« さざえ堂@会津飯盛山 | トップページ | 会津のお酒 「花春」 »

2018年4月24日 (火)

飯盛山@会津若松市

会津若松市の飯盛山 と言えば、「さざえ堂 」ばかりではなく、
戊辰戦争での白虎隊自刃の地として知られています。


飯盛山へのアプローチとなる、石段。


飯盛山



こちらは、白虎隊十九士のお墓や白虎観音のある広場から、
白虎隊自刃の地へ至る石段。

会津の街や遠くに鶴ヶ城を臨むことが出来ます。



飯盛山飯盛山



新政府軍の攻撃により、会津の街並みや鶴ヶ城が黒煙に包まれていることを
この地から確認し、自ら命を絶った場所。



飯盛山



江戸時代、猪苗代湖から会津へ水を引くため150mにも及ぶトンネルが掘られました。

5万5千人もの人夫を動員したその堰によって、2500ヘクタールもの灌漑が可能となり、
会津藩に大きな恩恵がもたらされました。



飯盛山



そして幕末。

白虎隊が敗戦し、鶴ヶ城へ急ぎ向かう道として通ったのが、
かつて会津に恩恵をもたらした、この戸ノ口堰でした。



« さざえ堂@会津飯盛山 | トップページ | 会津のお酒 「花春」 »

ご案内」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅先」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

けんいささん、同感。

その後の明治以降、会津をはじめとする東北地方、
地域の振興も大幅に遅れることに。

無血開城までは良かったが、その後

戊辰戦争、西南戦争で実は本当に明治の

日本にとって大事な人、精神を失った。

飯盛山は日本の悲惨の象徴。

残念だ‼️

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593159/66645247

この記事へのトラックバック一覧です: 飯盛山@会津若松市:

« さざえ堂@会津飯盛山 | トップページ | 会津のお酒 「花春」 »