« 猪苗代湖と磐梯山 | トップページ | 飯盛山@会津若松市 »

2018年4月23日 (月)

さざえ堂@会津飯盛山

福島県郡山市 からの帰路、猪苗代湖経由で会津若松市へ。



さざえ堂



飯盛山の通称「さざえ堂 」に向かいました。



さざえ堂



通称「さざえ堂 」は、1796年に建立された、高さ16.5m、六角三層の仏堂です。



さざえ堂



正式名称は「旧正宗寺円通三匝(さんそう)堂」といいます。



さざえ堂



仏堂建築としては、他に例を見ない特異な二重螺旋構造をしています。


レオナルド・ダビンチのスケッチにも、二重螺旋のスロープを描いたものが
あるそうですが、建物として実在するのは、世界広しといえども、ここだけとのこと。



さざえ堂



さざえ堂は、正面から入ると、右廻りにスロープがらせん状に登っていきます。



さざえ堂



まもなく、頂上付近…。



さざえ堂



頂上で橋を渡ると、下りの左回りのスロープに変わり…



さざえ堂



最後は建物の後ろ側に出ます。


一方通行となっていて、上り、下りで、人が遭遇することはありません。


かつては、西国三十三観音像を二つの螺旋状のスロープに沿って配置し、
上り下りで参拝しながら巡礼が出来るという施設でした。


さざえ堂は、平成8年(1996年)に国の重要文化財に指定されました。


« 猪苗代湖と磐梯山 | トップページ | 飯盛山@会津若松市 »

ご案内」カテゴリの記事

折々の雑感」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅先」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

太田市や本庄市の「さざえ堂」も、ぜひ一度訪れたいですね!
 o(*^▽^*)o

しかし、さざえ堂なんて、一般的にも珍しい建物に、別の時期に、別の場所で、あさGメンバーが行くなんて、愉快な経験だね。

極めて不思議(o^^o)

文さん、こんにちは。

郡山市に到着してから、夜になって翌日の予定を検索した次第です。

なので、事前の知識も情報もない中で、風まかせ?の道中でした。

機会がありましたら、ぜひどうぞ! o(*^▽^*)o

こんな素晴らしい建造物が、現存していることを、初めて知りました。

上り下りで、人に会わないなんて、二重構造の賜物ですね。一度でいいから、実際に上り下りしてみたいです。

憧れの建造物となりました。

歴史上の事も皆様が記述しておられ、大変興味深く拝読しています。

けんいささん、さすが!

会津さざえ堂HPによれば、

1780年代より当時の民衆の観音信仰を背景に、関東を中心として
全国各地にさざえ堂と呼ばれる建物が建てられました。

どちらのさざえ堂も観音像を安置し、一度にお参りするためのお堂です。

有名なところでは群馬県太田市や埼玉県本庄市に現存しますが、
会津さざえ堂の構造とは異なり、中二階を用いた三階建てになっています。


明治になり、会津さざえ堂の正宗寺は廃寺され神道を信仰しため、
神仏分離令によって 三十三観音像は取り外されました。

こういった歴史的経過があって、現在に至っているんですね。 (o^-^o)

児玉のさざえ堂は浅間大噴火での犠牲者を弔うために建てられたとありました。

それと群馬県太田市にもあるそうです。

さざえ堂

実は埼玉県児玉町にもあります。

同じ構造ですが、螺旋通路の壁に仏像が無数に設置されています。

どれも精緻な作りで感動しました。

会津は仏像が無いのですか。それは少し残念ですね。

児玉のさざえ堂の由来などは忘れてしまいましたが、ネットで見てみます。

アイハートさん、さすが!

その話題は、次回に続きます…。 (^-^;

思い出しました、私も行ったことが有ります。

自刃のお墓も見たような、、
鶴ヶ城の天守閣には白虎隊の少年の画像も有ったような気が。。
随分遠い日の事です。

あ、でも会津若松の町なかで(みつたや)さんのお団子を食べた事ははっきり覚えていますが。。。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593159/66639866

この記事へのトラックバック一覧です: さざえ堂@会津飯盛山:

« 猪苗代湖と磐梯山 | トップページ | 飯盛山@会津若松市 »