« 8月のジャムサンド | トップページ | 練乳の味わい「白くま」君 »

2016年8月23日 (火)

サニアパーク@菅平高原

前日深夜になってHPを見ていると、21日に菅平で練習試合の告知があり、
当日朝になってサニアパークを目指すことにしました。


以前のBlogを見返してみると、このところ見逃していたので、もう4年ぶり。
当Blogでは、初めてのサニアパークです。



菅平



標高1,300m、風は涼しげで心地良い!

けれども、雲間からの直射日光は、標高が高い分紫外線がダイレクト?

以前は身軽な格好で、その後火傷状態になってしまったので、同じ轍を踏まぬよう今回は支度に注意しながら急な準備。



菅平



サブグラウンドの芝の緑が、目にも眩しく映ります。




160821_2



午後1時から始まった「早稲田大学対帝京大学」の一戦。


開始早々、敵陣ゴール前に攻め込んだ早稲田、ペナルティを得ます。
しかし、練習試合でもあるので、キックを選択せず、スクラムを選択。


そして、まさか?(失礼!)の
早稲田スクラムトライに観客が大盛り上がり。


前半を10-12で折り返します。


後半は学生王者帝京の底力に引き離され、
最後は22-47でノーサイド。


やはり帝京は、選手個々の体格が違う。

そしてゴール前のディフェンスはさすがだし、敵陣ゴール前に攻め込むと
ミス無くトライを獲りきって帰ってくる。

日本代表としてもデビューした10番の松田君や高校時代から活躍する11番の竹山君が、目を引きます。


一方の早稲田は、今年から山下大悟監督に代わり、有望な1年生も入って来て、既にスタメンとして活躍。


そのスタメン1年生の中でも、9番斉藤君と10番岸岡君に注目でした。

途中交代なくボールを捌き続けたスクラムハーフとスタンドオフ、期待通りの堂々とした活躍でした。



菅平




今回は、試合開始1時間ほど前に到着しました。

以前は、もっと離れた場所に案内されましたが、今回はグラウンド近くで路上駐車。

関東方面からの県外ナンバーが多く目立ちます。


スタンドの観客数も4年前と比べると、半分くらいかな?


最近の帝京は、トップリーグの社会人とも練習試合を組んでいたりしています。

以前ほど、早稲田との練習試合が注目されなくなっているのかも知れません。


これは、ひとえに帝京の独走を許してしまっている早稲田をはじめとする他大学の責任かと。


秋の本格シーズン開幕までに、一段の成長を期待しながら、山を降りて来ました。

« 8月のジャムサンド | トップページ | 練乳の味わい「白くま」君 »

スポーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サニアパーク@菅平高原:

« 8月のジャムサンド | トップページ | 練乳の味わい「白くま」君 »