« 牡蠣蕎麦@薮蕎麦 | トップページ | 年末のご挨拶 »

2019年12月29日 (日)

CEDER FIELD(シダーフィールド)

新潟県産の地酒を商うだけではなく、地元の特産品とお酒をマッチングし、
活用した新商品を産み出している上越市直江津の「まいどや」さん。


今回は、柿崎産契約栽培米八反錦を55%精米した純米吟醸を、
国産赤ワインを寝かせた空樽に4ヶ月間貯蔵熟成させました。


その名も、「CEDER FIELD」(シダーフィールド)


Img_6510



ほんのり赤色と、吟醸香と赤ワインの香りが相まって、
日本酒と赤ワインを行き来するような感覚の新しく楽しい仕上がり。




Img_6511




Img_6512



和食ばかりではなく、むしろ洋食にもピッタリ!

 

Img_6513


ところで、「CEDER FIELD」は、文字どおり「杉田」!


そうです、まいどやさんのお名前です。


そうすると、以前生産・販売されていた本格焼酎ブランデー樽貯蔵「杉田」は、
どうなったのかお尋ねしたところ…


ブランデー樽が、なかなか調達出来ない等の事情で、現在は休産中なのだとか!?


CEDER FIELD」は、従来のお酒のイメージを換えてくれる日本酒、かなぁと思います。


お酒を味わう機会の多い年末年始に、是非試してみてください。



« 牡蠣蕎麦@薮蕎麦 | トップページ | 年末のご挨拶 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

ご案内」カテゴリの記事

地域の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 牡蠣蕎麦@薮蕎麦 | トップページ | 年末のご挨拶 »