« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月31日 (水)

夏枯れ!?

今年は、梅雨明けが遅かったためか?


暑い毎日を過ごしながらも、今ひとつ「夏」を実感することがない。



Img_5375



でも、周囲の子供たちは夏休みに入り、祇園祭も終わり、
カレンダーを見ると、もう既に7月も最終日。


明日からは、なんと8月です!!


以前ご紹介しました「蔦の壁画」も、暑さで夏枯れ!?


名馬ディープインパクトが亡くなったというニュースもありましたが、
人間は暑さや加齢に負けずに夏を乗り切りたいところです。


 

2019年7月28日 (日)

7月の土曜ジャズ 2019

台風6号の影響から、この日27日土曜日の気温は急上昇!


全国の最高気温ベスト10に、県内5地点がランクイン。


胎内市中条が37.2度で全国1位、次いで上越市高田が36.2度で第2位、サブリーユのある上越市大潟区が35.5度で第6位でした。




Img_5347



今月は梅雨も明け、夏が本格化ということでBossa novaを3曲ほど選曲。


先日亡くなったBossa novaの父、ジョアン・ジルベルト追悼の意味も込めました。


リハーサルを1時間ほどかけて、入念?に行ったためか?
演奏が進むに連れて次第にガス欠気味に…。



このところ長い時間ギターを弾く機会もなく、練習不足が否めない状況。

でも、久しぶりに楽しい時間を過ごすことが出来ました。




来月は17日の第3土曜日に予定しています。

少しでも環境改善に努めたいと思いますので、お時間都合つきましたらおつきあいください。



2019年7月27日 (土)

Amazonプライム会員

先日、更新されたクレジットカードが手元に届き、

「へぇ~!次は7年後かぁ!?」



なんて、単純に関心していましたが…



それに伴い?Amazonからプライム会員更新手続の案内メールが届きました。




Img_5345



何気なく、クレジットカードの有効期間を更新したところ、

「プライム会費月々500円」の記載!!




Amazonご利用の方はご存知と思いますが、プライム会員ってお急ぎ便が即日無料だとか、ビデオや音楽配信の特典がある会員資格です。


でも、入会した記憶がありません。




調べたところ、2ヶ月ほど前から請求され、クレジットから引き落とされていました。


なにか商品を購入した際に、間違って「ポチッ」としてしまったのでしょうか??




あらためてネット検索してみると…



どうやら「プライム会員無料体験期間」があって、期間終了後は何の案内や告知もなく、有料会員に自動更新される仕組みのようです。


自分で退会手続をしないと、そのまま契約更新に!!




それにしても、退会手続も心理的なプレッシャー満載。



何度も何度も「ホントに解約しても良いですか?」

もう少し先に「再検討しませんか?」

…的なメッセージをクリアして、

「えいっ!」と実行キーを確定しなければいけません。




なんだか、新手の不思議なネット詐欺に遭遇している感。(あくまで個人的感想です。)



同じ様に入会手続した記憶が無い、あるいは会員特典を利用していないのに、会費が引き落とされている方、けっこう多いようです。


皆さんも一度、ご確認戴いた方がよろしいかなと。



2019年7月25日 (木)

中古CDに再会?!

先日手に入れたCDを、iTunesに取り込もうとすると…




Img_5338



「既に同じ曲目がリストにあります!」の警告メッセージが!



「ん!?」



「ひょっとしたら…」




Img_5343




今年春に手放した業者作成のCDリストに、しっかりと記録されていました。



通常下取り価格50円にキャンペーン期間割増10円が加わり、60円で手放したCDを…



700円はお買い得!



…と思って、再びGet!!



また、やってしまった!! (^^;)



ひょっとしたら、自分が手放したCDそのものだったりして…。


笑い話にしかならないなぁ。



 

2019年7月23日 (火)

東京の夜

今年の7月は、なんだか気忙しい毎日。



Img_5324



週明け早々、東京へ。



Img_5325



日中のミッション完了し、東京駅。


高層ビルの夜景が、けっこうフォトジェニック!!



Img_5330



丸の内界隈、大手町。



Img_5332



ビルの灯りと、木々のコントラストが印象的。



Img_5333



小雨模様でしたが、傘をさすほどでもなく、一安心。



Img_5334




辿り着いたホテルからの、首都高速道路の夜景。



Img_5337



今回の東京夜は税込6,800円、お得感満点でした。



2019年7月18日 (木)

姫川橋~一般県道姫川港・青海線

糸魚川市の姫川に架かる橋と言えば、国道8号線の「姫川大橋


ふだんは、姫川大橋を利用するのが、一般的ですね。



Img_5047




ところが先日、旧青海町の須沢エリアから糸魚川方面へ行こうとしたところ、ナビに「姫川橋」を案内されました。




Img_5046



一般県道姫川港・青海線というようですが、初めて利用しました。


総重量4トン以上は、渡れません。



Img_5045



そして、すれ違いも不案内だと、心配なくらいの幅ですが、一般県道に指定されています。


姫川河口付近、一番日本海に近い橋です。


機会がありましたら、ぜひどうぞ。


 

2019年7月15日 (月)

海の日の鶴越ライブ 2019

巷では、一般的に三連休。


そして、新潟市ではJazzStreetが土日開催され、皆さんの楽しげな様子を横目に、土日月と三連勤…。 (^^;)




Img_5302




そんな三連勤の最終日、お声かけ戴き鶴越ライブへ。




Img_5304



開演前には、鶴越の大将を脱サラさせ「讃岐うどん」の世界へ導いたという、大将の先輩が兵庫から来越!



Img_5305



肝心のライブ、ふだんは別々に活動しているというSachikoさん、イノトモさん。


来越は5回目?というSachikoさんにあわせて、鶴越の噂を聞き付けたイノトモさんがジョイントライブ。



Img_5307




お二人ともに、それぞれ独自の世界を、見事にプレゼントしてくれました。



「4畳半」フォークソングは苦手ですが、こういったテイストは結構好きです。



三連勤の最後に、心洗われる音楽を楽しむことが出来ました。



ありがとうございました。 m(_ _)m




2019年7月14日 (日)

坂本九さん~六八九トリオ

先日、BSで放送された「坂本九」さんの特集番組。


たまたま、知人から案内があり、録画で拝見しました。




Img_5298



番組では、幼い頃からのエピソードや、永六輔さん、中村八大さんとの出逢い、


そして奥様となる柏木由紀子さんとの仲を取り持った勝呂誉さんの知られざるエピソード。


Img_5300



やっぱり、稀有なエンターテイナーだったんですね。


お元気であれば、現在は70代後半。


惜しい方を、不慮の事故で亡くしました。




そして、六輔さん、八大さん、九さん、今では皆さん鬼籍に入られました。


きっと、三人で新しいスタンダードを創作していることでしょう。



あらためて、合掌。


2019年7月11日 (木)

のび太パン@うどんの鶴越

このところ、昼の会、夜の会、その他諸々…と、目まぐるしく


曜日の感覚が少々麻痺気味!?


火曜日なので鶴越休業日かと思いきや、本町通のイレブンプラザ前を通ると、営業中!!


そうだ、今日は水曜日だった! (笑)



さっそく定番の、「ぶっかけ冷や大盛り」に「三陸産わかめ」と「ゴボウ天かき揚げ」さらに本日は「愛媛のじゃこ天」もプラス。




Img_5283



「鶴越」といえば「讃岐うどん」、「うどん」と言えば「鶴越」なのですが、


ハンドメイドで、お店のテーブルや椅子、オーディオ機器の接続・調整、さらには頭巾の縫製まで、なんでも一人でこなしてしまう大将。


今度はパンの製造・販売にもチャレンジ!?




Img_5229



茹でてから時間が経過し、商品提供出来なくなった「うどん」を原材料に「のび太パン」の製造です。


以前は店頭に「ご自由にお持ち帰りください」と表示され提供されていましたが、それでも充分に美味しかったのですが。



こちらのショーケースも、もちろん大将のハンドメイド。


昨日のお昼には、残念ながら商品の陳列はありませんでしたが、先週末夜にお邪魔したときにはラッキーなことに「のび太パン」ゲット!




Img_5231



…ですが、その後に立ち寄ったJamSand会場、JazzSwing。


お久しぶりのご挨拶に「のび太パン」をプレゼントしてしまったので、未だ食しておりません…。



Img_5232



お客様の中には、「うどん」を食べずに「パン」だけをお求めに来店される方もありました。


ただの噂ではなく、先週末この目で確認しました。(笑)


うどんの本場である関西方面では、「鶴越が本業を転換??」との噂も交錯しているのだとか!?


見た目は小ぶりな丸いパンですが、食パンで言うと半圻分に相当するのだとか!?


お値段は、たしか150円。


以前には、試作のパンやシフォンケーキを賞味する機会にも恵まれました。


職人のこだわりが詰まった、なかなかレアなパン。


見かけたら、すかさずゲットがお勧めです。


 

2019年7月 8日 (月)

サブリーユでコラボ

今宵は、いつも土曜JAZZでお世話になっています上越市大潟区サブリーユさんへ。


独自のイベント企画にお誘い戴きました。



Img_5263



見事なアイス・カービングがお出迎え!



Img_5264



柿崎区黒岩で烏骨鶏や山羊を飼って、こだわりの農業を営んでいるスペイン人のエミリオさん。


そして、同じく地元柿崎区で和食の民宿・割烹を営んでいる「わすけ」さん。


三者連携してのコラボレーション企画でした。



Img_5267



まずは、お料理のレクチャーを訊きながら…


今宵のメニューは、こちら!



Img_5271



烏骨鶏の卵って、初めて実物を見ましたが、ピンポン玉のように小さい!!


茶色の卵は、普通サイズです。



Img_5269




まずは、「アミューズ」


エミリオさんの烏骨鶏卵の出汁巻き卵、カリフラワーのピュレ、フレッシュな桃のソース。




Img_5268




前菜


エミリオさんの山羊乳と上越産とうもろこしのブランマンジェ、烏骨鶏の出汁のジュレ、パプリカのソルベ




Img_5270



スープ


エミリオさんのきゅうり、ピーマン、コリアンダーを使った緑のガスパチョ、スイカ添え、クミン風味。




Img_5272




魚料理(「わすけ」さん)


サザエの肝和え、エミリオさんのラディッシュ添え




Img_5273



そしてサザエには、やっぱり日本酒でしょ!?



Img_5274




メインディッシュ肉料理も、お出まし!!


くびき和牛のココナッツミルク煮込みスパイス風味、エミリオさんの茄子のペーストとビーツのクーリとともに。




Img_5275



そして、デザート。


エミリオさんの烏骨鶏卵を贅沢に使った山羊乳プリン、山羊乳のソルベ添え。



只者ではない!



Img_5276




オーナーシェフは、緊張で眠れないほどの夜を過ごし、厨房では過呼吸にまで陥ったようですが、お客サイドとしては充分に楽しい企画でした。


短期間で日本語を習得し、地域にも溶け込んでいるエミリオさんにも、今後とも声援を送りたいと思います。


関係者の皆さま、お疲れ様でした。


ご馳走様でした。 


2019年7月 7日 (日)

七夕

本日は7月7日、七夕!


なのですが、1週間前に飾り付けした七夕飾りを、今朝は早朝から片付け作業。



Img_5234



保育園のこどもたちの短冊は、かわいいものばかり。



Img_5238



まとめて積み込み…



Img_5235



いったん、山に返します。


小正月の賽の神まで、お休みください。



Img_5239



本日の町内会ミッション、その1完了です。


曜日の都合とはいえ、七夕の夜を迎える前に片付けられる短冊やお飾り…。


なんとも、風情を欠いていますよねぇ。



 

2019年7月 5日 (金)

Thomastik Infeld ~ギター弦

ギターによって、弦との相性もいろいろあって、いろいろ試しています。


こちらは、Thomastikという同じメーカーのギター弦。



Img_5226



一見すると、同じギター弦に見えますが…


実は、左手は1弦が0.11から始まるフラット・ワウンド弦で、右手は1弦が0.12から始まるラウンド・ワウンド弦。


店頭でみたら、間違って購入してしまいそうです。


 

2019年7月 3日 (水)

みんなラーメンが好き!?

呑んだあとの「〆のラーメン」といわれますが、この日は前の日に呑んだので、お昼にラーメン。


とあるお店に入ったのは、午前11時半過ぎでした。


正午近くとはいえ、お客さんは次から次へと「ごらいて~ん!!」


文字どおり、老若男女「ごらいて~ん!!」


皆さん、ラーメンがお好きなんですねぇ!!



Img_5217



この日の選択は、「五目ラーメン」(肉抜き)でした。


…が、盛りだくさんの野菜を囲んだスープに、今ひとつコクがない!


やっぱり、肉抜きのせいでしょうか??


肉が苦手と言っておきながら、ナントまぁ我が儘な話です。



 

2019年7月 1日 (月)

石原信雄さん

昨日まで、6月の日経新聞「私の履歴書」は、元内閣副官房長官石原信雄さん。


自民党の竹下内閣から政権交代後の村山内閣まで7つの内閣で副官房長官を務めた方。


1995年(平成7年)には、都知事選に出馬するも青島幸男氏に惜敗。


当時は、いかにも官僚然としていて、印象的には誠に芳しくありませんでした。


Img_5200



しかしながら、官房副長官退任後、首相官邸の外から「政と官」をみて20年あまり。


連載の最後を「行政の公平・中立 堅持を」、そして「政治の劣化 国民的議論の時」と総括しました。



「2014年から政治主導のなのものとで、官邸が各省幹部の人事権を握っている。」


「有力政治家に忖度して、行政の公平性・中立性が冒されるのは民主主義の後退で、危険なこと。」


「法治国家は、法の下の平等が原則。」


「支持政党や思想にかかわらず、同じ要件の人が行政から受ける恩恵に差があってはならない。」


「政と官がよい緊張感を持った令和の時代の国造りに期待したい。」



現在の政治家に、そして官僚の後輩に、この箴言はどのように届くのでしょうか?



« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »