« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月30日 (火)

松之山温泉

お正月以来の松之山温泉

日本三大薬湯のひとつです。



Img_4859



今回は少し足を延ばして、温泉街の外れまで行ってみました。



Img_4861



途中の山腹には、残雪を背景に桜も見られました。



Img_4860



松之山温泉「鷹の湯」の由来です。



Img_4864



日帰り温泉を楽しめる公共の「鷹の湯

大勢の人が訪れていました。



Img_4865



温泉街には、結構近代的なホテルや飲食店舗も見られます。



Img_4858



こちらは旅館甲子園で優勝し、最近話題の「酒の宿 玉城屋」さん。



Img_4857



日帰り温泉でも楽しめる松之山温泉ですが、
一度はゆっくりと泊まりを楽しみたいものですね。



 

2019年4月29日 (月)

そばとジャズの店 滝見屋

松之山温泉街の入口付近にあります「そばとジャズの店 滝見屋」さん。


公営駐車場に車を駐めて、約100m温泉街へ進みます。



Img_4849



さっそく、ホレス・シルバーのBLUE NOTE盤がお出迎え!



Img_4850



玄関先は、一見ふつうのお蕎麦やさん。


ですが、レトロな郵便ポストがお出迎え!



Img_4851




この日は、春先限定の山菜天麩羅蕎麦を!



Img_4852



前日は、雪で一面真っ白になった中、ご苦労されて採取されたという
山菜をたっぷりと戴きました。



Img_4853



店内は、さながらジャズ喫茶の趣き!


この日は、ビル・エバンスがかかっていました。



Img_4854



JBL4344のスピーカーは撮り損ねましたが、雰囲気は伝わるはず。



Img_4856



気さくな女将さんと世間話をしながら、楽しい時間を過ごしました。


ご馳走様でした。




 

2019年4月28日 (日)

砂岩泥岩互層

フォッサマグナの糸魚川市、こんな地層も見られます。



190424b-2



ところは、国道8号線から枝垂れ桜の徳合集落に向かう地点。


 
190424b-3



言われないと、気がつかずに車で通り過ぎてしまいそう…。



190424b-4



この説明看板によれば、大地震がつくった地層とのこと。



190424b-1



県道沿いの目にとまる地点に、こんな珍しい地層が見られるんですね。



190424b-7

2019年4月27日 (土)

蔦の壁画

真冬に逆戻りしたような気温一桁の中、大型連休がスタート!


桜の季節に次いで、新緑の季節になりました。



Img_4827



秋には枯葉アートを見せてくれた、蔦の壁画も緑の衣装をまといました。




Img_4060



世の中、10連休と言いますが、皆さんどのようにお過ごしでしょう?


「平成最後の…」という冠言葉から、やがて「令和最初の…」というイベントが続くのでしょう。


事故や怪我なく、お過ごしくださいませ。


 

2019年4月26日 (金)

さくらの湯@弥彦温泉

3年ほど前、弥彦神社へ向かう時、田んぼの真ん中に、
たくさんの車が駐まっている日帰り温泉がありました。



Img_4709



それが、こちらの弥彦温泉「さくらの湯



Img_4710



入館料は、大人1,000円とやや高めですが、タオル・バスタオル・館内着がつきます。

さらに500円のオプションで、岩盤浴が楽しめます。

これが、なかなか乙なモノ!

専用着を着て、何度も楽しめます。


人気の日帰り温泉という意味が、よ~くわかります。



Img_4705



弥彦神社、参拝のついでにいかがでしょう?


もう少し上越に近いスポットだと、ホントに有り難いところですが。


 

2019年4月24日 (水)

枝垂れ桜@糸魚川市徳合

機会があったら一度、見たかった糸魚川市は徳合の枝垂れ桜。


この日急遽予定が変更になり、時間が出来たのでチョット寄り道。



190424b-8
 


ところが、この日はスマホを忘れて不携帯!!


仕方なく、手元のデジカメを利用しました。



190424b-13
 



おまけに、事前の準備もないまま徳合を訪れたため、
山間の県道沿いを道なりに上って…



190424b-9
 


道路沿いにあったであろう「幟旗」もすでに見られず…



190424b-11

 

でも、桜の満開はピークを過ぎてはいましたが、
見事な枝垂れ桜を観賞することが出来ました。



2019年4月22日 (月)

博多@中州

熊本へ向かう前に、九州上陸し博多へ。



Img_4754



そして、博多といえば中州でしょうか?


Img_4747



レトロな雰囲気を醸し出している映画館もありました。



Img_4746



通常は、ここで「もつ鍋」や「水炊き」あるいは「焼き鳥」あたりが
定番なのでしょうけれど、今回は魚貝類のおさしみ!


「生鯖」が珍しい新鮮な味でした。



Img_4749



そして、ふだんは決してやらない「〆のラーメン」



Img_4750



驚いたことに、「麺のかたさ」が6種類も!



Img_4752



博多駅前では大きな広告塔つきの工事が行われていました。



Img_4753

 

2019年4月20日 (土)

熊本城と加藤神社

今週末、所用で熊本市へ。


あの大震災から3年が経過しました。



Img_4789



熊本城は、現在も復興工事が進行中です。


そのため、隣接する熊本市役所14階が解放されていて、
熊本城の全体が一望出来るように配慮されています。



Img_4769



本丸の周囲は、散策出来ます。



Img_4780



いまだ、いたるところに震災の爪痕が…。



Img_4787



熊本城と言えば、加藤清正公。



Img_4794



お城の城内に、加藤神社



Img_4788



歴史を感じる大木が、新緑をまとっていました。



Img_4792



限られた時間の中、初めての熊本紀行でした。

 

2019年4月18日 (木)

ギターワークショップ@加茂市LJ STUDIO

まだ、当日受けた刺激を自分なりに咀嚼仕切れていないのが、現実ではありますが…
記録として、Blog登録します。


先週末、お誘いを受けてギターとジャズのお勉強に加茂市へ。


SNSでは時々こちらの店内写真を拝見したことはあるのですが、
今回初めてお邪魔しました「LJ STUDIO」


開店後3年経過して、4年目を迎えたとのこと。


駐車場が隣接し、店内も広く快適!
ライブハウスとしては、県内屈指のスペースではないでしょうか?



Img_4716



まず前半は、8人の生徒が講師笹島明夫さんをお迎えして、
演奏しながらジャズ・ギターの「ツボ」を伝授戴きました。


Img_4714



本場アメリカで40年に渡ってお仕事されてきた笹島さん。

生徒の演奏を一聴して、極めて的確なコメントをされました。



衝撃のコメントや目から鱗が落ちるお話の数々!


今回のワークショップのメモ…いろいろあるのですが、
諸事情勘案して割愛することにします。



ワークショップは昨年もこちらで行われたそうで、
昨年の参加者はその教えを守り、1年間の精進の成果を
発表出来る場でもあったようです。



その後第2部は、主催者でもあるVocalのふくまこずえさんを交えたトリオによる演奏。



Img_4717



とっても面白く興味深かったのは、
ハプニング?で、アンコール曲でのコール&レスポンス。


マイクを向けられた3名のお客さん、それぞれが抜群のレスポンスに驚かされました。


加茂市LJ STUDIO、恐るべし!!


お疲れ様でした。



2019年4月16日 (火)

入船うどん@新潟市

新潟市の本町通を歩いていると、気になる看板が!


のぼり旗に「入船うどん」の文字!


Img_4687



最初は、この扉の向こうで「うどん屋」さんが営業しているとは、
想像出来ませんでした。



Img_4686



入店してみると、決して広いとは言えないスペースにドラムセット!?



Img_4680



お話してみると、店内ライブも行う「うどん屋」さんでした。



Img_4681



さっそく店名を冠した讃岐の「入船うどん」をオーダー。

茹であがりを15分ほど待って、出来上がりました。



Img_4685



冷水で締めながら手打ちする麺とのことで、
強力な嚙みごたえある麺でした。


ご馳走様でした。 m(_ _)m



2019年4月14日 (日)

ジャムセッション@SWAN

週末向かった新潟市で、金曜日の夜セッションがありました。


ちょうど良い機会だったので、お邪魔してみました。


Img_4702


会場は、西堀にありますJazz喫茶SWAN


現在の新潟JAZZ STREET実行委員会事務局のお店でもあります。


そして、かつて近くでお仕事していたときには、時々お邪魔していたお店でもあります。

その頃は、ライブやセッション等はなく、純粋なJazz喫茶でした。



Img_4700



今回のセッション、初めてお会いする方ばかりでしたが、
平日夜のセッションは常連さんが多い様子。


ふだんは聴き慣れない、難しい曲も演奏されていました。


見事だったのは、22時セッション終了後、間髪を入れずに皆さん撤収!

機材の片付けや撤収が見事でした。


この週末は、勉強になることが続きました。




2019年4月13日 (土)

白山公園の桜

週末向かった新潟市では、ちょうど桜の満開宣言。




Img_4671



白山神社近くで所用を済ませたあと、立ち寄ってみました。



Img_4672


白山公園も、久しぶり!



Img_4673


ソメイヨシノが咲き誇って…


Img_4675



公園を散策する老若男女…そして



Img_4676



幼稚園児もお散歩、お遊戯中でした。



Img_4679

青田川沿いの桜

高田公園の桜の写真は、大勢の方が投稿されているので、
こちらは高田市街地中心部を流れる青田川沿いの桜をご紹介。


Img_4660



桜の開花宣言から、満開が宣言されましたが、気温の上がらない日が続き、
満開の桜にとっては綺麗な姿を維持するのに役だっているようです。



Img_4661


こちらは、先日11日木曜日の桜です。


Img_4663



幸い、強い風も吹かないことから、散りゆく花びらもまばら。



Img_4662



週末は、大勢のお花見客で混雑することでしょう。


混み合う高田公園ばかりではなく、青田川沿いにもチョット足を延ばしてみてください。



2019年4月12日 (金)

4月うたげ堂セッション 2019

真冬のような寒さの中、10日水曜日夜はうたげ堂セッションへ。


前回参加は、1月の寒さの中でしたが、今回も4月の寒さ…。




Img_2628



それにも関わらず、大勢の演奏者と聴きに来てくださったお客様もあり、

賑やかな夜となりました。



Img_2627



うたげ堂セッションは、ジャズの演奏ばかりではないところが特色。


この日もT-SQUAREが即興で演奏されたり、八神純子が歌われたり…。

それにしても、八神純子に即興で対応できるうたげ堂メンバーは、ホントにゴイス!!


近隣対策上、制限時間は21時30分までと、限られた時間となっていますが、
アットホームな雰囲気の中、熱い演奏が繰り広げられます。


演奏するだけではなく、聴くだけでもお楽しみ戴けるかと思います。



2019年4月11日 (木)

上沼道@鶴町IC

三和区方面から上越市内に戻ろうとすると、田んぼの中に忽然と姿を現しました。



Img_4637



先月24日に開通した、「上越魚沼地域振興快速道路」(鶴町IC~寺IC)



Img_4638



あまり交通量が多くないので、車を停めて写真をパチリ!



Img_4639



乗ってみると、周囲から相当高いところを走る上沼道!

とっても、気持ち良く走れます。



でも全面開通までは、しばらく迂回路的になってしまうので、
利用は少ないのかも知れませんね。




2019年4月10日 (水)

最後のダキスト弦

数年前に忽然と姿を消したダキスト弦。


身辺整理をしていたら、忽然と姿を現しました。(笑)


Img_2604_3



さっそく、数ヶ月ぶりにギター弦の交換。



Img_4631_3



一度は、ARIA(荒井貿易)の尽力により、生産再開したダキスト弦ですが、
さすがに今回は最後の弦交換になるかなと。


個性的な弦だったので、とっても残念です。



2019年4月 9日 (火)

低塩塩辛「夕凪」ふたたび!

最近のマイブーム、その2です。


以前、頂きもので食して以来、それとなく売り場を探していましたが…


先日やっと、巡り会いました。


Img_2561



新幹線の上越妙高駅土産物売り場で、見つけました。


食レポは、以前の六弦文録、こちらから



今までの塩辛のイメージが変わると思います。

お値段もなんと、350円+Taxとリーズナブル。


ぜひ一度、お試しください。



でも、保冷剤の100円オプションは、これだけ買うとチョット微妙だなぁ…。


2019年4月 8日 (月)

ごらく亭@文化会館

昨年5月に行われた第1回ごらく亭から、およそ1年。


今回は、第2回目の企画です。


Img_4624



高田公園の観桜会は、おそらく大変な人出と思われますが、
上越文化会館脇の桜も綺麗に咲いています。



Img_4626



会場は上越文化会館中ホール。


こういったイベント企画には、役者さんと観客の距離感が、
ほどよいスペースです。



Img_4627


落語の楽しみは、本題に入る前の「まくら」


テレビや大きな会場では、チョット憚られるような
時事風刺を含めてピリッとさせながら、笑わせてくれます。


ラサール石井さんが、新元号「令和」に関連した「まくら」を披露していました。

でも「アベさんとカンさん」と表現していましたが、ホントは「アベさんとスガさん」じゃないかな?


いやいや、それにしても芸達者な役者さんによる見事な落語、そして漫才でした。



山口良一さんが、昭和30年生まれとは、ビックリしましたが。


会場のお客さんも、年配の方々が多かったなぁ…。

還暦を迎えた人間が、平均年齢以下若く思えましたよ。



2019年4月 7日 (日)

4月の土曜ジャズ 2019

高田公園では観桜会がたけなわの週末6日は、土曜JAZZ!


今月は、アンジートリオ?とも言うべき、ピアノIWさん、
ベースSUさん、そしてギターは六弦奏者。


このトリオは、昨年4月の土曜JAZZ以来、1年ぶり


Img_4614


久しぶりに三人で、チャレンジングなアレンジにも挑んでみました!


それにしても毎月感じるのですが、サブリーユの古民家ホールの「ひ・び・き」!


リハーサル時とお客様ご来店後、それぞれ微妙に「ひ・び・き」が違います。


おもしろいですねぇ!


Img_4615



さてさて、来月は15日に予定しています。


本日と同じくピアノ、ベース、ギターのトリオとなりますが、
メンバーはガラッと変わります。


おもしろいですねぇ!

お楽しみに!


Img_4617




演奏する側も、とっても楽しみです。



2019年4月 6日 (土)

茅乃舎だし

最近のマイブーム。


九州は、福岡県の会社が製造・販売しています。


久原本家「茅乃舎だし」(かやのや)



Img_2564



アンテナショップで試食してから、購入することも出来ます。



Img_4593



お料理の腕が数段アップする…

ことが、実感出来るかも!?




2019年4月 3日 (水)

サントリー美術館@六本木

3月末で閉幕となる河鍋暁斎展を六本木のサントリー美術館へ。


Img_4588



地下鉄日比谷線六本木駅を下車し、地下道を進むと目印となるオブジェに!




Img_4586



午前11時前は、ミッドタウンが開店前のため、いったん外に出てから入館します。


こちらは、唯一の写真スポットでパチリ!



Img_4589



美術館の外では、桜が見頃を迎えていました。



Img_4590




Img_4591



Img_4594



六本木駅からミッドタウンの地下道って、開業当初からあったのでしょうか?


以前は、地上を歩いて行った記憶があるのですが…。

知らなかっただけ??


2019年4月 2日 (火)

甘海老天丼@大瀬

桜の開花宣言という時期なのに、朝から冷たい雪が!!

すでにタイヤ交換も完了していて、おっかなびっくり運転。


寒い日には、あったかなお昼を。


Img_4598



糸魚川市南押上の大瀬さんで、ジオパーク丼(甘海老天丼)を戴きました。

以前は、マグロ丼の記事も書いていました。こちらから



甘海老が尾頭付きで、まるごと揚がっています。

そして、ぜ~んぶ食べることが出来ます。



Img_4599


いったい何匹の甘海老があったのだろう??

食べ進めてから、気がつきました。(汗)


Img_4600



ボリューム満点の甘海老天丼、税込1,080円は大満足のランチです。


ご馳走様でした。


2019年4月 1日 (月)

明治神宮

新しい元号が発表され、「明治は遠くなりにけり」!?


いつでも参拝出来そうで、実は今まで行ったことがない明治神宮


先日、たまたま訪れた鳩森八幡神社に続き、参拝しました。


Img_4551


参道を歩くと、全国各地から奉納された、たくさんの日本酒。

君の井や雪中梅等地元のお酒もたくさんありました。


Img_4554


日本酒樽の向かい側には、ワインの樽も!!


Img_4555


日本人とインバウンドと、半々くらいの印象。



Img_4559


この厄年の案内を見ると、後厄のようですね…。


Img_4567


なんと言っても、明治神宮は椎や樫の壮大な杜が圧巻。

およそ100年前に造られた人工林です。



Img_4568


当時の内閣総理大臣であった大隈重信公は、
伊勢神宮や日光東照宮の杉並木をイメージして
藪ではなく杉並木にせよと命令したそうです。こちらから



Img_4571



ところが、当時の林苑関係者は断固として反対し、
谷間の水気が多いところでこそ杉は育つが、
関東ローム層の代々木では不向き、杉が都会に
適さないことを説明してようやく納得させたそうです。


100年後を見据えて照葉樹を植え、自然林として育てる造林をしたそうです。

壮大なロマンを感じますね。



« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »