« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

冠婚葬祭に想う

このところ冠婚・慶事の機会には恵まれないものの、
葬儀や法要参列の機会が続いています。


先週は、60代で亡くなられた先輩恩師の葬儀参列。


そして一昨日は、従兄弟の13回忌法要。




171029




親族の長兄的存在だった従兄弟が、50代で亡くなってから早や12年。


もういつの間にか、その年齢をも越えてしまいました。


きっと彼の地で、「こっちでは、元気でやっているぞぉ!」って、
ひとりギターをつま弾いていることでしょう。




先日、新聞を読んでいると、「表情をこわばらせた初老の女性」。



普通一般には、CMや広告には「笑顔」や「こども」、
あるいは「元気」や「活力」がイメージされますが、
似つかわしくない?表現に、注意をひかれました。



冠婚葬祭



読んでみると…


「子供が独立」し「夫を看取って」一人になった奥さんが、
思い出の詰まった家から住み替えの決意をするという、
不動産仲介業の広告。


「核家族化・少子高齢化社会」の現実か!?


これも社会の一断面と、あらためて想う機会でした。

2017年10月29日 (日)

五百羅漢@川越大師 喜多院

川越まつりの翌日は、雨の中市内の名所旧跡巡り。


そういえば、このところ週末は雨模様が多い。  (^-^;



川越



川崎大師の喜多院 へ。


喜多院といえば、徳川家康、徳川家光、春日局に由縁のあるところ。




川越




そして、日本三大羅漢のひとつといわれる、五百羅漢




川越



五百羅漢の中でも、人気なのがこちら!


内緒話をする羅漢像

2017年10月27日 (金)

國稀~日本最北の酒

先日の川越まつり 、北海道から参加された方が航空便で持参されたお酒。


純米吟醸「國稀 」(くにまれ)


日本最北の蔵元だそうです。



最北端



そのお隣は、川越の地酒「鏡山

昔からの鏡山とは違って、復刻された蔵元らしいです。


そして、お祭りとはいえ、お土産のお酒持ち込みやら、
手酌飲み放題のお酒やら、盛りだくさんの季節料理で
接遇戴きました 「季節料理 平澤屋 」さん。



最北端



地元の常連さんであるIさんにも、大変お世話になりました。


ありがとうございました。 m(_ _)m

2017年10月26日 (木)

尾山神社@金沢市

先日の金沢市訪問 の際、尾山神社 に参拝しました。

今まで近くには行っていたものの、今回初めての訪問です。



171013_6_2



神社には、似つかわしくない?ステンドグラスも見られる「神門」

夜にはライトアップもされ、美しく映えるようです。



屋根の避雷針は、日本最古とのこと。



171013_3




こちらには、加賀藩の前田利家公が祀られています。

国の重要文化財。



尾山神社



そして、大名通り沿いの駐車場料金。


さすが観光都市、金沢です。


尾山神社




こちらは、武蔵が辻交差点付近の裸婦像



171013_8



観光客の多い近江町市場の近くです。


171013_7



近江町市場もチョット覗きました。

以前と比べて、店頭で試食?というよりも購入した魚介類を、
その場で食べるという営業形態が目立った気がします。


新幹線乗れば、およそ1時間で到着する金沢市。

秋の行楽シーズンは、まだまだ続きます。

2017年10月25日 (水)

オート三輪~人生いろいろ

先日のこと、珍しいオート三輪に出逢いました。



171020_1



荷台には、なにやらキャンピングカー風の居室スペース?


そして、ナンバープレートには「札幌」の文字が!


全国を旅しているのでしょうか?


さらに、その荷台上の居室スペース玄関脇には…


「ゆっくり走ろう

  ポンコツだもの

    人生この先

      長くない?」



171020_2



「人生この先長くない?」って言われると、
先日も知人の告別式に参列したばかり。  (^-^;



そんな文字書きの車に出逢った話を、家人にしたところ…


「人生この先長くないから、急いでやりたいことをやらなくちゃ!」
というレスポンス。


いやはや、人生いろいろ。

2017年10月23日 (月)

食房なかむら復活!?

以前は、柿崎区の国道8号線旭町交差点近くで営業されていた「食房なかむら」


頸北エリアでは、お気に入りのラーメンでしたが、惜しまれながら閉店。



ところが、数年前から吉川区のゆったりの郷近くの県道新井・柿崎線交差点で、
お店を再開しています。



食房なかむら復活!?



様子をうかがいたいと思いつついたところ、先日機会があって立ち寄りました。


店内は思いの外、混み合っていました。


待つことしばし…


以前と同じ、とんこつ醤油のスープとやや太めのもっちりとした麺。



食房なかむら復活!?

 (希望により、いつものとおりチャーシュー抜き)



高齢のため?引退し閉店したという店主も、お元気そうにカウンター内で活躍されていました。


一度引退後に再開することは、想像する以上に大変な事でしょう。



以前のお店の常連さんも、たくさん来店されているようでした。

これからも、いっそうのご活躍を祈念致します。



ご馳走様でした。 m(_ _)m

2017年10月22日 (日)

今年のあさがや 2017

超大型台風21号が接近する中、今週末は「あさがや2017」


昨年は11月開催でしたが、このような晴天 でした。



今年のあさがや



関東方面は、先週初めの「川越~東京 」以降も、雨模様が続いていたようで、
参加者は思いの外お天気を気にかけていたようです。



今年のあさがや



日程の都合で、十日町市のH君は今年は断念。

以前都合悪く断念した年には、「中越地震」が発生しましたが、
今年は無事でした。



今年のあさがや



ところが、幹事役の六弦奏者に週末一通の訃報が!


そのため、日曜日は朝6時に起きて、新潟市の告別式に向かいました。




今年のあさがや



今年の紅葉は、今ひとつの雰囲気。

残念ながら、天候不順によるものでしょう。



今年のあさがや



いもり池の北側には、新しく与謝野晶子の歌碑 が建造されていました。


元気に、また来年お逢いしましょう!  (o^-^o)

2017年10月21日 (土)

ノドグロ天ぷら!?

この週末土日は「越後・謙信SAKEまつり 」とのことで、
混み合って行けそうにないので、金曜日に「うどんの鶴越 」さんへ。



まずは、定番の「ぶっかけ冷や」にシャキシャキの三陸石巻わかめ。



ノドグロ




そして、今回の目的は…高級魚である「ノドグロ天ぷら」!!  o(*^▽^*)o



ノドグロ



小さいながらも、頭を落として開き、骨を除いて天ぷらに!


その手間を惜しまず、面倒な作業をこなして、
提供価格はノドグロ2匹一皿で、ナント百円玉×2枚とな!!
m9(^Д^)プギャー(v^ー゜)ヤッタネ!!




ノドグロ




サービス精神と話題づくりのユーモアがなければ、出来ないお仕事かと。


「ノドグロ」の脂がサクッと軽く、それでいてしっかりと「ノドグロ」の風味を味わえました。



ご馳走様でした。  m(_ _)m



LINEユーザー対象に魚天キャッシュバッククーポンが出ているとかで、
それを使うとさらにお得だとか!?


限定数量10皿なので無くなり次第、次の地魚に切り替わります。

でも、美味しい白身魚が用意されているので、売切れでもガッカリさせません。


この機会に、地魚の美味しさを味わってみませんか!? (o^-^o)



本日、第3土曜日のジャムサンドですが、謙信SAKEまつりならぬ
あさがやSAKEまつり?のため、お休みします。  m(_ _)m

    

2017年10月20日 (金)

小型で便利なギターアンプ Lunchbox Jr.

おそらく実用的なギターアンプとしては、最も小さいと思われる
ZTのLunchbox Jr.


小さいと話題になったLunchbox をさらに小型化したもの!



ランチボックス



チョットしたセッション等でも、持ち運びに便利で使えます。



170126b_2




もう既に、こんな時あんな時にも利用してきました。


最近は、もっぱら土曜JAZZ のMC用としてマイクをつないでいます。



170126a




System Design:

・クラスA/B50Wアウトプット(最大値)
・大出力カスタムスピーカー、完全密閉筐体
・超低レイテンシー基板設計
・ヴィンテージスタイルのサウンド
    ・100VAC電源に加え、DC12Vセンタープラス電源での動作に対応
・DC9VセンターマイナスOUT端子(最大500mA)
・Aux In端子
・ヘッドフォン端子
・スピーカーミュートスイッチ
    ・Volume、Tone、Gainコントロール
    ・重量:約3.04kg
・サイズ:(H)145 x (W)195 x (D)125 mm

2017年10月18日 (水)

魚津バイ飯おこわ

以前から、北陸自動車道の有磯海パーキングエリア にいくたびに、
こちらの商品を探していました。



バイ



朝早いと商品はまだ未着。

時間が少し遅くなると、商品は完売…。



171009_2



その名は、「魚津バイ飯おこわ


こちらは、ただならぬ美味しさ!



バイ



魚津は、古くからかご漁業が盛んなところ。

バイ貝を獲る漁業者が賄いで作って家で食べていた「漁師飯」、
バイ貝を使って炊き込んだものがバイ飯。


バイの旨味がたっぷりの出汁の効いた煮汁と共に炊き込んだのがバイ飯です。


幸せをバイ、バイと呼び込むバイ貝。

最高に美味しいですね。











そして、こちらは「バイ貝ぎっしり炊き込み弁当



171006b



さっぱりとした味付けで、こちらもGood! o(*^▽^*)o



2017年10月16日 (月)

川越まつり~曳っかわせ

16日の月曜日に東京で会議がある前日、川越市に来てみませんか?


川越まつり 」がありますから…というお誘いを受けて、前日に川越市に。



川越まつり



当日は、あいにくの雨模様でしたが、ユネスコの無形文化遺産登録 された「川越まつり」



171015_3




このまま雨があがらなければ、山車(だし)は出せません!

と、地元町内会の役員さん。




川越まつり



でも、さすがです!


祭りに参加する人たちの熱気で、夕刻には雨も上がりました。



川越まつり



小雨を警戒して山車にビニールの雨傘は、チョット残念ではありますが、
悪天候にもかかわらず、人々の熱気は凄いものがありました。



川越まつり



夜のハイライトは、「曳っかわせ


山車同士が、四つ角などで他の山車に出逢うと、お互いのお囃子を競いあう!



川越まつり



この「曳っかわせ 」に勝ち負けはないですが、囃子が入り乱れて、
曳き方衆の提灯が乱舞する光景は、圧倒的な迫力!



川越まつり



川越まつりの起源 は、369年前。

鎮守の氷川祭礼を城主がすすめてからと、いわれています。



川越まつり



華やかに、そして粋に!



171015_2




初めて川越市にお邪魔しましたが、この祭りには圧倒されました。



川越まつり




そして、祭りとは別に、江戸の文化・風俗を受け継ぐ蔵造りの街並み。


川越市は、祭りのないときにも再訪したい、とっても魅力的な街でした。


2017年10月15日 (日)

ボクネン再び!

おそらく、今回は3度目かな!?

金沢市尾山町のジャズスポット穆然 (ボクネン)


こちらに、以前の記事 がありました。




ボクネン



明るい昼間のうちに、尾山神社参拝しながら位置を確認。



ボクネン



宿泊先のホテルからも近距離でした。



ボクネン



前回同様、店内にはLPレコードのジャズが流れ、
やや木訥なマスターと奥様?


変わったといえば、奥様と同じく細身の綺麗な女性がおふたり、
お手伝いをされていました。



それにしても、お庭のライトアップされた松には、圧倒されました。



Img_1337



旅先のオアシスのような、落ち着けるお店です。

2017年10月14日 (土)

秋の金沢 2017

週の初めは、富山市 高岡市 でしたが、週末は金沢市へ。



金沢



およそ2年ぶり、前回は新幹線開業後の秋、2015年11月 でした。



新幹線開業後の現在も、市内のあちらこちらでホテル、マンション等建設中。

こらからホテルは、さらに14~15棟新築されるのだとか!?




金沢



金曜日は、午後から終日研修会、懇親会。


そして、土曜日は会場とメンバーが変わり、金沢市文化ホール にて会議。




金沢



なかなかスタイリッシュな建物に、円卓の会議場 !?



金沢



ようやく、2日間のミッションを完了しました。



金沢



明日からは、川越市から東京へ。

2017年10月12日 (木)

高岡山瑞龍寺@高岡市

富山市八尾町 からは、高岡市へ。


加賀藩2代藩主前田利長公菩提寺、瑞龍寺を見学しました。



寺



実は以前、小矢部のアウトレットモール訪問 の際に、帰りに立ち寄ってところ、
午後4時の閉門時間に少し遅れて、観覧出来なかったのでした。



寺



その意味では、今回がリベンジ?



寺



さすが、北陸の三大名刹のひとつです。


威風堂々とした寺院、緑をたたえる芝と庭。



寺



京都や奈良の寺院と違って、観光客が多くないのも魅力です。



寺



写真に観光客が写り込まずに、撮影も出来る!?



寺



一度は、訪れてみたい寺院ではないでしょうか?



寺



館内を案内する僧侶の「声」の良さ。

さすが、です。



寺



手入れの行き届いたお庭、美しい夕暮れでした。



2017年10月11日 (水)

越中八尾観光会館

八尾の中央部にあります、越中八尾観光会館

別名は、曳山展示館と呼ぶようです。


こちらの駐車場が、ちょうど空いた時に滑り込みました。



越中八尾観光会館



いつもは屋台が3台展示されているようですが、この日は1台修理中とのことで、
2台のみでしたが、その豪華絢爛さに驚かされました。  !!(゚ロ゚屮)屮



越中八尾観光会館



八尾の町内のさらに集落ごと?に屋台があるようで、町内を曳山が練り歩くようです。



越中八尾観光会館



風の盆とは別に、こちらも一度立ち会いたいものです。

2017年10月 9日 (月)

越中おわら八尾町

3連休となった最終日、9日はお隣の富山県へ。


越中おわら風の盆で有名な富山市八尾町へ行って来ました。




越中



八尾町は、富山市中心街からおよそ17kmほど山間に入った
人口は約2万人の川と坂の町。



越中



毎年5月には、江戸の元禄時代から行われている豪華絢爛な屋台による曳山祭


そして、9月1日から3日にかけては、「おわら風の盆 」が催されます。



越中



噂には訊いていましたので、一度訪れたいと思っていました。



越中



風の盆 」期間中は、全国から観光客が訪れ、大変な人混みとのこと。


その期間が外れた、静かな街並みを拝見したいなぁというのが、当初の目的。



越中



石畳の道路と、白い壁と黒い格子造りが、印象的な街並み。



越中



訪れたこの日は、ちょうど「坂のまちアート」の開催期間中。

町のいたるところに、大勢の観光客の姿が!

この催し物も22年目と訊きました。




越中



ふだんは、ゆっくりとした時間の流れる街、なんだろうなぁと
思いながら、秋の陽射しが照りつける中、散策しました。


次回は、風の盆!?


ぜひ、もう一度訪れたい街でした。




2017年10月 8日 (日)

10月の土曜ジャズ2017

ホオヅキも赤らみ始めた10月最初の土曜日、7日は土曜JAZZ!



土曜ジャズ



お二人で、あるいはご家族で、たくさんのお客様で満席。

土曜JAZZに初めてお越しの方も多かった様子ですが、ありがとうございます。


お楽しみ戴けたでしょうか?



土曜ジャズ



このところ、ピアノとのレギュラー・デュオというよりも、
ベースのSさんを交えてのレギュラー・トリオといえる形となりました。


そして、先日リペアから帰ったばかりのKumanoさんのギターを同伴しました。



土曜ジャズ



ピアノの位置が先月から、店舗奥の吹き抜け天井フロアーに移動し、
自然な残響音を感じながらの演奏。


気持ち良く演奏出来ました。  (*^ー゚)bグッジョブ!!


来月はお休みする土曜JAZZですが、12月は第1土曜日の2日予定です。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


2017年10月 5日 (木)

ギターのリペア、市川慎一郎さん

いつも、セッション等を中心に使用しているKumano さんのギター。


最近、ネック周りが少々気になっていました。


そこで、思い切って浅草の市川さんにギターの調整をお願いしました。



リペア



先日、見違えるほどの状態で、東京・浅草から戻って来ました。


リフレット、 指板削り調整、ナット交換、ピックアップの調整等々、
ギター全体を調整して戴きました。




リペア



市川さんとは、6年ほど前にギターの岩見淳三さんからご紹介戴き、
ご縁が出来ました。


市川慎一郎 さんは、個人でギターのリペア中心のお仕事をされている方ですが、
なかなかネット上に情報がないので、簡単にご紹介させて戴きます。


現在、フラットトップギターばかりではなく、最近ではエレクトリック・ギター界でも、
品質の高い斬新なギターを提供して人気の高いCollings・Guitarの創始者である
アメリカのBill Collings氏に認められて、以前からお仕事をされています。


国内でも、その手腕が口コミで徐々に認められているようで、
以前ギターの井上智さんがSNSで
「ツアー前に、浅草の市川さんにギター見てもらおう!」
っていうコメントに嬉しくなって、すぐに反応したものです。


今ではFacebook拝見しますと、数々のプロミュージシャン御用達のご様子です。


きめ細やかな対応と抜群のセンス!
一度お世話になると、次回も相談せずにはいられません。


おまけに、リペア代金はとってもリーズナブル!
3拍子も4拍子も揃ったリペアの達人です。


今後、ますますのご活躍を祈念しております。


メジャーになられても、今後ともアマチュアギタリストのギターも
今まで同様に変わりなく、相談させて戴けたらと思います。


よろしくお願い致します。



2017年10月 1日 (日)

柏崎音市場vol.11 2017

西暦でいえば2017年、元号でいえば平成29年も、はや4分の3が終了した、10月1日。


柏崎市では、第11回音市場開催 でした。


秋晴れのお天気にも恵まれ、中心市街地に大勢のお客様。



音市場



我が「アンジー・クインテット」は、13時30分から14時15分までの出番。


そして、久しぶりにメンバーの5人が揃ったのは、本番前。


このところは、音市場のイベントがある時に、メンバーが顔を合わせるという循環。 (^-^;


それでも、1時間あまりのリハーサルでしたが、いろいろな意見が出て、
なんとか本番にそれなりのトライアルが反映出来たようです。  (o^-^o)




音市場



音市場の良いところは、中心市街地に18の会場がセットされ、
そぞろ歩きしながらお店をハシゴできるところ。


音楽の指向が同じだと、あちこちでお馴染みの方とご一緒しました。



音市場



演奏終了後は、あちらこちらのお店を覗いて、ジャズを鑑賞してきました。


関係者のみなさま、お疲れ様でした。



さぁて、今週末は10月の土曜JAZZ

準備しなくちゃぁ!  (*^-^)


« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »