« 1月のジャムサンド 2017 | トップページ | 広告チラシのコピー »

2017年1月24日 (火)

氷下魚とノドグロ

こおりのしたのさかな、「氷下魚」と書いて何と読む??




氷下魚とノドグロ



答えは、「コマイ」


…って、知らなければ


とっても読めませんね。




氷下魚とノドグロ




先日、うどんの鶴越で氷下魚一夜干しの天ぷらを戴きました。



このところ、鶴越の大将は日本海で採れる地魚について日夜研究しておいでで、
お店に行くたび新しい地魚の情報や料理方法についてご教授戴けます。



今回は、コマイに加えて一夜干しのノドグロを炙って戴きました。


どちらも辛口の「君の井」にピッタリでした。



ご馳走様でした。  m(_ _)m

« 1月のジャムサンド 2017 | トップページ | 広告チラシのコピー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

アイハートさん、こんにちは。

コマイは鱈に似た水分が多い魚なので、一夜干しで使ったとおっしゃっていました。

また、開くにも骨が特殊なので注意が必要…だったかなぁ??

料理方法の関心よりも、ただ無心に美味しく戴いたので…。 (^-^;

お魚として料理されるよりも、蒲鉾等の原材料になってしまうことが多いみたいですね。

こんにちわ。

先日、ひらせいへ行ったら、(コマイ)を売っていました。
ははあ、、、コレは天麩羅が良いんですか。。

食べた事が無いのでスルーしましたが。。。
中くらいの大きさでしたが、、半身にするんでしょうかね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷下魚とノドグロ:

« 1月のジャムサンド 2017 | トップページ | 広告チラシのコピー »