« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月30日 (土)

福田重男&布川俊樹@Ken's Cafe

柏崎市に素敵なお店がオープンします。


Ken's Cafe


誰でも利用出来るという、イベント対応カフェ。



Img_6399



ところは、柏崎市役所の北側市道沿い


正式オープンは、12月2日月曜日。



Img_6400



オープンに先駆けて、こけら落としライブが29日夜に行われました。


ライブの主役は、福田重男&布川俊樹のお二人。


お二人のDuoは、昨年5月うたげ堂以来。



Img_6405


今回は、さらにスケールアップ!


ピアノとギターのDuoというフォーマットを忘れてしまうほどの、Groove感とDrive感。


お二人の長年の信頼関係を、具現化したライブとなりました。



Img_6404


開演前のホールの様子。


さりげなくギターが置かれていますが、見ている方は若干ハラハラ、ドキドキ…。



Img_6408



ピアノの卓上には、お祝いのお花。



Img_6409



そして、満席のお客さんのホールには、お祝いの胡蝶蘭が並んでいました。


今後はこちらのホールを中心に、月例セッションやライブが行われるとのことです。


さらなる展開が、期待されます。



2019年11月29日 (金)

最賢寺の銀杏

先日、高田の南本町通りを通ったので、最賢寺の銀杏を覗いてみました。



Img_6387



紅葉のピークは過ぎてしまったようで、落葉…。



Img_6388



でも、黄金色のカーペットも、美しい!



Img_6390



11月も間もなく終わろうとしていて、画地から初雪の知らせも!


タイヤ交換、完了しました。

 

2019年11月26日 (火)

愛称が決定!

新築された上越市立上越体操場の愛称が、「ジムリーナ」に決定しました。


上越タウンジャーナルの、記事はこちらから


191125

(画像は、上越タウンジャーナルより借用)


報道によれば、「全国各地から297人591件の応募」があったとのこと。



実は、六弦奏者も応募していて、297人の1人でした。


応募した作品とその想いは、こちらです。



KURURI(くるり)


体操の持つしなやかさや軽やかさを「語感」と「ひらがな」でアピールしながら、国際的にも通用するローマ字表記をベースにします。

漢字の当て字としては「来里」とも表記することが出来て、国内外から訪れるアスリートや観客に、そして市民に「ふるさと」を感じることが出来る施設となります。



いかがでしょう?


選考の際に、考慮されたという以下の点

1.シンプルで分かりやすく言葉の響きが良い


2.呼びやすさや親しみやすさに加え、


3.体操をイメージしやすい



…より相応しいと考えるのは、手前贔屓でしょうかねぇ!?




2019年11月23日 (土)

最近は…

以前は、「Facebookなんて、絶対やらない!」なんて、
友人間では宣言していたりしましたが…


3年ほど前からは、Facebookを始めたり…


いつのまにか、Instagramにも投稿してみたり…



Img_6341



最近は、世の中にいろいろあるSNSを利用してみたりしています。


なんとなく、ですが…


最近は、FacebookやInstagramに重心が移行しつつあるのかなぁ!?


Blogをはじめ、それぞれ特徴はあるのでしょうけど、
なんとなく…


気まぐれでBlogの更新、Facebookでのつぶやき等々、
今後もぼちぼちやっていきます。

 

2019年11月21日 (木)

粋な植栽

先日、隣県の市街地で見かけた植栽です。



Img_6273



見事に「壁アート」を創り出していました。



Img_6272



なかなか、粋な剪定かと!?



 

2019年11月19日 (火)

銀杏と青空

秋は、駆け足!


昨日の青空は、夕方には時雨模様…


 
191118




銀杏も数日で、急に色づきました。




Img_6329


数日後に、風が強くなれば…


落葉


枯葉


Autumn Leaves



気忙しい日々が、いっそう秋を駆け足に!?



2019年11月18日 (月)

羽黒山五重塔

羽黒山参道の杉並木の中にあり、東北北地方では最古の塔といわれる羽黒山五重塔。




Img_6256



平将門の創建と伝えられ、現在の塔は約600年前に再建されたものといわれています。



Img_6257



高さが29mの三間五層柿葺素木造で、昭和41年には国宝に指定されました。



Img_6268



11月末まで「国宝 羽黒山五重塔特別拝観」と「羽黒三所大権現秘仏公開」が行われています。


明治以降、公に開かれた記録がなかったという「国宝 羽黒山五重塔」


仮設の階段を昇って、上から五重塔内部を覗き見ることが出来ました。


またとない大変貴重な機会でした。


 

2019年11月16日 (土)

羽黒山のスギ並木

歴史に育まれた羽黒山のスギ並木



Img_6233



Img_6234




樹齢350年から500年と言われる杉並木が、延々と続きます。



Img_6235



五重塔へ向かう途中に、樹齢1000年とも言われる爺杉(じじすぎ)



Img_6253



ひときわオーラを放つ、樹の周囲は10mの巨杉です。



Img_6252



以前は近くに、婆杉もあったそうですが、残念ながら現在はありませんでした。



 

2019年11月15日 (金)

秋の羽黒山

つい先日まで、「暑い、あつい、熱い!」と言っていたのに


いつの間にか季節は、晩秋に。



Img_6246



山々の木々も、紅葉真っ盛り。



Img_6244




自然の雄大さや美しさには、人工的な工作物はかないません。




Img_6241



良い週末を!



 

2019年11月12日 (火)

広角レンズはおもしろい!

写真を撮りながら、いつかどこかで見たデザイン!?



Img_6287



今年2月に撮ったデザインと同じですね。



Img_6288



それにしても、このスマホ付属の広角レンズはおもしろい!


同じ場所から撮っても、写真の表情がみんな異なっている。


Img_6289



広角レンズ、初めての撮影はこちらから



2019年11月10日 (日)

クラゲの水族館@加茂水族館

ひさしぶりに完全オフの週末。


北に向かってドライブ、クラゲの水族館へ。



Img_6150



日本海に面して位置する鶴岡市立加茂水族館



Img_6154



水族館の規模としては、おそらくはそれほど大きなモノではないはず。



Img_6156



順路によれば、最初は淡水魚や近くの海に生息する魚たち。



Img_6158



ある意味、見慣れた水族館の風景から…



Img_6164



クラゲの世界に入ると、景色がいっぺん!!



Img_6181



未体験ゾーンに、突入します。



Img_6187



それにしても、いろいろなクラゲがいるモノです。



Img_6191



最後の〆は、大きな丸い水槽に幻想的なシチュエーション!!



Img_6195



想像していたよりも、遙かな驚きでした。



Img_6201


ところで、水槽の中をゆらゆらと泳ぐ魚やクラゲを見て


「ホント癒やされるわ~!」


…では、なく


「新鮮で、美味しそう~!」


…って、感じるのは


チョット、不謹慎かなぁ… 


魚ではなく、肴!? (笑)



2019年11月 8日 (金)

RWC2019~スコットランド戦

ラグビーワールドカップが終わって、はや1週間。


毎週RWCのおかげで、夢のような試合を観戦出来たことに、ホントに感謝!



Img_1264



ジャパンの試合だけを振り返ってみても…



緊張の初戦、開幕戦となったロシア戦


WR開催時点では、世界1位だったアイルランド戦での勝利。


重く奔放なラグビーが持ち味、南太平洋からのサモア戦


そして、1次リーグ突破をかけた最終戦、スコットランド戦


さらには、決勝トーナメント進出となった南アフリカ戦



いずれも名勝負、好試合でしたが、1番印象深かったのは、やはりスコットランド戦でしょうか?


試合前に台風19号が日本を襲い、中止となった試合もあった中、
スコットランド戦も開催が一時危ぶまれました。


中止となれば引き分けとなり、ジャパンの決勝進出が決まるというシチュエーション。

地中の裏側、スコットランドでは「中止の是非」について激論が交わされました。


前回大会で、優勝候補南アフリカ戦に勝利したのを含めて3勝しながら、
スコットランド戦に敗れ決勝トーナメント進出出来なかったジャパン!


今回は勝って、スッキリとした形で勝ち上がりたいところ。

試合開始直前まで、排水や整備等の懸命な準備作業が続いたと言います。



そして試合は、最後の最後まで、手に汗握る熱戦。

その夢を見事に叶えてくれました。



いまだに、録画をプレイバックしても、感動で涙が溢れます。


あらためて、感動をありがとう!!

 

2019年11月 6日 (水)

手打ちそば菊右エ門 2019

知らないと、そのまま通過してしまいそうな
糸魚川市能生地区の郊外にある「手打ちそば菊右エ門」さん。



Img_6109


久しぶりにお邪魔しました。

前回は、3年前の春だったようです。



Img_6108



アンティークなたたずまいは、そのまま。



Img_6111



毎日10セット限定の「菊右エ門セット」

今回は、新そばで戴きました。



Img_6112



「お蕎麦の大盛りは、いかがされますか?」


…少し考えましたが、普通盛りで充分満足の盛りでした。



Img_6107


ご馳走様でした。 m(_ _)m

 

2019年11月 4日 (月)

南アフリカ優勝!~ラグビーワールドカップ 2019

週末は、サブリーユにて土曜ジャズがあったため、ライブ観戦は成りませんでした。


ネットで、途中経過を気にかけながら追跡。



Img_6129



前半は予想どおり一進一退の攻防、ペナルティからの3点を積み枷ね、
拮抗した試合でした。


それが終わってみれば、イングランド12対南アフリカ32の大差となりました。


後半になって、南アフリカが圧倒的なディフェンスから、
切り返してのトライ2つが大きかった。



イングランドは、試合開始早々にプロップが脳しんとうでピッチを離れたのも誤算。


その後、スクラムやラインアウトでイングランドは劣勢となりました。



Img_6128



予選の1次リーグで、ニュージーランドに苦杯した南アフリカでしたが、
その後のチーム立て直しは見事でした。


そして、チーム初の黒人キャプテン、シャ・コリシが、
優勝のエリス杯を高々と掲げました。



191102



南アフリカ・スプリングボクスは、アパルトヘイトを乗り越えて、
1995年自国開催のWCで初優勝。

その時、キャプテン・コリシは、テレビも見ることが出来ませんでした。



今回は3度目の優勝となりますが、母国では様々な問題が色濃く残っていると言います。


旧黒人居住区で、不遇な幼少期を過ごしたというキャプテンの
「様々なバックグラウンドがあっても協力すれば、目標を達成出来る。」
というコメントが印象的。


メンバーそれぞれの多様性を認め、それを強みに換えていった。


そして、見事に目標を成し遂げ、スポーツの神髄と可能性について、
体現してくれました。




Img_6127



閉会式に優勝のエリス杯を運んだのは、前回大会優勝NZキャプテンのリッチー・マコウ!


そして、彼を運んだのはジャパンのキャプテン、リーチ・マイケル!




次のRWCは、2023年フランス大会。


すでに、来年7月のイングランドとのテストマッチ、そして11月のアイルランド、
スコットランドとの海外遠征テストマッチも発表されました。


ジャパン・ラグビーのさらなる進化が期待されます。


 

2019年11月 3日 (日)

10月の土曜ジャズ 2019

ラグビーワールドカップ決勝戦が行われた2日土曜日は、今月の土曜ジャズ。


3連休の初日、しかも小春日和、行楽日和の週末でした。




Img_6124



先月は、岩見さんライブもあり、お休みした土曜ジャズは2ヶ月ぶり。


今月は、アルトさんに忙しいところを無理言って加わって戴きました。


前半はトリオで、後半にアルトさんが入ると、景色・雰囲気が一変!!


見事な彩りを加えて戴きました。

ありがとうございました。


昨年の10月以来のゲストさん、年に一度はお願いしたいなぁ。




来月の土曜ジャズは、12月7日第1土曜日、トリオ予定です。


どうぞ、よろしくお願いいたします。




その後、夜遅くに帰宅すると、近隣者の訃報が届き、
今朝は早くからあたふたと…。


RWCの話題は、またあらためて。



« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »