« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月30日 (月)

年末のご挨拶

今年の師走は、例年以上に想定外の事柄にも翻弄され、
お世話になった方々にご挨拶する機会が限られてしまいました。


Img_6458



史上稀にみる高温の夏を引き継いだのでしょうか?
年末を迎えても雪の便りが届きません。


平野部で生活するうえでは非常に助かり、幸いですが、
スキー場等雪がなければ仕事にならないエリアは大変です。


もう1日を残すのみとなった令和元年ですが、
今年も大変お世話になりました。


来る年も、皆さまにとって良い年でありますように、
祈念致します。


2019年12月29日 (日)

CEDER FIELD(シダーフィールド)

新潟県産の地酒を商うだけではなく、地元の特産品とお酒をマッチングし、
活用した新商品を産み出している上越市直江津の「まいどや」さん。


今回は、柿崎産契約栽培米八反錦を55%精米した純米吟醸を、
国産赤ワインを寝かせた空樽に4ヶ月間貯蔵熟成させました。


その名も、「CEDER FIELD」(シダーフィールド)


Img_6510



ほんのり赤色と、吟醸香と赤ワインの香りが相まって、
日本酒と赤ワインを行き来するような感覚の新しく楽しい仕上がり。




Img_6511




Img_6512



和食ばかりではなく、むしろ洋食にもピッタリ!

 

Img_6513


ところで、「CEDER FIELD」は、文字どおり「杉田」!


そうです、まいどやさんのお名前です。


そうすると、以前生産・販売されていた本格焼酎ブランデー樽貯蔵「杉田」は、
どうなったのかお尋ねしたところ…


ブランデー樽が、なかなか調達出来ない等の事情で、現在は休産中なのだとか!?


CEDER FIELD」は、従来のお酒のイメージを換えてくれる日本酒、かなぁと思います。


お酒を味わう機会の多い年末年始に、是非試してみてください。



2019年12月28日 (土)

牡蠣蕎麦@薮蕎麦

冬の風物詩、代表する食材といえば「牡蠣」!


2月下旬にこの牡蠣を使った蕎麦を食べようとしたところ、
残念なことにシーズンオフとなっていました。



Img_6537



そのため、この冬は早めに始動!


いつもは温かい蕎麦を注文することは、稀ですが…



Img_6539



ぷりっぷりの牡蠣が、たくさん入った牡蠣蕎麦!



Img_6540



新潟市は古町の藪蕎麦さんにて。


ご馳走様でした。



 

2019年12月27日 (金)

古町ルフル@新潟市

新潟市古町の柾谷小路に面した旧大和デパート跡地。


古町周辺の活性化に向けて開発中のビルが姿を現して来ました。



Img_6541



その名も、「古町ルフル


Img_6542



延べ床面積約33,000㎡、商業施設面積約1,268㎡、地上12階建、
低層階に商業施設、中高層階にオフィスが入居する複合ビルとなる予定です。


2020年5月商業施設オープンを目指します。


2019年12月24日 (火)

Merry Xmas!

素敵な、楽しいChristmas Eveを!



Img_6449_20191224180701


 

2019年12月22日 (日)

驚きの Martin 0-18 1946

Folk Guitarを弾く人は、誰もがあまねく目指す音!?

そして、その音を代表するギターといえば、Martin Guiitar。


でも…


とかく楽器って、お値段が高い方が良い?

という一般認識がありそうですが…


いやいや、必ずしもそうとは限りません。


こちらの1946年製のMartin 0-18!

聴いてください。



 

画像を拝見する限りでは、サイズを感じさせない、半端ない響き!!


驚きです。


一般に、Martin Guitarの型式・符番は、

通常サイズのDreadnoteを表す「D」から、
サイズダウンする「000」(トリプルオー)、「00」(ダブルオー)、
そして一番サイズが小さい「0」(シングルオー)となります。


そして、使われる材やオーナメントに従い、
最上級の「45」、「35」、「28」、「18」と符番されています。


ですから、この「0-18」は、ランク的には、最下位に近いということになりますが…


このギターの鳴り、響きを聴く限りでは、上位機種を遙かにしのぐものと思われます。


このあたりが、Vintage Guitarのおもしろいところですね。


2019年12月20日 (金)

家族の時間@岩見Family

これは、なかなか素敵なアルバムです。


ジャズギタリスト岩見淳三さんとそのご家族が、「家族の時間」というアルバムをリリースされました。


アルバムの帯には、

「父のギターに、母と娘達が響き合うハーモニー」
「家族のアコースティックユニット。」
「岩見Familyデビューアルバム」

とあります。



Img_6504



もちろん以前、ご紹介したあの曲も収められています。






「家族の時間」が、羨ましい!

憎らしいほど、
とっても素敵なCDです。


とりわけ、オリジナル曲が素晴らしい。

娘さん達も、子供から大人になり、妻となり、母となり…

あらためて、母Yayoiさんの存在に「ありがとう」の感謝を込めた曲があったり…


母と子のコミカルな情景を、唄にした曲があったり、と。


こんな素晴らしいCDを造ることが出来るのは、世の中広しと言えども、岩見さん家族以外にない!

 



Img_6506


そして、家族の歌声に寄り添う岩見さんのギター、ホントに絶妙です。


ホントに憎らしいくらいに、羨ましいアルバムです。


2019年12月18日 (水)

外堀風景@東京

先週末、急に訪れた東京の外堀風景。



Img_6480



鮮やかに晴れ渡った青空の下。




Img_6479



新潟では、既に散り終えた銀杏が満開!



Img_6482



季節を同じくしていながら、気候や地域柄の違い…



Img_6481


実感させられました。



2019年12月15日 (日)

小島のり子&岩見淳三@Bar Penta

このところ酸欠気味の状態だったところ、急に思い立ち、週末の東京へ。


小島のり子さん(Fl)と岩見淳三さん(Gt)のDuoを、世田谷区経堂のライブハウスで。



Img_6465


世田谷区経堂と言えば、学生時代の友人が住む街。


20代に親しく交流しましたが、一身上の都合?で35年くらい音信不通だった友人。


それが2年ほど前、共通の友人が急逝したことを切っ掛けに、再会しました。


今回は、急な声掛けにも関わらず、快くライブに同行戴きました。



Img_6467


小島さん・岩見さんお二人でのDuoライブは、久しぶりとのことでしたが、
息の合ったアコースティック感満載のステージ!


途中、お客様のヴォーカリストさんも飛び入りで参加したりと…



Img_6473



久しぶりにゆっくりと、ライブを楽しむことが出来ました。


こちらのお店「bar Penta



Img_6461


2年ほど前に開店とのことですが、お店の造りやお酒、おつまみ等々、
なかなかの拘りを感じさせてくれるお店でした。


ギター愛好家のマスターらしく、お宝Gibsonがショーケースに飾られていました。

1963年のES-335!

なんと、Larry Carltonのサイン入り。



Img_6476



ライブが終わったら、岩見さんや小島さんと楽しもうかとオーダーした2本目のワイン。


…でしたが、ライブが終わる前に、急ピッチで空になってしまいました。(汗)



Img_6470


そして、ライブ終了後歓談していると、いつの間にか24時を廻り、
終電が気になる時間。


慌てて経堂駅に向かうと、事故があったようで電車遅延中!!


24時を廻っているのに、駅はこの人混み。

さすが東京、ですね。


Img_6477


遅れましたが、それでも乗換駅でもなんとか最終便には間に合い、
無事に皆さん家路につかれたようでした。


お疲れ様でした。



2019年12月11日 (水)

雨あがりの銀座

先週の東京、予定していた所用が早めに終わったので、地下鉄を銀座で途中下車。


北陸新幹線って、17時台には下り電車4本ありますが、
長野止まりだったり素通りされたり、いずれも上越妙高駅停車はないんですね…。


東京駅で時間を潰すのも…なので、チョット銀ブラ。



Img_6437



師走に入って、既に「ザギン」はクリスマス商戦。


日中は氷雨が降っていましたが、雨上がりの街に大勢の買い物客が!



Img_6434



たまに、都会の空気を吸うために、チョット寄り道でしたが…


それにしても、最近「新宿」には行く機会がなくなったなぁ…と。


東京駅から山手線の対面に位置するのもありますが、不思議と機会がない。


ただの独り言、でした。

 

2019年12月 8日 (日)

12月の土曜ジャズ 2019

師走となり、里に初雪の便りも前日6日に届きました。

第1土曜日7日は、12月の土曜JAZZ。



Img_6445


サブリーユの店内にもクリスマスツリーが飾り付けられ、
季節をあらためて実感します。


師走はやっぱり、いろいろなことが目白押し!


そんな中、大勢のお客様にお越し戴き、ありがとうございました。


来月はお休み、年明けは2月15日が最初の土曜JAZZ予定です。


現在のサブリーユでの、50回目の土曜JAZZとなります。


どうぞ、よろしくお願いいたします。


2019年12月 2日 (月)

上越妙高駅の駐車場風景 2019

北陸新幹線の上越妙高駅周辺の駐車場については、今までも折に触れてご案内して来ました。

今回久しぶりに利用してみると、いつもの駐車場に24時間200円の案内が!



Img_6429



こちらお隣の未舗装駐車場は、以前から200円でやっていました。


駅西口からチョット離れていますが、200円は破格?ということで、いつも満車近くの稼働。


こちらのお隣は以前は300円、それでも舗装された駐車場なので、それなりに稼働していた様子でしたが…。


Img_6431



それが、300円から200円へと破格の33%値引き!

そんなにディスカウントして、稼働率を増やせるのでしょうか?



あたりを見てみると、駅西口に一番近い駐車場が平日400円になっていました。

開業当時は、たしか500円~600円くらいの料金設定だったはず!

こちらが400円ということであれば、対抗上仕方ないのでしょうか?


新幹線開業当時、駐車場不足で問題化した上越妙高駅ですが、
最近はお客さん呼び込みの競争が、激化しているようです。


でも、一般の駐車場利用者にとっては、好ましいことなのでしょうね。


そんなこんなをキョロキョロしていると、新幹線に乗り遅れそうに…。(汗)


2019年12月 1日 (日)

ラグビー早明戦 2019

対抗戦25年ぶりの全勝対決となったラグビー「早明戦」


明治大学が36-7で早稲田大学を制し、4年ぶり17度目の優勝を果たしました。



Img_6426



戦前の予想は覆されることが多い早明戦でしたが、今年は予想どおりFWを中心に現時点で自力に優る明治に軍配があがりました。


ロスタイムに入ってからの仕掛けも、本来は早稲田が取り切らなければいけないところ、逆に攻め入られて最後の失点。


明治大学、見事な勝利!
そして、優勝おめでとうございます。



Img_6428



明治5番ロックの箸本君、東福岡高校時代から注目していましたが、今回もキーマンの活躍。

先輩で8番の斉藤裕也君を彷彿とさせていました。


また、明治キャプテンの武井君は、早稲田キャプテンだった現在の神戸製鋼フッカー有田隆平君みたいな活躍。


FW戦で劣勢に立たされると、早稲田自慢のバックス陣が、残念ながら今日は活かせませんでした。



今年度の大学選手権決勝は、新しい国立競技場で行われることがアナウンスされています。

決勝での再戦、リベンジを期待しています。



 

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »