« 10月の土曜ジャズ 2019 | トップページ | 手打ちそば菊右エ門 2019 »

2019年11月 4日 (月)

南アフリカ優勝!~ラグビーワールドカップ 2019

週末は、サブリーユにて土曜ジャズがあったため、ライブ観戦は成りませんでした。


ネットで、途中経過を気にかけながら追跡。



Img_6129



前半は予想どおり一進一退の攻防、ペナルティからの3点を積み枷ね、
拮抗した試合でした。


それが終わってみれば、イングランド12対南アフリカ32の大差となりました。


後半になって、南アフリカが圧倒的なディフェンスから、
切り返してのトライ2つが大きかった。



イングランドは、試合開始早々にプロップが脳しんとうでピッチを離れたのも誤算。


その後、スクラムやラインアウトでイングランドは劣勢となりました。



Img_6128



予選の1次リーグで、ニュージーランドに苦杯した南アフリカでしたが、
その後のチーム立て直しは見事でした。


そして、チーム初の黒人キャプテン、シャ・コリシが、
優勝のエリス杯を高々と掲げました。



191102



南アフリカ・スプリングボクスは、アパルトヘイトを乗り越えて、
1995年自国開催のWCで初優勝。

その時、キャプテン・コリシは、テレビも見ることが出来ませんでした。



今回は3度目の優勝となりますが、母国では様々な問題が色濃く残っていると言います。


旧黒人居住区で、不遇な幼少期を過ごしたというキャプテンの
「様々なバックグラウンドがあっても協力すれば、目標を達成出来る。」
というコメントが印象的。


メンバーそれぞれの多様性を認め、それを強みに換えていった。


そして、見事に目標を成し遂げ、スポーツの神髄と可能性について、
体現してくれました。




Img_6127



閉会式に優勝のエリス杯を運んだのは、前回大会優勝NZキャプテンのリッチー・マコウ!


そして、彼を運んだのはジャパンのキャプテン、リーチ・マイケル!




次のRWCは、2023年フランス大会。


すでに、来年7月のイングランドとのテストマッチ、そして11月のアイルランド、
スコットランドとの海外遠征テストマッチも発表されました。


ジャパン・ラグビーのさらなる進化が期待されます。


 

« 10月の土曜ジャズ 2019 | トップページ | 手打ちそば菊右エ門 2019 »

スポーツ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

ご案内」カテゴリの記事

折々の雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10月の土曜ジャズ 2019 | トップページ | 手打ちそば菊右エ門 2019 »