、「豪雪ペールエール」と「十日町そばエール」をGet!!



Img_6946



事務室から工場の中も、チョット覗き見させて戴きました。


代表の高木さんは、アルトサックス奏者でもあります。

早くコロナ騒動終息して、一緒にJazzりたいですね。


上越から十日町に向かって行った国道253号線沿い、ほくほく線松代駅、県立松代高校よりも、少し十日町方面へ向かった先です。


お近くにおいでの節は、ぜひお立ち寄りください。

不在のこともあるかも知れませんので、ご連絡されてからが確実かと思います。



2020年4月 5日 (日)

ミッションコンプリート

本日5日の日曜日は前日の土曜日とは打ってかわって、寒い朝。

小雨もぱらついていました。


新型ウイルスの影響で開催が懸念された町内会総会、無事に終了しました。

これにて2年間の役員ミッションコンプリート!



Img_6937



実は、木曜日夜にも急遽臨時役員会が招集され、開催の是非について協議しました。



無症状の罹患者も存在する可能性があることから、通常開催について慎重な意見もありましたが、

以下の点を委員会で確認し、予定通り開催することを決定しました。



1.先日の第12回委員会において協議した開催条件と現在当地では大きな環境変化がないこと。

2.首都圏を中心に感染者は日々増加しているものの、上越地方において現在感染者はいないこと。

3.総会資料配布の際に、感染予防対策文書を併せて配布し、注意喚起していること。

4.総会出席を躊躇する場合には、委任状出席という方法もあること。

5.会場に消毒液を備え、出席者にはマスク着用と着席間隔に留意するよう呼びかけること。

6.当日は換気に注意しコンパクトな進行を心掛け、長時間化を避けること。


今年の総会出席者は少なくなるかと思われましたが、実際は昨年よりも実出席者が10名ほど増えて、昨年度決算及び新年度予算、新任の役員も予定通り無事に承認されました。


ただし、本日予定していた新旧役員による歓送迎会は、後日に延期することとしましたが。




Img_6934



総会終了後、強い風の中

のなかのぼっち桜を観察に行ったところ、こちらもミッションコンプリート!



Img_6932



見事に満開を迎えていました。


ひとつ肩の荷が下りました、お疲れ様。



 

2020年4月 4日 (土)

オードブル@サブリーユ

日頃、土曜JAZZでお世話になっています上越市大潟区の野菜フレンチビストロ「サブリーユ」さん。


今回は、サブリーユ特製のオードブルをお願いしました。



Img_6925



本日のおしながき


・上越産里芋コロッケ

・エビのじゃがいもロースト

・サメのレムラード焼き

・ローストチキンローズマリー風味

・くびき牛のサイコロステーキ

・春日山きのこ園の原木しいたけの香草パン粉焼き



4人前にてお願いしましたが、そのボリューム感は満点!!

満点どころか、おそらくは8人で掛かっても大満足のボリューム感!!


もちろん、お味はオリガミ付き!!



そして今回さらには、生クリームをつかったホールケーキもお願いしてみました。



Img_1317_20200404103901



素朴でシンプルなデコレーションケーキですが、
しっかりとしたスポンジも、もちろんシェフの自家製!



「不要不急の外出は控えよ!」というご時世ですが、
テイクアウトでホームパーティーの演出にいかがでしょう?


きっと、喜ばれる演出になると思います。


Good Job!!


ご馳走様でした。 m(_ _)m



 

2020年4月 3日 (金)

観桜会@高田城址公園 2020

昨日の2日夕刻、所要があって高田公園に立ち寄ってみました。


そうそう、高田公園は今月1日から正式名称が「高田城址公園」になったんです。


でも、我々地元の通称は、やはり「高田公園」ですね。



Img_6914



観桜会が始まったこの季節、例年だと人波に溢れているところですが…



Img_6913



昨日は、小雨も降り始めた夕刻ということもあり、人影はまばら…



Img_6911



桜は、五分咲きというところでしょうか?

ところによっては七分くらい?、結構花開いていました。



Img_6910


不要不急の外出は控えてとされている昨今ですが、
静かな環境で桜を観賞出来る機会ともなっています。


2020年4月 2日 (木)

新型コロナ~検査・マスク

ようやくここに来て、日経新聞もコロナ検査件数が少ないと記事にし始めました。


日本の検査数は1日2,000件、100万人あたりの検査数はドイツの17分の1!



Img_6907



日々感染者数が、報道されています。


当初は、雪祭りの影響もあって北海道の感染者数が多かったところ、
最近(オリンピック開催延期決定後)は東京都が多くなっています。


以前から六弦文録でも素人目線ですが、検査の必要性については認識・表明してきたところです。

WHOでも、「Test、Test、Test!」と言って、検査の必要性を主張しています。


ところが、日本では感染症法という法律によって、検査の結果が陽性と出れば軽症であっても隔離のため原則的に入院させる必要がある。

そのため、国は当初から医療崩壊を招くことを恐れて、積極的に検査してこなかったと思われます。


報道では、3月1日に厚生労働省は「軽症者は自宅療養も可」の方針を都道府県に示したとありますが、その後のフォローはないようです。



その一方、昨日「国民全世帯に向けて布マスク2枚」配布との報道がありました。

時節柄、「フェイクニュース」か「エイプリルフール」の悪い冗談かと、目を疑いました。


大胆な…

思い切った…

今までにない…

異次元の…


そういう意味では、たしかに…

でも、マスクの調達、発送準備、発送費用等、事務コスト等諸々を考えると、明らかにお金の無駄遣い。



政治が行わなければならないことは、国民が安心して生活出来るように、適切な検査の実施、受入医療機関の整備、自粛要請対象となった人や業種の補償等々…


現状を追認するような後手後手の対応ではなく、一手先、二手先の思い切った対応が望まれます。



« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »