« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月30日 (日)

Bill Evans ~ Time Rememberd

まさに、My Favourite Jazz Pianist!


Bill Evans(ビル・エヴァンス)の生涯を綴ったドキュメンタリー映画



Img_5197



51歳で亡くなった1980年9月15日、不思議と年月日まで記憶している。


おそらく自分自身にとっても、人生の節目の年だったからかな!?


そして、今回の映画で知ったのは、ずいぶんと若い頃から麻薬に手を染めていたこと。


一説には大学卒業後、好まざる2年間の兵役に招集され、その頃に悪癖が始まったという。




Img_5198



エヴァンスといい、夭逝した天才ベーシスト、スコット・ラファロといい、明けても暮れても「練習」していたらしい。


易きに流されやすいアマチュアミュージシャンには、「耳の痛い話」ではあります。


エヴァンス本人の肉声を交えて、時系列的に美しい情景とともに、リリカルでエレガントなエヴァンスのピアノを聴くことが出来ます。


そして、My Favourit Jazz GuitaristでもあるJim Hall氏の生前のインタビューも聴くことが出来ます。


高田世界館で、7月12日(金)まで。


ジャズに興味がある人はもちろん、関心がチョットでもある方も、ぜひ!!



2019年6月29日 (土)

有料駐車場@東京都心


先日のこと、東京都港区で見かけた駐車場案内。



Img_5133



東京の都心としては、30分で400円、1日最大3,400円という料金設定は、おそらくそれほど高くはない!?


でも、地方から上京すると、その水準に驚かされますね。


これだから、楽器を車で運搬しなければいけないミュージシャンは、死活問題になってしまう!!

この問題の深刻さが理解出来ます。



ところで、


北陸新幹線上越妙高駅前には、1日最大200円という駐車場もあるのですが…。


 

2019年6月27日 (木)

雑司が谷@東京メトロ

最近の東京の地下鉄は、新しい路線が増えたり、新駅が出来たりと、もはやスマホのアプリなしには乗車出来ない。


先日初めて、地下鉄「副都心線」を利用したところ、懐かしい「雑司が谷」の駅名が!!



Img_5132



豊島区雑司が谷は、山手線内側にあり、最寄駅はJRで言えば、池袋や目白となりますが、徒歩では約20分くらいはかかるため、ふだんは地下鉄有楽町線護国寺駅を利用していました。


それでも、都心にありながら、鬼子母神や雑司が谷霊園にも近く、下町風情を感じる街でした。


それが今、地下鉄の駅が出来ているんですねぇ!


隔世の感、です。


 

2019年6月25日 (火)

品位・品格、モラルの低下!?

先日、とある公衆トイレで見かけた注意告知の張り紙。


ここまで言わないといけない世の中になったんですね。



禁止



自分だと判らなければ、何をしても許される!?

そんな感覚が、匿名のネット社会が増幅させているのかも知れません。



一方、昨日の国会での演説。



問責決議案に対する反対討論で、「愚か者の所業」、「恥を知りなさい」と声高に演説した元女優の国会議員がいたのだとか。


演説を再生してみると、「感謝しろ!」、「恩を感じろ!」と、たしかに新興宗教の信者か彼の国の広報担当者の演説のよう!


いくら自分の考えとは違う勢力に対する言葉とはいえ、議員としての品格はどこにいった?


ひょっとしたら女優に戻って、彼の国の広報担当を演じていたのかも!?



ヘイトスピーチ、罵詈雑言、創造性のない所業には、人々はついていかない。



2019年6月24日 (月)

高速道路で足止め!?

先日のこと、北陸自動車道を長岡市へ向かっていたところ、ナビに交通事故発生の情報が!


刈羽PA手前で、車が次々に停車。


高速道路上で、足止めされてしまいました。



Img_5178



当初の予定は、30分ほど早く到着するため、途中で時間をつぶそうか??


…なんて、考えていましたが、


止まったら、なかなか動かない。


車はドンドン増えて来る。



ようやく動き出した先で、目にしたのは…


大破した乗用車、そしてタイヤがスタビライザーごと車体から離脱していました。


運転席付近は目隠しされていて、人が乗っているのか?いないのか?不明な状態でしたが、翌日の新聞を見ても事故の報道は見当たらなかったので、この程度の事故は日常茶飯事だということでしょうか?


単独事故のようでしたが、大事に至らず幸いです。


皆様、安全運転を!


 

2019年6月22日 (土)

中根賢隆&直居隆雄DUO@モンゴメリーランド

現役のジャズギタリストとしては、既に大ベテランのおひとり、直居隆雄さん。


そして、そのお弟子さんである中根賢隆さんとのDUO。



Img_5129



この日は、八芳園でのミッション前乗りで、およそ1ヶ月ぶりの池袋モンゴメリーランド。



Img_5125



直居さん、引出の多さそして多彩な技巧、さすがの演奏です。

曲間のエピソードや曲の解説も、興味深く。



そして中根さんは、セロニアス・モンクやリー・コニッツをこよなく愛するという、学究肌のストラト使い。



Img_5127



昨年、高円寺でのAG22ライブでご一緒したSNSの友人にも再会等、
楽しい時間を過ごすことが出来ました。



閑話休題



ライブ終了後、電車に乗っての帰路、首都圏の親族から「地震大丈夫!?」との連絡。


「今、電車には揺られてはいるけど…」



最初、震度6強と聞いた時には驚きましたが、大きな人身被害はない様子で、
胸をなで下ろしたところでした。



それでも、その後村上市の瀬波温泉では、宿泊キャンセルが続いているそうです。

余震を恐れる気持ちはわかりますが、今は日本海に沈む夕日が一段と美しい季節。

観光と温泉、楽しんで欲しいですね。


 

2019年6月21日 (金)

赤坂セッション@Virtuoso

以前からSNSでは、興味深い存在だったライブハウス、東京赤坂のVirtuoso


お仕事のミッションを無事に完了し、懇親会後に向かってみました。



Img_5164



20時半過ぎに到着すると、既にファーストセッションは終了した様子。


セカンド最初にご指名戴き、ドリンクの間もなく、すぐにギター弾くことに! (汗)



Img_5169



こちらのお店の凄いところは、酔客が手ぶらで来店しても、お店備付のギターやアンプを利用出来ること。


おまけに、この日のセッションホストは、若いベースとドラムスのお二人。


プロ・ミュージシャンの卵らしく、流石な演奏、そして伴奏でした。



Img_5173



セッションの途中、オーナーでギタリストでもある矢掘孝一さんが、
Guitar Effectorのオークションを始めたり…

自らギターを手にしたり…と。



Img_5174



セッション終了後には、常連さんがギターDUO!


これまた、美しく素晴らしい演奏で。


さすがはお江戸、東京は都だなぁ、と実感!




Img_5175



新潟からはるばる、という感じもあったのでしょうけれど、
お店スタッフはもちろん、お客様にもとても親切にフレンドリーに対応して戴きました。


楽しい時間をありがとうございました。

都会のジャズ愛好家は、こんな環境で日々切磋琢磨しているんですねぇ!

上手くなるわけ、妙に納得した夜でした。




2019年6月20日 (木)

今年は晴れた八芳園

梅雨時のこの季節、昨年は雨模様だった東京白金台の八芳園



Img_5137



今年は、晴れて蒸し暑いくらいのお天気でした。




Img_5139



園内の緑も、色濃く



Img_5145



Img_5141


都心にいることを忘れそうな…


Img_5144


インバウンドの団体さんも園内を散策していました。


Img_5143



昨年以上に、予期せぬ出来事もありましたが、無事にミッション完了しました。



 

2019年6月18日 (火)

布袋寅泰さん

先日、たまたま録画してあった番組をプレイバック。


ギタリストの布袋寅泰さんの特集番組だった。



Img_3103



布袋さんと言えば、その筋の方々には、ある意味神格化された存在。


そして、女優でもあり、ヴォーカリストでもある今井美樹さんの配偶者。


彼女の曲やCDでの作曲や伴奏でもお馴染み。



Img_3104


格好いいコード・カッティングやリフ、そして驚異的な身体の柔軟性を活かしたアクロバティックな演奏等、とっても楽しめる番組でした。


それにしても、ギターをこんなに低くぶら下げて、良く弾けるものだなぁ!(驚) 


 

2019年6月16日 (日)

6月の土曜ジャズ 2019

柏崎市では「えんま市」や上越市では「バル街」、そして県内の各種ライブハウスではセッション等、イベント目白押しの週末。


大潟区のサブリーユでは、6月の土曜JAZZ。


今月は、女性ヴォーカリストをゲストに迎え、いつも以上に華やかに。



Img_5114



事前のリハーサルなしは、毎月のこととは言え、ヴォーカルにあわせて転調した曲や馴染みのないスタンダード曲等々、不安の種は尽きませんでした。


でも、そこはさすが芸達者な出演者の皆さん。


見事にお客様と一緒に、楽しい時間を共有することが出来ました。



Img_5115



女性ヴォーカルさんと、この土曜JAZZでご一緒するのは、一昨年暮れ以来。


やはり、インストメンタルだけでJAZZをお届けするのとは違い、ライブステージがいつも以上に華やかに、そして彩りが格段に、ホント見事です。


願わくば、同じユニットを、さらにもう一度。

また、遠くないうちに、実現出来たら良いなぁと思います。



7月の土曜JAZZは、月末第4土曜日の27日予定です。

どうぞ、よろしくお願いいたします。



 

2019年6月13日 (木)

6月うたげ堂セッション 2019

毎月第2水曜日の夜開催される、うたげ堂セッション。


今月は、遠く長野市や南魚沼市等、近隣のみならず各地から集まり、
賑やかなセッションとなりました。

 

Img_3094



うたげ堂セッションのホストは、MINTメンバーとばかり思っていましたが、
そうではないと直前に知った今回のセッション。


これだけ集まったので、各パート複数名居そうでしたが、ベースはお一人のみ!


休憩なしで、大変そう!!



Img_3095



でも、ジャズばかりではなく、幅広いジャンルの愛好家が集い、
それに対応出来るのは、やはりMINTメンバーが中心に運営しているから!


皆さん安心して、「舟に乗れる」んでしょうね。


ふだん、なかなか聴くことがない、マニアックな選曲もあり、
それに向かう対応や展開も楽しみです。



そう言えば…


アンジーのメンバーにも、うたげ堂セッションでしか会わないのですが、
活動はどうしちゃったんでしょうね?


でもまぁ、欲張ってみても、秋の音市場も予定が重なり、
今年も参加出来そうにないしなぁ…。



平日の夜、だから遭遇出来る人もたくさんいて、貴重な機会です。


ありがとうございました。


2019年6月11日 (火)

不都合な真実

忖度して隠蔽、改竄、失念等不祥事が続いていた中で、
ようやくホントのことを報告しようと思ったら、
意に沿わない報告書は受け取れないという。


それじゃぁ、また隠蔽、改竄が続くことになってしまう。


金融庁「人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書」



Img_4937



「老後の蓄え2000万必要」問題。



この問題が「不正確で誤解を与える」というのであれば、
キチンと必要な説明をわかりやすくしなければならないはず。


ちなみに…


65歳時点で2000万円を貯めるために
毎月必要な積立額(運用なしの純粋貯蓄額)


20歳  3万7000円
25歳  4万1700円
30歳  4万7700円
35歳  5万5600円
40歳  6万6700円
45歳  8万3400円
50歳 11万1200円
55歳 16万7000円


…ということで

かなり、難易度は高い。


過去5年間で、金融市場は為替円安、株式相場は大幅な値上がりとなり、
景気回復の象徴とされました。


…が、そのカラクリはあるわけで



長期の安全・安定的・慎重な運用を目指す視点から、
株式等のリスク資産への配分は制限されていたものを、
ポートフォリオの制限枠を2倍以上に大幅緩和。


国民の莫大な年金、大切な積立金を、大量に株式市場につぎ込んだから、
値が上がって当然。


小さなプールに巨大な鯨が解き放たれたという揶揄が、
当時GPIFに寄せられていました。



そして、ひとたび風向きが変われば、株価変動で大きな運用損失を招き、
2018年第3四半期には15兆円が消えたと公表されています。



今回の自助努力を促す問題提起は、この運用損失問題も
当然絡んでいるはずです。


ただでさえ、少子高齢化で年金財政が厳しいおり、
この問題に蓋をして先送りするわけには行きません。


誰もがうすうす感じていた、知りたくない「不都合な真実」


先送りしたところで運用が改善するわけでも、支給額が増えるわけでもない。


誰にも関係する(実は一部の人には無関係?)話なので、腹をくくる必要がありますね。


2019年6月 8日 (土)

梅雨入り、妙高高原、ワインの夜

真夏日のような日が続いていたかと思うと…


週末は一転、空は雨雲に覆われて、ついに梅雨入り。



Img_5070



妙高高原いもり池周辺は、夕方には気温15度くらい。


肌寒さを感じるくらいでした。



Img_5071



昨年は訪れる機会がなかった、ペンションムーミンパパ。


地元産の野菜や山菜、魚や肉とともに、友人持参のヴィンテージワイン。



Img_5073


美味しい時間と楽しいひとときを、ありがとうございました。



2019年6月 6日 (木)

有間川フィッシャリーナ

上越市の南西端、有間川漁港に面して、この施設はあります。



Img_5067



外観は、とっても個性的なデザイン。


壁や窓ガラスが、みんな斜めに傾いています。




Img_5061



施設に入って、まず管理人さんに尋ねてみました。


「この施設は、いったい何ですか??」



Img_5060



その回答は…


「休憩施設です。」



Img_5048



以前、六弦文録でも紹介しました「たにはま公園」造成に伴って
切り出された木材を利用して造られた施設とのこと。



Img_5055



太く立派な木材が、ふんだんに利用されていました。


でも、デザイン・造作が独創的なため、日常の管理が非常に行いづらいそうです。




冬期間は午前中のみの開放ですが、現在は日中であれば自由に利用出来ます。


機会がありましたら、ぜひどうぞ。

 

2019年6月 4日 (火)

3弦のプレーン弦と巻弦

いつもはギターにフラットワウンド弦を利用していますが、
今回ふと思い立ち同じメーカーのラウンド弦を試してみました。



Img_5025



弦のゲージはほぼ同じですが、ラウンド弦セットは3弦がプレーン弦でした。


交換したところ、やたらと3弦のボリュームが大きい!



ピックアップのポールピースを一廻り半くらい低くしたのですが、
どうもシックリ来ません。



仕方なく、手元にあった別メーカーの3弦巻弦に交換しました。



その結果…


…落ち着きました。



プレーン弦とラウンド弦で、こんなにも違うものかなぁ、と。

 

2019年6月 1日 (土)

2枚のCD、DVD…

先日のライブで入手したCD、取りあえずiTunesに取り込もうかとパソコンに。



Img_5026




ところが、ガチャガチャと大きな音がして、ディスクを認識してくれません。


おかしいなぁ…



別なステレオでは、チャンと再生出来たんだけど…





そこで、久しぶりにアンプに電源を入れて、CDプレーヤーに!


ところが、やはり大きなガチャガチャと音がして


「no disc」の表示が!!




Img_5023



おかしいなぁ…と、思い


ディスクを取り出してみたところ…


ナント!!



CDと重なってDVDが、ぱらり…と。





以前、パソコンで視聴したDVDが入ったまま、でした。


以前、年配の叔父がパソコンの失敗談として、同様な体験を笑い話にしていました。


だんだんとこの手の笑い話が増えて来るのかなぁ…。(汗)


« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »