« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月31日 (火)

今年のぼっち桜 2020

期末3月31日となりました。


高田公園の桜は先週末27日、観測史上一番早い開花宣言でしたが、
今年のぼっち桜は開花まであともう一息。



Img_6893



4月を迎えようとするこの時期なのに、三寒四温…

暖かい日と寒い日が交互に訪れます。


体調管理怠りなく!



Img_6894



明日あたりには、開花宣言でしょうか?


今年も楽しませてくれそうです。



 

2020年3月29日 (日)

新型コロナウイルス対策に想う…

年度末を控えた会議や会合、あるいは新年度予定の会議や会合は、ことごとく中止に!


唯一予定通りに実施されるのは、町内会の行事のみ…。

まぁそれも、上越地方で感染者が出ていないことが幸いしています。

本日、無事に来週開催予定の総会資料作成が完了しました。


Img_6890



その一方で、今月初めに突然休校要請された小中高校等は、春休み明けには新学期を迎える予定という。


当時の感染者数は類型でも200人程度、ところが現在は日に100人も新規の感染者が現れている状況で、いったいどういう専門的知見に基づくというのでしょうか?


マスクにしても、日に1億枚の製造可能との報道が以前ありましたが、その後いったいどこに行っているのでしょう?


オリンピック開催が延期されたと同時に、爆発的に感染者が増加しているのは、どうしてなのでしょう?



また、地元上越市界隈で見聞した、いくつかのエピソード…


大学入学を控えた学生が図書館で読書していたところ、職員に「あまり長居はしないように…」と諭されたとか!?


市の運動施設を大人に混じって子供が利用していると、市に通報されるのだとか!?


子供同士が並んで散歩しているところを担任に目撃され、学級通信に「外を出歩かないように…」と諭されたとか!?



…まぁ、伝聞でありますので、多少誇張された表現になっているかも知れません。


本来は、こういうときにこそ公共公益的施設が受け皿となって欲しいところですが、なんとも窮屈な社会になって来ているのは、間違いないようです。


もう少し、お互いリラックスして日々を過ごしたいものです。


さぁ、深呼吸しましょうか!?



2020年3月28日 (土)

3月の土曜ジャズ 2020

昨年12月以来、3ヶ月ぶりの土曜JAZZ。


巷では、新型コロナウイルスの影響が日に日に強まる中、
今回が現在のサブリーユ新店舗になってから50回目の土曜JAZZとなりました。


Img_6887



今月は、土曜JAZZ発足当初の原型、ピアノとギターのDuo。


諸般の事情で、今年は人前での演奏は2ヶ月ぶり


さらには、お仕事の関係でリハなし本番のこの日、
チョットどきどきの土曜JAZZでした。


それにも関わらず、ご贔屓いただいているお客様にも恵まれ、
楽しい時間を過ごすことが出来ました。

ありがとうございました。



そして演奏終了後、サブリーユ生みの親、
旧ローゼのマスターご夫妻との会話ですが…


現在のサブリーユの店舗が出来て5年、
その前の店舗での営業は4年くらい…


そして、さらに旧ローゼの時代には、

ギタートリオから始まって、他府県バンドでの演奏がありました。


そうすると、かれこれ20年近い歴史と、100回以上の演奏履歴があるようです。


忘れかけていた記憶を呼び戻して戴きました。


あらためまして、大変お世話になっています。

ありがとうございます。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。



2020年3月26日 (木)

新潟三越閉店…

先日、3月22日に惜しくも閉店した新潟三越デパート。


西日の斜陽が、妙に眩しい。



Img_6878



正面玄関先のライオン像も、白い布に覆われてなにやら異様な雰囲気。


今後、柾谷小路を挟んで向かい側にあるNext21前に移設されるようです。



Img_6881



20数年前に新潟市にいた頃は、この新潟三越前から何度もバスに乗ったもの。



Img_6884


コロナ騒動もあってか、いつも以上に人影の少なく、
うら寂しい新潟市古町、西堀通り界隈でした。



2020年3月23日 (月)

自粛要請からはや1ヶ月

先月下旬、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために、
最初の自粛要請があってから、はや1ヶ月が経過します。


当時は、「この1~2週間が感染拡大防止に極めて重要」

…と言われましたが、

予想通り?ダラダラと見えないオバケを恐れる毎日が続きます。



Img_6866



先週末彼岸の3連休は、各地で大勢の人出があった模様。


とりわけ、オリンピックの聖火を巡っては、5万人の人出!?


埼玉県では、大規模なスポーツイベントも興業された様子。



ヨーロッパやアメリカ等諸外国に比べて、感染者数が未だ少ない日本ではありますが、検査態勢が整ったというアナウンスの割には、検査実数は伸びていない様子。


検査しなければ、感染者数は少なくて当然という見解もあります。



Img_6864



今後怖いのは、検査が増えて医療機関が混乱することではなく、
自粛要請に疲れて人々が大勢繰り出してクラスター感染が拡がること。


杞憂に終わることを、切に願っています。



オリンピック開催についても、議論がようやく動き出しました。

各国が国境閉鎖して人が動けず、選手選考もままならない現在の状況では当然かと思います。


延期するにしても、どの程度の期間延期するのか?

あるいは、最悪中止せざるを得なくなった場合には、どのような負担があるのか?

キチンと整理して、議論を開示することが必要かと思います。

IOCが負担しなければ、みんな国民の負担になるのですから。


それにしても、これだけ毎年災害や地震のある国で開催する大規模イベントに、「保険」の概念がないようなのは「驚き」です。

IOCは「保険」をかけているけど、日本は「保険」がないって、本当なのでしょうか?



 

2020年3月22日 (日)

長い夜、短い1日

先週は、25時。


そして、今週は26時。



Img_6838



「ばかだなぁ~!」と、
自戒を込めて思う一方で…


「無駄のない人生は、つまらないもの!」と、
開き直ってみたり…。


 

2020年3月20日 (金)

コヒガンザクラ@高田儀明川沿い 2020

一足早く春の訪れ。


上越市は高田の中心市街地を、南北に流れる儀明川沿いのコヒガンザクラが、
咲き始めました。



Img_6861



春分の日、20日はお彼岸とはいえ、寒い雨がパラパラと。


でも、そんな中コヒガンザクラは例年よりも少し早く咲き始めていました。




Img_6862



高田公園でも観桜会のぼんぼりが準備されましたが、
今年はコロナの影響で例年にない観桜会となりそうです。


世の中、晴れ晴れとしない話題ばかりですが、
少しでも気分転換しながら過ごしたいものです。



2020年3月17日 (火)

日替定食@飛鳥

今月から来月にかけて予定されていた会議や会合、
中止連絡が次々と届きます。


そんな週明け早々、1ヶ月ぶりに新潟市へ。


朝から小雪もちらつく、寒い日でした。



Img_6847



その日の昼ランチが、こちら。


揚げたて、作りたての日替わり定食。


写真では器の大きさが、今ひとつわかりづらいですが、
ドーンと大きな器にたっぷりとご飯に味噌汁、
そして小鉢にも煮物がドーン!?



Img_6848



この日のメインは、ワラサの唐揚げ!


あつあつ、ほくほく、でした。



Img_6849



しかも、日替わり定食は税込600円也!!


味もボリュームも満点!!


新潟市は学校町の裏通りにあります「飛鳥」さん。


ご馳走様でした。 m(_ _)m



2020年3月14日 (土)

3月土曜JAZZご案内 2020

巷ではコロナウイルス騒動が収束をみせず、営業自粛や外出自粛が続いています。


その影響は、我々の想定を上回る状況になっているようです。


それぞれの環境によって、その受け止め方や防疫体制は様々ですが、


ウイルス本体の危険性よりも、やみくもにウイルスの危険性を懸念する
「怖さ」が社会の成り立ちを危うくしそうな気配を感じます。


…が、しかし


…いや、であるから


土曜JAZZは、再来週の28日予定どおり開催します。




Img_5621_20200311103501

 (写真は、5年前の開店祝賀パーティのもの)



会場となりますレストランサブリーユは開店5周年を迎え、
土曜JAZZも50回目のライブとなります。


先月のアニバーサリーにご予約戴いたにも関わらず、
延期させて戴いた想いも含めて演奏させて戴きます。


当初はカルテットを予定しましたが、今回はスタート時の原点に立ち返り
ピアノとギターのレギュラーデュオ演奏となります。



古民家を移築し、天井吹抜けの広い空間。


そしてなにより、地元の新鮮な素材を活かし、オーナーシェフが腕を奮う滋味溢れるフレンチメニュー。


お出掛けいかがでしょう?



お待ちしています。



 

2020年3月11日 (水)

9回目の3月11日を迎えて

時間が過ぎると、歳を重ねる…


世の中で確実なことは、そんなことくらい!?


あとはこの先、何が起きるのか?


地震の発生も、コロナウイルスの拡散も、予想や予定がつきません。




Img_4175



だから今、自分自身に出来ること。


ひとつひとつの積み重ねが、人生なのかも知れません。


 

2020年3月 7日 (土)

マスクはいらない!?

今やマスクがなければ、外を出歩くことも、人と会うことも、出来ない!?


それなのに、マスクは売っていない、手に入らない!!



Img_6800



オークションサイトでは、高額転売が社会問題化しています。


でも、専門家のお話を聞くと

「患っていなければ、マスクは必要ない。」

「新型コロナウィルスの予防に、マスクは効果がない。」



文系女編集者がわかるまで感染症医に聞いた
「マスクが新型コロナ予防にならない理由」こちらから


参考になると思います。



Img_6799



写真のマスクは、昨年末にたまたま「百均」で購入したもの。

100円で30枚入ってます。

いろいろ立派な能書きがありますが、まぁデザインとして捉えて… (笑)



たとえマスクがなくても、パニックになるのはやめましょう!


むしろ、飛沫の感染リスクがある「マイク」が危険!?
(前記リンクをご参照ください)


 

2020年3月 3日 (火)

新型コロナウイルス~対応雑感

前回のBlogを更新した後、突然に週明けから小中高校の休校が要請されました。


その対応を巡って、全国で大変なことになっているのは、周知のところです。


先月末時点で、全国の小中高校での罹患者は4名だったようですが、
決定に携わった方はご存知なかったようです。(国会情報)


その結果、1700万人の児童や学生、そしてその家族等が負担を強いられて、振り回されることとなりました。


「要請」と言いながら、事実上「命令」となってしまうところが、上意下達の怖いところです。



そして昨日、スポーツジムに行って見ると、突然の「休館のご案内」

 

Img_6790



ライブハウスやスポーツジム等、換気が悪く、密集した場所や
不特定多数の人が接触する恐れがある場所が、やり玉に挙げられています。


よほど危険なのではないかと思いますが、なぜか「満員電車」はタブー??


これだけ情報ソースが豊富な社会になっても、
誤った情報で市中からトイレットペーパーがなくなるという現実。


見えない敵に対して、畏れを持って対応することは必要かと思いますが、
天災が人災にならないよう、自粛が萎縮に繋がらないよう


情報を見極めて、各自が慎重に対応することが必要かと思います。


罹患しても必ずしも重症化するわけではないし、
手洗いやうがいの励行でインフルエンザ流行が抑えられているという話もあります。


疑心暗鬼の中で、ゼロリスクを過度に意識しすぎると、
かえって世の中がおかしくなりそうです。


« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »