« 今冬の店仕舞い | トップページ | 「ジャズ批評」のこと »

2016年3月16日 (水)

三島の高田屋

三嶋大社参拝のあと、市内にはたくさんの鰻やさん。

街を歩くと、香ばしいタレの臭いが…充満。



今回は友人の案内で、「高田屋 」さんへ。

鰻を戴くのは、昨年8月以来だったでしょうか? こちらから




高田屋



それにしても、「長岡」ナンバーの車にのって伊豆長岡温泉に行き、
友人の案内で「高田」屋さんで鰻を戴くっていうのも、ナンとも…。 (^-^;



高田屋



友人が予約していてくれたので、店頭の行列にも関わらず席に案内され、待たずに提供されたのが、こちら! (o^-^o)



高田屋



タレの甘辛加減もボリュームも、ちょうど良い!


とっても美味しく戴きました。


おまけに、旧友N君にご馳走になってしまいました。


ご馳走様でした。 m(_ _)m






« 今冬の店仕舞い | トップページ | 「ジャズ批評」のこと »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

宴会の会席料理の一品で食べる機会はたまにあっても、
なかなか鰻だけを食べる機会はないですねぇ。


以前Blogにも書きましたが、上越だと木田新田の「冨喜寄」(ふきよせ)くらいですからねぇ。

http://rokugen51.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-6.html


スーパーで丸々太った鰻は、たいて中△産なので、
あれは止めておいた方が賢明です。

むっ?

鰻ってどんな味するんだっけ?

でも美味しそう。

それくらい食べてないかな?

上越の人はあまり食べませんよね。

我が家だけ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三島の高田屋:

« 今冬の店仕舞い | トップページ | 「ジャズ批評」のこと »