« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

春が来た!桜が咲いた!?

このところ、気温が20度を超えていた影響でしょうか?

昨日30日、赴いた先で桜が咲いていました。


これ、ソメイヨシノですよね。



180330_84



3月中に、桜の開花を報告出来るなんて!? (o^-^o)


そして、高田公園の桜開花宣言も、30日に!
(上越タウンジャーナルさんの記事はこちらから→)


昨年より7日、平年より9日早いという。

1953年からの気象庁の観測を含めて、高田の桜の開花日としては
最も早い記録と並んだそうですよ。

2018年3月30日 (金)

オリーブの木

先日行った小布施町 の雑貨屋さんで、おもしろい木目に遭遇しました。


これは、「オリーブの木」!



オリーブの木




「カッティングボード」いわゆる「まな板」でしょうか?



オリーブの木



そして、こちらは「コースター」



オリーブの木



独特な木目が美しい!!


気候も風土も違う国で、第2の人生を迎えます。 



2018年3月28日 (水)

小布施散策

長野のおぶせ温泉 を満喫した後は、近くの小布施町の街並みへ。


行楽シーズンには、大変な人出となるスポットですが、
春先のこの季節には午後でもあることから人影はまばら。

小布施



小布施といえば、「栗」!

急に、甘いものが食べたくなりました。



小布施



そこで、選んだのが「栗あんしるこ



小布施



栗の濃厚な甘み、他にはない独特な甘み、です。


小布施ならではの甘味。


ご馳走様でした。 m(_ _)m



でも、個人的には、やっぱり「あずきのおしるこ」が好みかなぁ…。


2018年3月26日 (月)

当選通知書

先日、4月からの新年度に備えて、事前研修がありました。


その際に、「当選通知書」を受け取りました。



180322_1



町内会の役員になるのも大変…。


これから2年間、活動するのはもっと大変…。


週末を中心に、町内会の行事や会議に拘束されます。


よろしくお願いいたします。

2018年3月25日 (日)

「穴観音の湯」@小布施温泉

青空が広がる日に、昼間っから温泉へ行くというのは、
お爺さんやお婆さんの行動かなぁ…と、考えていたところ。


最近では、その年代に足を踏み入れ始めた! (^-^;




小布施温泉



この日は、長野県の小布施町にあります「穴観音の湯 」へ。



小布施温泉



こちらの日帰り温泉、初めて行きましたが、丘陵地の高台にあります。

駐車場からフロントへは、なんとエレベーターを利用します。


そのエレベーターを降りると、ご覧の洒落た通路を経由して本館へ。



小布施温泉



通常料金は、大人600円のところ、HPを見た写真を提示すると、
割引されて500円に!



小布施温泉



浴室にスマホを持ち込みことも出来ないので、写真はありませんが、
掛け流しの温泉に眺望抜群の露天風呂。


おまけに、露天風呂には檜材の木枕を施した寝湯のスペースも!!

初めて遭遇しました。


さらには、スチーム・サウナからも小布施町内はもとより、
北信五岳(斑尾・妙高・黒姫・戸隠・飯綱)の山々まで見渡すことができます。


サウナルームに、あれほど大きなガラス窓!

初めて遭遇しました。



小布施温泉



こちらの眺望は、食堂・休憩室となっているフロアーからのものですが、
ほぼ同じ景色が浴室からもご覧戴けます。



小布施温泉



上越地方にも日帰り温泉は各地にありますが、長野県の日帰り温泉はまた格別!


さらに「穴観音の湯」のお隣には、宿泊施設も備えた「あけびの湯 」という温泉もあります。


次回は、ぜひ試してみたいなぁと。 (o^-^o)



2018年3月23日 (金)

久しぶりの献血が…。

年に一度と思っていましたが、3年ぶりになってしまいました。

久しぶりに、新潟市万代の献血ルームへ。



献血



ちょうど、お昼時だったためか、空いていて受付は
思いのほかスムーズに。



献血



ところが、医師の問診で問題発生!


この日の朝、アクシデントで小指にチョットした怪我。

かすり傷の出血でしたが、それが原因で献血は謝絶!!



献血



怪我したばかりだと、ひょっとしてバイ菌が入っているかも知れないという。


歯科医で歯垢をとった場合もNGとか!?


残念ですが、再度出直しです。


…そういえば、3年前の献血時にもアクシデント が記録されていました。


次は、無事に献血協力したいものです。



2018年3月21日 (水)

ユーミン「瞳を閉じて」~長崎県奈留高校との物語

偶然遭遇した、NHKアーカイブス。


「あの日 あの時 あの番組」で、ユーミンこと荒井由実さんの『瞳を閉じて』が、
長崎県の島の高校生からの手紙で誕生した曲だと初めて知りました。



180321

(SNSから写真、拝借しました。)


長崎県五島列島の奈留高校の生徒が、当時DJをしていたユーミンに
分校で独自の校歌が無かった高校に校歌を作って欲しいと
送った一通の手紙から生まれたものだとか。

1974年の作、既に44年前!


その後も、島の人々との関係が世代を超えて続き、延べ3回分の放送でした。


この「荒井由実」の時代には、卒業写真、あの日に帰りたい、
ひこうき雲、ルージュの伝言等々


時代を経過しても、色褪せない名曲がたくさん。


それは、単に同世代のノスタルジーではない!
と思っているのですが、いかがでしょう!?



2018年3月20日 (火)

春のあさひ楼 2018

春が近いと思わせる暖かな日から一転、冬の寒さを感じた20日。


久しぶりに、糸魚川市能生にあります「あさひ楼」さんへ。


あさひ楼



過去のBlogを振り返ると、「あさひ楼」にお邪魔するのは春先が多いようです。

昨年は機会がなくて、一昨年 以来でしょうか?



あさひ楼



たしかに、暑い夏に気分は向かないと思いますし…。

一方、この日のように寒い日は、温かい個性的なラーメンが、有り難い!!


例によって、チャーシュー抜き。

「麺は固めで…」とお願いしたら、現在その特注オーダーは受け付けていない、と。


そう言えば、一昨年のBlog にも同じことを記録していました。 (^-^;



ご馳走様でした。 m(_ _)m

2018年3月18日 (日)

3月のジャムサンド 2018

年度末の3月を迎え、新しい春に向かって旅立ち前、
週末17日土曜日は、JazzSwingにてJamSand



180317

 (Facebookから写真借用致しました。)


3月といえば、卒業や送別会等の季節。
高田仲町にも、そこかしこに連れだったグループが見られました。



3月のジャムサンド



今月のJamSandでは、メンバーの皆さんに相談事がありました。


どういう形で事を進めたら、「八方良し」となるのか?


当初の企画について、会場間の移動距離や時間等、
懸念がなかったわけではありません。


未知のイベント開催に、「ワクワク感」や「ドキドキ感」があれば、
多少の負担や面倒は苦にならないと思うのですが、


そう感じるよりもむしろ、「煩わしさ」や「負担」を大きく感じるのなら、
それはやめておいた方が良いのかなと。


「どうして?、なんで!?」
「もったいない機会!!」


…という声も一部で戴きましたが、
残念ではありますが、当初の企画は変更しようと思います。


ご意見ありがとうございました。


また、相談にのって戴きました関係者の皆さま、ありがとうございました。


今後ともどうぞよろしくお願いします。



2018年3月16日 (金)

春めいて来た3月のJamSand!

今週末は、第3土曜日。


ということは、ジャズ・セッション「JamSand」!



Jamsand



今回は、5月のJamSandについて、ご案内とご相談があります。


大雪・大荒れの冬から解放された3月のJamSandに、是非足を運んでください。



2018年3月17日(Sat)

Open : 19:30

Start : 20:00

MC : 1500Yen (Including・1Drink)

 

JamSand@JazzSwing

高田仲町3丁目

http://www.week.co.jp/gourmet/103719/



2018年3月15日 (木)

3月のジャムセッション@うたげ堂 2018

上越では気温が20度を超え、スギ花粉が平時の100倍 になった?14日夜!

柏崎市のうたげ堂へ、セッション参加。



うたげ



個人的には、年が明けた1月にも参加 しましたが、
さすがに雪の多かった2月は参加者が少なかった様子。


常連さんの話に寄れば、今月は春を迎えて参加者多かったとのこと。

遠くは、新潟市からの参加者も!!


上越から遠い!?なんて、言ってられないですね。 (^-^;



日頃、晩酌 してゆるゆるの練習しかしていないと、
こういったセッションは誠に厳しい!?


あらためて、気づかされることが多い夜でした。


ありがとうございました。 m(_ _)m

2018年3月12日 (月)

そして、陽は西に…

祇園精舎の鐘の音は聞こえませんでしたが、西の地平に陽が沈もうとしています。



陽が暮れて…



「かいざん」と入力すると、パソコンは「改竄」と変換してくれます。

でも、この漢字を自分で書けるか?

書くこと出来るかというよりも、ホントに読めるのか?



「書き換え」なのか?「改竄」なのか?という、
昨今の状況を「忖度」した議論もあるようですが…。



「忖度」という漢字も、この1年でずいぶんと一般化しましたが、
果たして書くこと出来るか?



Twitterで情報を共有していると、「未曾有」を「みぞうゆう」
あるいは、「云々」を「でんでん」と…

批判・揶揄の意味を込めて、取りざたされていたりするので、
ついつい本来の漢字の読み方を忘れてしまいそう。



防衛省の日報隠蔽問題に始まり、文科省の文書管理問題、
そして直近では厚労省の裁量労働制データ捏造問題等々…。

同様の対応が、一度ならずも 、二度、三度。


もうそろそろ、真実を糊塗し、事実を歪曲するのは、止めにしませんか?



公文書を改竄したり、本意ではない答弁を繰り返す官僚。

刑法に触れるようなリスクをとっても、官僚にとっては何のメリットもないはず。



Twitterで掲載されていたエピソードを、転載しますが…。



「お前、大阪城建てたの誰か知ってるか。」

「豊臣秀吉だろ」

「バカ。大工さんだよ」


「お前、決裁文書改ざんしたの誰か知ってるか。」

「安倍政権だろ」

「バカ。一部職員だよ」



昨日まで忠誠を誓った主人と思っていたら、
今日には手のひら返して責任をとらされる始末。



当事者の意向とは離れたところで、歴史には記録 され、後世に残る。



そして明朝には、東の空から「陽はまた昇る」

この未曾有の国難・混乱を、新しい歴史を作り出す機会にする、新しい明日が。

 

2018年3月11日 (日)

シルバーエイジの会

20代、30代と一緒に仕事し、一緒に呑んだ友人の声かけで
「シルバーエイジの会」?が、今週末に催されました。



シルバーエイジの会



会場となったホテルでは、ん十年ぶりに温泉にも浸かり、
まったりと会食。


近況報告や昔話に華を咲かせました。



シルバーエイジの会



青空広がった翌日は、近くの海岸まで散歩。


恋人の聖地 」で人魚像と対面。



シルバーエイジの会



次回も元気に再会することを約束して、散会しました。

お疲れ様でした。 m(_ _)m



2018年3月 9日 (金)

美々卯@京橋

米朝首脳会談が発表され、東アジア情勢が電撃的な展開をみせようとする中、
我が国ではお役所の決裁文書があるのかないのか、なんとも情けない話。


そんな中、食レポの話題も、取るに足りない話ではありますが…。


先日行った東京 で、友人が案内してくれました。


東京駅にほど近い京橋にあります、うどんすきの「美々卯
(「みみう」と読みます。)



美々卯



大阪が本店・発祥の地ですが、各地にある店舗 の中でも
彼が言うには「京橋」店の「うどんすき」が一番だと。


「うどんすき」はイメージとすると、鍋料理の〆という感じなので、
最初から「うどんすき」ってなかなかイメージ出来ません。


でも確かに、自慢の出汁に、野菜あり、魚貝やお肉があり、
こしのあるうどんが揃って、他につまみは不要な具だくさん贅沢メニュー。


さらに、具となる海老は活きていて、グツグツの出汁に投入すると、
「熱い!」といって跳ねて反応します。
(うどんすき残酷物語…)


写真は取り損ねましたが、たいへん美味しく戴きました。


ご馳走様でした。 m(_ _)m

2018年3月 7日 (水)

真央ちゃん

あえて、愛称の意味を込めて呼びますが、「真央ちゃん」


彼女、浅田真央ちゃんも、27歳だとか!?



真央ちゃん



でも、良いですねぇ!


権謀術数飛び交うこの世の中で、
そして彼女自身もトップアスリートとして、
厳しい競技の最前線を生きてきたはずなのに…


彼女の笑顔を見ると、不思議と癒やされます。



NHKで彼女の特集番組が放送 されていました。


仕事をなし終えた後の夢は、自給自足の生活だとか。 (o^-^o)


海の近くだったら、魚や貝を採って、
山の近くだったら、イノシシを獲ってそれをさばいて…

…ナチュラルに生活したい。

「食べることが好きだから!」


不思議な魅力と雰囲気を持った、稀有な存在かと。



これからの活躍も応援しています。


頑張れぇ! o(*^▽^*)o

2018年3月 5日 (月)

晴れの日に想うこと

先日の晴れた朝、綺麗な氷が見られました。



晴れの日に



写真ではガラスのように透き通っていて、見えにくいのですが、
チョット圧力をかけて氷を割ると…ご覧のように。


一度割れた氷は溶けやすく、気温の上昇とともに消えゆく運命。



晴れの日に



今、国会では提出された文書が、実は改竄されていたのではないか?
という疑惑が問題となっている。


それが事実であるならば、公文書偽造。

しかも、国権の最高機関において。



以前には、あるべき公文書が廃棄されていたと答弁もあった。

しかしその後、実は倉庫で見つかったと、まったくお粗末な対応。



その昔、「嘘つきは、泥棒の始まり」と言われていた。



時間が経過すれば、雪や氷のように溶けて忘れ去られるものではなく、
政治家や官僚の一挙手一投足は、この国の歴史に刻まれる。



その政治家や官僚は、いったい誰のために仕事をしているのか?



「嘘も方便」という人生訓は、限られた人間関係の中でのみ通用するもの。

くれぐれも間違い、勘違いなされないように、切に願うところです。


2018年3月 4日 (日)

3月の土曜ジャズ2018

今年最初の土曜ジャズは、昨年12月以来 の3月3日雛祭りの日。


オリジナルのピアノ・ギター・デュオ。



土曜ジャズ



サブリーユではストーブに火も入り、店内に柔らかく暖かなぬくもりが広がっていました。



土曜ジャズ



3月に入って、おひさまの力や雨・風で、急速に雪も溶け、春めいて来ました。


今宵の土曜ジャズは、久しぶりのライブにもかかわらず、
プログラムの半分は新曲でチャレンジ・トライアル。


…でしたが、友人、知人、お馴染みの方々にお越し戴き、
楽しく演奏することが出来ました。


ありがとうございました。


来月は、4月14日の第2土曜日を候補としながら、日程調整しています。

また、よろしくお願い致します。


2018年3月 3日 (土)

かたふね春の新酒

先日、友人から戴いた「かたふね 」春の新酒。


左は、「しぼりたて新酒」、特別本醸造。


そして右は、「春のにごり酒」。



かたふね



しぼりたて新酒は、生酒らしいフレッシュなのど越しでありながら、
本醸造らしからぬけっこう芳醇で濃厚なテイスト。


そして、にごり酒は、もろみのまろやかさを感じつつ、
意外にもすっきりとした呑口。


見た目の印象とは違い、いずれも想像を超えていました。


今の時期にしか味わうことの出来ない季節の新酒、
機会がありましたら是非どうぞ!


ご馳走様でした。 m(_ _)m

2018年3月 1日 (木)

チリワイン

今日から3月。


1月下旬から翻弄され続けた大雪も、さすがに2月下旬ともなれば落ち着き、
このところの陽射しや風雨により急速に少なくなっています。


年末年始には日本酒を戴くことが多かったのですが、
その反動からか?このところワインを戴く機会が増えています。


こちらは、地元の某スーパーお勧めのチリワイン。



チリワイン


お値段が400円~500円程度、3本買っても1500円。


それでいて、ホテルや宴席で振る舞われるワインよりも、ずっとしっかりした味わい。


お徳用3リットルのカートンボックスもあり、重宝します。



チリワイン



ふだんは白よりも赤を選ぶ機会がどちらかというと多いのですが、
チリワインは白も結構味わい深く美味しく戴けます。


ぷりぷりっとしたホタルイカをつまみにすると、良いかも知れませんねぇ!


ご馳走様でした。 m(_ _)m


« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »