2020年5月24日 (日)

春のいもり池 2020

人間社会では、早春からのコロナ騒動


自然界では、如何に!?



Img_7133



深呼吸するために、久しぶりに訪れて見ました妙高高原いもり池。



Img_7131



やはり、大きな自然の雄姿を前にすると、マスク姿はいかにも無粋!!


「大丈夫だよ!」って声をかけられました。



2020年5月21日 (木)

時がくれば、陽は沈む…

新型コロナの緊急事態は、今まで見えなかった社会の側面をあぶり出します。


先進国だと思っていたIT技術が、申請手続になんの役にも立たない現実。

1~2週間ですぐに支給される海外に比べて、2ヶ月も3ヶ月待ちの煩雑な手続も!?



Img_7105



そういえば…


4月1日に発表された「1世帯2枚の布マスク


2ヶ月近く経っても、いまだに配布されない…。

そのうちに、市中にはお手頃で、スタイリッシュな高性能マスクが出回って来ました。

やっぱり、あれはエイプリルフールだったのでしょうか?



そして「晩節を汚す」

その見本のような出来事…


「余人を持っては代えがたい人材」にしては、あまりにもお粗末。

ひょっとしたら、世の呪縛を解くために、敢えて自ら踏み込んだのでしょうか!?


責任は「わたしにある」と何度も、ことあるごとに言いながら、

責任を「わたしがとる」とは絶対に言わないReader。

(誤字ではありません。念のため…)



やがて時がくれば、「陽は沈む…」



でも人間の世界は、自然界の現象とは違うからなぁ。

やっぱり、よく見て、よく考えて、意見も言わないと。


«ひとつの調査報告書